VGカード紹介

クランセレクションプラスのダクイレ新規を確認しておく【ヴァンガード】

おはようございます。しんぺいです。

ガスティールが公開されてテンション上がってます。デッキ考えるの楽しい。

それはそれとして、ガスティール以外の新規カードも公開されていますね。

「ポイゾニック・アブダクター」と「アイアンアート・アサシン」。こっちも結構良さげな効果。

当然のごとく新デッキにも入ってきそうなスペックをしているので、これらの効果も確認しておきましょう。

 

ポイゾニック・アブダクター

効果

ポイゾニック・アブダクター

グレード2 パワー9000 シールド5000

ダークイレギュラーズ ヒューマン

【自】【V/R】:登場時、コスト【カウンターブラスト1、手札を1枚捨てる】ことで、あなたの山札から、グレード2以下のノーマルユニットを3枚まで探し、その中から2枚をソウルに置き、残りをにコールし、山札をシャッフルする。

 

まさかのスペリオルコール

まさかのデッキからユニットを呼べる効果。ダークイレギュラーズにこんなん来るなんて・・・。

まあでも手札を1枚捨ててるので得をしてるわけではないってところはさすがにダクイレっぽい。なんかなるかみとダクイレは捨てなくてもいい手札を捨ててる気がする。コロンバール君を見習ってほしい。

 

ただそこを差し引いても便利な効果。まず好きなユニットをデッキからソウルにぶち込めるのが良い。

「ヴァリアンツ・キラーテイル」をデッキから呼んでこられるのは革命的じゃない?

まあソウルに入るのは2枚だけなんで、1枚も引けてない時に使ってもソウルに3枚用意できないわけですが。

キラーテイルにライドしちゃったって時にはありがたそう。即キラーテイルのカウンターチャージまで使えます。

 

あと呼びたいのは「エッジ・イン・ザ・ダークネス」なんかもありかな。

効果で呼ばれるとカウンターチャージ。今までこいつ呼べるのはソウルから呼ぶやつだけでしたが、デッキから呼べるとなれば入れても良さそうです。実質カウンターブラスト無しでソウルが3枚貯まります。

 

カウンターブラストを使う効果であるものの、カウンターチャージ要員を呼んでこられるから実質カウンターブラスト無しに見えてくる。貯めるソウルも2枚と多めだし、呼んできたユニットでもソウルためることを思えば合計3枚以上ためるのも全然できる。

そう考えるとかなりソウルチャージのコスト効率が良いユニットなのかもしれません。

 

1つ注意したいのは、ユニットを呼ぶにはデッキに同名カードが3枚残ってないといけないこと。

デッキから公開するのは3枚までですが、先に2枚ソウルに置いてから残りをコールなので3枚公開しないとRに呼べない罠。

 

グレード2以下ならなんでも呼べる便利効果の弊害ってところでしょうか。序盤は超便利ですが、中盤以降は呼べるやつがいないってことも普通にありそうです。

まあそこを差し引いても便利なユニットであることに変わりはない。良いの来てくれたと思います。

 

アイアンアート・アサシン

効果

アイアンアート・アサシン

グレード1 パワー8000 シールド10000

ダークイレギュラーズ ヒューマン

【自】【R】:アタックかブーストした時、ソウルチャージ1してよい。ソウルチャージし、あなたのソウルに「アイアンアート・アサシン」が3枚なら、カウンターチャージ1。

【自】:ライドされた時、このカードをにコールしてよい。

 

新たなコスト回復要員となれるか

アタックに参加すればソウルチャージ。さらにソウルに同名3枚でカウンターチャージもできます。

ソウルに同名3枚要求の新たなカウンターチャージ要員。ダークイレギュラーズってソウルチャージにコストを使っていくので、カウンターチャージはどれだけ出ても困るもんじゃありません。

 

同期の「ポイゾニック・アブダクター」と合わせろ・・・と思いきや、これだけだとソウルに同名2枚止まりで揃わない。

どっちかというと「エンブレム・マスター」との相性が良いですね。

これでさっさと3枚ソウルに置いてカウンターチャージしていけってのは「ヴァリアンツ・キラーテイル」と同じ使い方。引いて嬉しい組み合わせが増えたとあれば嬉しいか。

 

「エンブレム・マスター」ライド時に限っては「ヴァリアンツ・キラーテイル」より相性が良い。「アイアンアート・アサシン」にライドしていればソウルから出てこられるので、そのまま「エンブレム・マスター」の登場時効果の対象に出来ます。相手の除去を受ける心配が無いのが素敵。

 

一方でソウルチャージのタイミングがアタック時なのは微妙なところ。「邪神司教 ガスティール」とかバトルフェイズ開始時のソウルを参照するから微妙にタイミング合わないんですよね。あとカウンターブラスト使うソウルチャージ要員はメインフェイズに出していくから、カウンターチャージするならメインフェイズ中にしたい。

 

でも序盤に「エンブレム・マスター」使って即カウンターチャージする動き自体は魅力的なので採用してもいいかも。

 

「ヴァリアンツ・キラーテイル」との兼ね合いはどうなんだろう。僕は併用でも良いんじゃないって思います。両方入れてガンガンカウンターチャージしていこう。

 

ソウルチャージとカウンターチャージ以外特に出来ることはない辺り、デッキ調整の過程で抜けそうな気がしなくもないけど、とりあえず使ってみたくなるスペックはしてるよね。

 

まとめ

「ポイゾニック・アブダクター」と「アイアンアート・アサシン」についてでした。

どっちも良いカード。「ポイゾニック・アブダクター」なんてデッキからスペリオルコールができるようになるとは思わなんだわ。

「アイアンアート・アサシン」は「ヴァリアンツ・キラーテイル」の方がカウンターチャージのタイミング的に便利だから微妙に見えてくるけど、カウンターチャージ要員が増えるのは普通にありがたい。ガンガンコスト使うっていう選択肢ができたのは良いと思います。

 

両方とも色んなダークイレギュラーズで使えそうな効果をしているので、ダクイレ使い必携の2枚になりそう。クランセレクションプラス、良いカード出してくれるなあ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA