VGカード紹介

連続攻撃デッキになれるのか 樹角獣王 マグノリア【ヴァンガード】

おはようございます。しんぺいです。

週ヴァンでDシリーズのスタートデッキのカードが公開されていましたね。

ストイケイアのカード達。グレートネイチャーっぽさがあふれ出してる。

連続攻撃がウリということで、他のスタンドさせるヴァンガードとは一味違った感じでやってきましたね。

それでは効果を見ていきましょう。

 

後列からの連続攻撃

「樹角獣王 マグノリア」は後列からのアタックを可能にする効果ですね。

攻撃回数を増やす効果としては別のスタートデッキですでに出ています。「ディアブロス ”暴虐” ブルース」と「頂の天帝 バスティオン」ですね。

 

2体スタンドだったりスタンドしたユニットに+10000だったり、スタンド効果は結構派手になってるんで、効果だけを見ると後列アタック付与は若干控えめに見えます。ブースト無くなるし。

 

ただし、そこら辺の派手なスタンドと違ってマグノリアの良いところは、堅実に効果を使っていけるというところですね。

 

一気呵成みたいに1ターン待つ必要はなく、バスティオンみたいにグレード3がドライブチェックでめくれるかどうか気にすることもありません。

単にヴァンガードでアタックすればよく、後はカウンターブラスト払うだけなんで、この手の効果の中ではシンプルに使いやすいですね。

 

堅実に使いやすいだけでなくて、終盤には派手さも用意されています。

ペルソナライドに成功していれば、後列アタックできるのが1体から3体に。合計6回攻撃とスタートデッキの中でもトップクラスの攻撃回数を誇ります。

 

正直スタートデッキの宣伝文句に連続攻撃を駆使してなんとかかんとかと言ってるわりに他のデッキでやけにスタンドしてるからどうするのかと思っていましたが、連続攻撃デッキの体裁は守れそう。

ペルソナライドでは前列しかパワーアップしないのが何とも言えないところですが、攻撃回数にかなりロマンを感じる。結構良さげですね。

 

これで盤面を稼ぎたい確定ライド

確定ライド要員も公開されています。

グレード1のカリスはグレード2のラティスにライドされた時にデッキの上をめくってグレード2以下ならコール。

そしてグレード2のラティスはマグノリアにライドされた時に、ソウルブラスト1でデッキの上1枚をコール。ユニットじゃなくても手札に加えられます。

 

これらで盤面並べてアタックしていけって感じ。今までの確定ライドの中ではドローが無い分かなり攻撃に寄っている印象。代わりに何が出るか分からんけど。

 

確定ライド通して+2アドなのも良い感じ。カリスの効果はちょっと運ですが。まあでもグレード2以下のユニットじゃないってことはオーダーかグレード3なので、コールできないことはまあまあ少なそう。

コストはラティスの効果でソウルブラスト1。とはいえ盤面か手札が確実に増えるんでコスト払っても良さげです。

 

何気にこの2体はリアガード要員としても優秀。後列アタック要員に出来る効果をしている。前列だと特に効果が無いのは、まあ、うん。その分パワーアップ量多めなんで・・・。

なんとなくマグノリア以外の効果でも後列アタック付与がありそうな雰囲気もある。さすがに後列Rで効果発揮するやつ多過ぎてロクに効果使えないやつが出てきそうですし。

気軽に後列アタックを付与できるともなれば、連続攻撃デッキの面目もかなり立つと思うんですがどうなることでしょうか。

 

まとめ

「樹角獣王 マグノリア」達についてでした。

後列アタックって結構好きな効果なんですよね。なんかこう、達人感がある。

現状はマグノリアだけなんですが、この先他のカードでも後列付与が出たりしそうな雰囲気がありますね。攻撃回数が多いのは強いってヴァンガードではいつものことなんですが、樹角獣はどうなっていくんでしょうか。今後が気になります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA