VGカード紹介

運命の配り手 ジャクリーンっていう専用サポートが来たけどハリーデッキってどうなるんだろう【ヴァンガード】

おはようございます。しんぺいです。

今日のカードで続々と「蝶魔月影」のカードが出ていますね。

ペイルムーンからRRR、「運命の配り手 ジャクリーン」です。ハリー側のサポートですね。ペイルムーンのRRRは銀の茨側に1枚、ハリー側に1枚、汎用枠の「マスカレード・バニー」で1枚って感じでしょうか。確定はしてないけどなんかそんな感じに収まりそうな気がします。

 

今回は「運命の配り手 ジャクリーン」について見ていきましょう。なんかハリーデッキって楽しそうなんでね。ちょっと追いかけておきたい気持ちがあります。

 

運命の配り手 ジャクリーンの効果

運命の配り手 ジャクリーン

グレード2 パワー9000 シールド5000

ペイルムーン ヒューマン

【自】【V/R】:登場時、コスト【カウンターブラスト1】することで、あなたの山札の上から7枚見て、「奇術人形」を含むカードか「伝承鳩 ポップ」を合計2枚まで公開して手札に加え、山札をシャッフルする。2枚公開したら、手札1枚をソウルに置く。

 

ハリー専属の便利屋

奇術人形か「伝承鳩 ポップ」のサーチ。かなり便利な効果をしています。

ハリーデッキにおいては奇術人形と「伝承鳩 ポップ」の重要さは言うまでもありません。

「伝承鳩 ポップ」はフィニッシャーである「スターリーポップ・ドラゴン」を呼び出してくれますし、奇術人形は「スターリーポップ・ドラゴン」のパワーを上げるのに一役買ってくれます。

 

この辺りは以前にドバっと紹介されてましたね。

ステージに花形・・・これぞサーカス団って感じ 仮面の奇術師 ハリーについて【ヴァンガード】おはようございます。しんぺいです。 なんか「仮面の奇術師 ハリー」が公開されていましたね。 めっちゃ喋ったぜ・・・ 文献で...

ハリーデッキの大まかな動きとしては、

  1. ソウルに奇術人形を集める
  2. 「仮面の奇術師 ハリー」の効果でアクセルサークルをステージに
  3. 「仮面の奇術師 ハリー」の効果で奇術人形をソウルから場へ
  4. ステージに「伝承鳩 ポップ」を呼び出す
  5. 「伝承鳩 ポップ」のアタック終了時に効果で「スターリーポップ・ドラゴン」を出す
  6. 「スターリーポップ・ドラゴン」の超パワー&クリティカル増加&ガード制限でフィニッシュ

って感じ。

 

奇術人形と「伝承鳩 ポップ」が必要なデッキにも関わらず、それらは引いてくるしか使う方法が無かったのがネックでした。

そこを解決してくれるのが「運命の配り手 ジャクリーン」ですね。

登場時にデッキの上から7枚見て奇術人形か「伝承鳩 ポップ」を2枚手札とソウルに入れられます。

必要なパーツをしっかり集めてくれる存在なので、ハリーデッキでは必須と言って良いでっしょう。

ディーラーの名のごとく、カードを回してくれる貴重な存在です。

 

何気に「登場時」効果ということで、手札からの登場に限定されていないところにも可能性を感じます。

ハリーデッキだとソウルからコールする効果ってあんまり入らなさそうな印象もありますが、「ナイトメアドール ありす」とかは入れても良いんじゃないでしょうか。

ソウルからグレード3以外なら出せるので「運命の配り手 ジャクリーン」も呼び出せます。

ありすの効果自体アクセルマーカーを1つにまとめるステージのシステムと相性が良いですし、ハリーデッキにありすは割といけそう。

 

V/R登場時効果なのでライドした時でも良いですし、発動機会にはかなり恵まれそうです。

良い感じにデッキの潤滑油となってくれるでしょう。

 

ハリーデッキの組み方って何だろう

ハリーデッキって割と組み方が決まってるような気がします。

奇術人形がグレード1と2に2種類ずつ入れて、あとは「伝承鳩 ポップ」と「スターリーポップ・ドラゴン」、そして「仮面の奇術師 ハリー」ですね。

そこに汎用枠である「マスカレード・バニー」と専用サポートの「運命の配り手 ジャクリーン」を入れればほぼ完成でしょう。

 

という感じでほとんど「蝶魔月影」のカードだけで組める予感がするのですが、先のありすみたく昔のカードと合わせるのも面白そうです。

 

例えば「スターリーポップ・ドラゴン」を1ターンに何回も出してみるデッキ。

「スターリーポップ・ドラゴン」はアタックすれば退却してしまいますが、「伝承鳩 ポップ」はドロップゾーンからも「スターリーポップ・ドラゴン」を出せるので退却しても大丈夫。

 

というわけで事前に「スターリーポップ・ドラゴン」をソウルに入れておけば、ペイルムーンお得意のソウルからのコールで「伝承鳩 ポップ」の効果を使う前に呼び出せます。

「スターリーポップ・ドラゴン」はステージに出せばアクセルギフトを得られるので、出す回数を増やす価値はあると思います。

 

手順としては、

  1. あらかじめ「スターリーポップ・ドラゴン」をソウルに入れる
  2. 「ナイトメアドール ありす」でアタック
  3. ありすの効果で「スターリーポップ・ドラゴン」をソウルからコール
  4. 「スターリーポップ・ドラゴン」の攻撃、攻撃終了後に退却
  5. 「伝承鳩 ポップ」の攻撃
  6. 「伝承鳩 ポップ」の効果でドロップから「スターリーポップ・ドラゴン」を出す

こんな感じですね。

 

ソウルに入れる方法としては「ミス・ディレクション」や「アーティラリーマン」が手札からソウルに入れることができるので向いてるかと思います。

ソウルから出す方法は「ナイトメアドール ありす」が一番良さそう。攻撃回数も増やせますし。

 

ただまあソウルに入れる方法が手札からしかないので、ソウルに入れやすくしたいなら「スターリーポップ・ドラゴン」の枚数を増やさないといけないのがネックか。グレード4なので事故りやすいし。

手札に入れる効果が軒並みドロー効果なので、多少無茶な構築にしても回せるという考え方もありますが。

 

あとはカウンターブラストが厳しそう・・・?

ソウルに入れるのにカウンターブラスト使って、ソウルから出すのに使って、ハリーで使ってポップで使って・・・となると厳しそうな気もします。

一応奇術人形の中にはカウンタチャージがいたり、「アーティラリーマン」の効果はカウンターブラストがいらない辺り工夫の余地はありますが。「アーティラリーマン」はヒットさせるとカウンターブラストを消費してしまうのは注意が必要ですね。

ていうかこの構築だと真っ先に「運命の配り手 ジャクリーン」が抜けそう。カウンターブラスト使うし「スターリーポップ・ドラゴン」には対応してないし。

 

どうなんでしょうねこれ。アクセル複数ゲットや「スターリーポップ・ドラゴン」の攻撃回数を増やすことにはかなり魅力を感じますが・・・。

色々と手放しで強そうとは言えませんが、もっと考えてみる価値はありそうです。

 

まとめ

「運命の配り手 ジャクリーン」とハリーデッキについてでした。

ハリーデッキってどうなるんでしょうねこれ。新弾だけで組んでも面白そうですし、過去カード混ぜるのも面白そうな気がします。

個人的にハリーデッキは「蝶魔月影」のカードに「ナイトメアドール ありす」と「ミス・ディレクション」を加えると良い感じに面白そうなデッキになる気がするのですが、果たしてどうなるか。

実際どんなデッキが登場するか楽しみですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA