VGカード紹介

「知略の兵法 剛腕の章」が使えるデッキを考えてみる【ヴァンガード】

おはようございます。しんぺいです。

ヴァンガードの新弾、「The Next Stage」のカードを見てたんですが気になるものを見つけました。

それが「知略の兵法 剛腕の章」というオーダーカード。

今回のパックって収録クランがギアクロニクル、ロイヤルパラディン、ネオネクタールなので自分には関係ないと思ってスルーしていましたが、オーダーカードがありましたね。しかもクラン無いからどのデッキでも使えるやつ。

せっかくなので、このカードがどんなデッキに使えそうか考えてみようと思います。

 

知略の兵法 剛腕の章 効果

知略の兵法 剛腕の章

グレード3 ノーマルオーダー

コスト【カウンターブラスト3、ソウルブラスト3】

3枚引き、そのターン中、あなたの前列のユニット3枚のパワー+10000。

 

コスト重いけどどんなデッキで使えそう?

3枚引いて前列に3体にパワー+10000。

やってる事はかなり強いですが、やっぱりコストの重さをどうしようかってなりますね。

カウンターブラスト3にソウルブラスト3とどっちも重い。なのでカウンターとソウル両方余るデッキに採用することとなります。

 

どんなデッキに使えるでしょうか。

普段使ってないデッキでものを考えるのは苦手なので、ここは僕の持ちデッキである

  • ダークイレギュラーズ
  • グランブルー
  • ぬばたま
  • メガコロニー

で考えてみようと思います。

 

使うだけなら一番楽そうなダークイレギュラーズ

ダークイレギュラーズで使うことを考える時に、一番楽なのがソウルは絶対足りてるってところですね。

10枚以上ソウルためることなんて当たり前のダークイレギュラーズなので、ソウルブラスト3を払うのは余裕です。

 

さらにはカウンターチャージもいるので、恐らく使おうと思えば一番簡単に使える気がします。

効果もありがたくて、前列のちょっと足りないパワーを補ってくれます。「ヴァリアンツ・ハードレッグ」使ってるとパワー足りねえって思う時あるんですよね。

ガード制限のおかげで手札は吐かせられますが、パワー低すぎてたまにインターセプトでやり過ごされてしまうのきつい。「深魔幻皇ブルブファス」から「ノーライフキングデスアンカー」にライドすると、退却が使えなくなってインせプ対策もできないですしね。パワーが高いに越したことはありません。

 

「ヴァリアンツ・ハードレッグ」をコールした後だとソウル要件も関係ないので遠慮なくソウルブラストできますね。

「ノーライフキングデスアンカー」のソウル13枚を達成できなくなったら本末転倒ですが、そこは管理しておきましょう。

 

「誘惑のサキュバス」や「深魔幻皇ブルブファス」である程度サーチもできますし、なんとなく器用に使えそうなイメージがあります。

強いて言うならカウンターブラストがきついか。いくら「ヴァリアンツ・キラーテイル」がいると言っても表3枚は大きい。むしろキラーテイルが引けなかった場合に腐ってしまう可能性が高いですね。

元々カウンターブラスト使うユニットがいないわけじゃないですし、ソウルも含めてコスト管理が厳しくなりそうです。

ただ、なるべく元のデッキの動きを妨げずにそのままデッキに入れることができる可能性が一番高いクランだと思います。

 

ソウルがかなりつらいグランブルー

グランブルーには最強カウンターチャージユニットである「ダンシング・カットラス」がいますね。

そのうえグランブルーではヴァンガード要員以外ろくにカウンターブラスト使わなくても動けるので、カウンターブラストに関してはかなり融通が利かせやすいでしょう。

 

難点はやっぱりソウルの確保でしょうか。

グランブルーはソウルを自力で貯めるのが非常に難しく、ライド分くらいしかまともに貯められません。

一切ほかでソウルブラストを使えなくなるので、「細波のバンシー」や「サムライスピリット」を諦めなくてはなりません。

この辺が使えないのは結構痛いですね。それだけで採用を諦めてしまいそうです。

 

一応使えるとかなり強力な感じはします。

中盤での足りないパワーを補ってくれるのでダメージを詰めやすくなりそう。5点、最悪4点にまで追い込んでしまえば「不死竜スカルドラゴン」や「バイオレンス・フランガー」が暴れだすので、その手助けになりそうです。

手札に加えるにしても、ドロップゾーンに落ちてしまえば「グリード・シェイド」で回収できます。

というわけでグランブルーの場合はコストさえ何とかしてしまえば使いやすそうな感じですね。手札に加えやすいというのはそれだけでありがたいです。

 

なんやかんや器用に使えそうなぬばたま

ぬばたまはどうなんでしょうね。とりあえずパワーアップが一番ありがたいクランだと思います。ぬばたまパワー低いし。

肝心のコストですが、いかんともしがたい・・・。

ぬばたまってコスト回復は得意ですが、その分ガンガンコスト使いたいんですよね。

 

その筆頭が「忍竜マガツゲイル」。

カウンターブラストかつソウルブラスト。普通はこいつ何回も使いたいんでなかなかカウンターブラスト3にソウルブラスト3は回せそうにありません。

 

幸い手札交換が豊富なぬばたまでは手札に来ないということは無さそう。ダブっても捨てられるし多めに入れやすそうですね。

そうなるとこれはもう「知略の兵法 剛腕の章」に特化した方が面白そうな気もします。

ようするに「忍竜マガツゲイル」みたいなコスト食うやつは使わない。

その代わりにコスト補充できるやつを入れていく感じで。

「月下の忍鬼サクラフブキ」があるので、上手くすれば2回くらい使えそうですね。

パワーは「知略の兵法 剛腕の章」で確保していくとして、メインヴァンガードは「修羅忍竜ジャミョウコンゴウ」が良いですかね。

コストを使わないのでかみ合わせは良さそう。元々ジャミョウコンゴウはパワー低くて困ってたしちょうど良いんじゃないでしょうか。ソウルのグレード3を捨てたくはないんでソウルだけは貯めておきたいですね。

手札交換にコスト回復があるから使いやすそうな印象。とりあえず専用で組んでみる価値はありそうな気がします。

 

なんか一番合ってそうな気がするメガコロニー

メガコロニーと言えばグレード3サーチ。これのおかげで手札に加わりやすい印象はあります。

肝心のコストも、メガコロニーにはカウンターブラストもソウルブラストも補充できる「ステルス・ミリピード」や「小隊長バタフライ・オフィサー」がいますね。

これらは自身のカードを減らしてコストを回復しますが、「知略の兵法 剛腕の章」はドローできるのでその辺の損失は安心です。強いて言うならコスト回復がバトルフェイズ以降なので、即座にコストが使えない辺りは心配ですが。。。

 

使う際のヴァンガードは「真魔銃鬼ガンニングコレオ」ですね。「マシニング・スパークヘラクレス」は流石にコストを使いすぎるし。

ガンニングコレオって自身は強いけど、リアガードは何も強化しないので「知略の兵法 剛腕の章」の前列パワーアップはちょうど良いですね。

ソウルのグレード3を吐いてしまわないように、他のカードでソウルは貯めておきたいところです。

 

正直メガコロニーにはあんまり期待してなかったんですが、冷静に考えると

  • グレード3を手札に加えやすい
  • コスト回復が得意

ということもあって実は一番相性良いのでは??とか思い始めてます。どのクランでも使えるオーダーカードの可能性を感じましたわ。

 

まとめ

というわけで「知略の兵法 剛腕の章」についてでした。

思ったより色んなデッキに使えますね!? 正直この記事書くまではせいぜいソウルをためやすいダークイレギュラーズくらいしか使うのつらいのでは?とか思っていました。

個人的に期待度高いのは順番に

メガコロニー>ぬばたま>ダークイレギュラーズ>グランブルー

メガコロニーに使うのかなり可能性を感じてます。最近のメガコロはなんか全体的にパワー不足感あって、ガンニングコレオのガード制限でむりやりごまかしてる感あったからここらで挽回できると嬉しいですね。

 

なんか次のパック興味ないと思ってましたがかなり楽しみになってきました。

緊急事態宣言で外出自粛、買いに行ける保証もそもそも店が開いてる保証もありませんが、何とかして入手したいですね。

やっぱ通販かな。ていうか経済止まり過ぎてカードショップ減るのも困るし、通販でも開けてくれてるカードショップにはこの機会に貢献しておきたいところです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA