雑記

帰省日記その4 色んなカードゲームを遊ぶということ

おはようございます。しんぺいです。

3日間の帰省も無事終わりました。この記事は帰りの新幹線の中で書いているのですが、今住んでる部屋が台風の中無事だったかどうかだけが最後の心配です。

さて、今回は帰省中に遊んでいたカードゲームについて。

この帰省中、ひたすらバトスピとMTGをやっていました。

普段ヴァンガードのブログ書いていますが、僕は割と他のカードゲームも遊びます。

遊戯王、デュエマ、ヴァンガード、バトスピ、MTG、ポケカ、ウィクロス……

全部をきっちりやっているわけではありませんが、とりあえずルール知ってて遊べるカードゲームはこれくらい。

ちなみにルール忘れてるけど遊んだことあるカードゲームにはヴァイスシュヴァルツ、Z/X、バディファイトがあります。

こう見ると本当に節操ないな……。

でも色んなカードゲームやってみるのも割と楽しいです。

今回久し振りにバトスピとMTGをやったわけなんですが、この2つって結構似ていますね。

どちらもコストのあるカードゲームでありながら、相手ターン中にカードを使用できるところとか。

自ターンで全部のコストを使い切ってしまわず、相手ターンに備える必要がある辺り、ちょっと難しめのカードゲームなんじゃないかなあとか思ったり。

その分かなり戦略的な楽しみ方ができると思います。

ここは温存しておこうとか。ここはコスト使い切ってでも攻めた方が良いとか。

逆に相手がコスト使い切ってるから今がチャンスだとか。そういう判断ができるカードゲームです。

普段割とメインで遊んでるデュエマやヴァンガードは、自ターンでどれだけ強い行動ができるかが大事で、相手ターンに備えて温存するとかいうのはありません。相手ターンに出来ることはかなり限られていますしね。

そういうのに慣れてるとバトスピやMTGには若干の窮屈さを感じながら、でもその窮屈さを上手く利用して戦う面白さも感じられたりします。

色んなカードゲームを遊ぶのって僕としては割とおすすめです。

理由としては色んなカードゲームの面白さを感じられるからですね。

例えばさっきのデュエマとヴァンガード、バトスピとMTGみたいにコスト管理がだいぶ違うゲームは面白さも全然違います。

どっちがより面白いとかじゃなく、違った面白さがあるという話。

あとはカードゲームに飽きにくくなるところでしょうか。

同じカードゲームばっかりやってると正直どうしても飽きが来ます。

デッキを増やすにも限度がありますしね。そういう時はいっそ違うカードゲームやった方が新鮮で面白かったりします。

子供の頃、遊戯王とデュエマがループして流行ってた時がありませんでしたか?

僕の近所では、遊戯王が流行って、しばらくするとデュエマが流行って、またしばらくすると遊戯王が流行って…というループを繰り返していました。

せっかく色んなカードゲームがあるので、色々手を出して遊ぶというのもまた楽しみ方の1つですね。

今回の帰省で思ったよりMTGが面白いと思ったので、またしばらくMTGのカードを追いかけてみようかと思います。

たった1つの手持ちデッキが軒並みスタン落ちしてたんでね……。

デッキ組み直しがてら色々みてみようかと思います。

今日もカード暮らしに来ていただいてありがとうございます。世の中1つの事を極める人と、色んな事に手を出す人がいますね。どっちが良いという話ではありませんが、僕は色んな事に手を出したいと思っています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA