ヴァンガード

ダークステイツのスタートデッキを使った感想【ヴァンガード】

おはようございます。しんぺいです。

Dシリーズスタートデッキの発売日が来てましたね。先週は先行販売だったし、ようやく本格的に始まってきた感じがします。

で、気になるのがデッキの使い勝手。ぶっちゃけどうなのどれが強いの?ってところ。

残念ながら僕はダークステイツしか使ってないんで全部のスタートデッキについて語れるわけじゃないんですが、ダークステイツのデッキに関してはある程度分かる。

というわけで今回はダークステイツのスタートデッキを使った感想を語っていこうかと思います。

ぶっちゃけ今のところは結構強いと思うんですがどうでしょうか。

 

ダークステイツのデッキについて

ダークステイツのスタートデッキは「ディアブロス ”暴虐” ブルース」が主軸のデッキです。

ライドした次の自分のターンに一気呵成になれます。この状態だと色んなカードの「あなたが一気呵成なら~」という条件の効果が使えるように。

 

ブルースは一気呵成ならアタック時にソウルブラスト5して前列のリアガードをすべてスタンドさせます。

合計5回の攻撃が可能に。ドラゴンエンパイアとケテルサンクチュアリを凌ぐ攻撃回数。他の手段でパワーを上げればぶっちぎりの攻撃力がありますね。

 

代わりに1ターン経たないと何の効果も使えないのが痛いところ。特にグレード3にライドしたターンに何も効果が使えないのはつらいですね。他の2つのデッキがガンガン動いてくるだけに苦しい。

とはいえ今のところはそんなに早くゲームが終わるわけではないので、一気呵成も迎えられずに負けたってことはありません。

 

1ターン耐えたら世界が変わるんでそこまでなんとかしてほしい。そんなデッキ。一気呵成以降は相手をボコボコに出来ます。

 

ダークステイツの強いところ

一気呵成が来たら超強い

1ターン絶対に待たないといけないというだけあって、一気呵成状態で使える効果が強めです。

ブルースの5回攻撃が強いですね。ソウルブラスト5と決して軽くはないものの、ダークステイツはソウルチャージが得意めなんで発動できないことはありません。

 

ブルースのスタンドはペルソナライドとちょうどタイミングが良いので合わせて使っていきましょう。

ペルソナライドすれば前列全員+10000されます。ライドした時にいなかった前列のパワーも上がるので、リアガードがやられたとかは気にする必要ありません。

 

一気呵成状態でパワー15000になる「ディアブロス ”憤怒” リチャード」やパワー13000になる「ディアブロス ”悪童” スティーブ」らを使って23000ラインを超えていけると強い。

 

パワー23000出せると、ガードには15000シールド必要になります。トリガーだと1枚でガードされますが、それ以外のカードはシールド5000なので3枚必要ですね。

5回攻撃の中ではいかに15000以上のシールドを要求する攻撃を増やすかで強さが変わります。これはペルソナライドで+10000していかないとなかなかしんどいので、ペルソナライドは積極的に狙っていきたい。

 

マリガンの時は積極的にブルースを探しに行きましょう。ペルソナライド付きの一気呵成ができるかどうかが重要です。

 

地味に強いリアガードがいる

グレード3の「烈震空拳の時空巨兵」が地味に強い。パワー13000のグレード3で、登場時にソウルチャージ1、一気呵成ならカウンターブラスト1することでパワー+15000されます。

 

単騎パワー28000になれるという凄まじさ。ペルソナライド無しでもシールド20000要求が出せます。

こいつが出せるかどうかでも5回攻撃の強さが相当変わる印象。「烈震空拳の時空巨兵」を2体前列に出してペルソナライド成功した時の強さは病みつきになります。

 

単騎パワー38000のリアガードが4回攻撃してくるもんな。

シールド30000要求。シールド15000のトリガーでも2枚無ければガードできません。それが4回。恐ろしい。

 

まあ相応のデメリットはあって、一気呵成での登場時効果なので、それまでリアガードに出すことすらできません。

一応出せばソウルチャージできますが、パワー+15000できないんで出す意味がほとんど無い。

あんまり手札に余裕のあるデッキでもない中で、後半まで出せないカードがあるっていうのはなかなかつらいところですね。

 

それでも一気呵成の爆発力を支えてくれる重要なカードなので入れておきたいところです。下手すればブースター発売後も入るんじゃないかと思ってる。

ブースターに収録されるRRのダークステイツがライバルか。あっちは盤面を手札に変換できるしカウンターブラスト使わずにソウルも貯められるから便利さは上っぽいんですよね。

代わりにパワー+10000。「烈震空拳の時空巨兵」は+15000なのでそこで頑張れるか・・・?

 

なんにしてもスタートデッキから結構良いやつ出てくれてます。

 

ダークステイツの微妙なところ

前列がもっと充実してほしい

スタンドする都合上、前列のパワーが命なんですが、スタートデッキの前列要員に微妙なのが多い。

パワー10000のグレード2が2種類も入ってるのなかなかにつらいですね。

 

スタンドさせるのは前列だけなので、どうしても単騎で攻撃してくる場面が出てくる。その時パワー10000だとパワー13000の相手ヴァンガードに攻撃が届きません。

 

前列要員はやっぱ少なくともパワー13000以上出せるので固めたい。ブースターに期待か。

ブースターのRRRのグレード2「ディアブロスボーイズ イーデン」が良い感じですね。

一気呵成でパワーが15000に。スタンドすればクリティカル+1となかなか盛ったスペックしています。

 

スタートデッキだけだとどうしても前列要員が弱い部分があるんですが、ブースターで上手いこと追加に期待したいですね。

 

オーダーやっぱいらんかったわ

「ブラザーズ・ソウル」。ソウルチャージ2できるオーダーです。いらんかった。

ブルースのソウルブラスト5って1回のゲームで何回か使うからソウル欲しいっちゃ欲しい。ただそれでも手札1枚損するオーダー使ってまでってレベルではありません。

 

ソウルに関しては「アクロバット・プレゼンター」が良い感じでしたね。ヴァンガードがブルースならアタックかブースト時にソウルチャージ1、一気呵成ならさらにソウルチャージ1です。

2枚ずつ貯めていけるから1体出せるとわりとソウルには困りません。ソウルチャージに関してはこれで良い。

 

正直「ブラザーズ・ソウル」の枠はなんでも良いからユニットに変えた方がまだシールド値になってマシなのではと思っているくらいです。

そういう意味ではダークステイツはまだ3枚なんでも入れられる。まだ本気を隠しているんだ・・・。

 

まとめ

ダークステイツのスタートデッキ使った感想でした。一気呵成たのしい。

めっちゃパワー上げてガンガン攻撃するので使ってて面白い。一方で一気呵成までほぼ何もできないんですがそこは頑張って耐えよう。

ブースターでも良い感じの追加が来てますし、今後もかなり楽しみです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA