VGカード紹介

古の赤を受け継ぐ 砂塵の重砲 ユージン軸のドラゴンエンパイアについて【ヴァンガード】

おはようございます。しんぺいです。

4月17日(土)はブースター第1弾「五大世紀の黎明」の発売日ですね。

スタートデッキで登場した5つのデッキが強化されることに加えて、5つの国家にそれぞれ新規軸も登場しています。

合計10の軸がDスタンダードで組めるようになるということで、スタートデッキでヴァンガード始めた・復帰したけど、ブースターの発売に合わせてデッキをどうしようか悩む人も多いはず。

 

そこでこのブログでは10個のデッキについてそれぞれどんな感じか解説していこうと思います。

今回はドラゴンエンパイアの「砂塵の重砲 ユージン」軸について。赤の系譜を受け継いだ、除去を主軸としたデッキです。

それでは始めていきましょう。

 

ユージン軸ってどんなデッキ?

ユージン軸は「砂塵の重砲 ユージン」の効果で除去と展開をこなしつつ戦うデッキです。

砂塵の重砲 ユージン

グレード3 パワー13000 ペルソナライド

ドラゴンエンパイア ヒューマン

【起】【V】【ターン1回】:コスト【リアガードを2枚レストさせる】ことで、相手のリアガードを1枚選び、退却させ、そのターン中、このユニットのパワー+10000。

【起】【V】【ターン1回】:このターンに相手のリアガードが退却しているなら、コスト【ソウルブラスト5】することで、あなたの山札を上から、ユニットのいない相手のRと同じ枚数見て、ユニットカードを望む枚数選び、Rにコールし、残りをソウルに置く。

ユージンは除去と展開の2つの効果を持っています。

除去効果はカウンターブラストもソウルブラストも使わず、また退却させる場所の縛りも無いというなかなかの高スペック。おまけにユージンのパワーが上がるのも良い。単騎23000出せるので、ブースト無しでもあっさりガードされることはないでしょう。

毎ターン使っていけますし、相手のカードを削りつつヴァンガードの攻撃をしっかり行えるのは1つの強みです。

 

一方で、リアガード2枚のレストというコストはそれなりの重くのしかかってきます。何かしら対処する手段が無ければこちらの攻撃力を大きく下げてしまうことになりますね。ここをなんとかするのはユージン軸の課題の1つです。

 

もう1つの効果はソウルブラスト5という激重コスト。内容は空いている相手のリアガードサークルの数だけデッキの上を見てユニットをコールするというもの。

最大で5枚めくって全部出すとかいうことも出来る。なかなか豪快です。

 

実際には5枚めくれるかは微妙ですし、めくったところで全部出したいユニットとも限らないので、3~4枚めくってそこから2~3枚出す感じでしょうか。めくる枚数と出すユニットは前後しますが、大体そんなところだと思います。

一応出さないカードはソウルに行くので、その分コストが軽くなるとも言える。ソウルブラスト5ですが、ゲーム中に1回ということも無さそうなのは良さげです。

 

除去と展開。正反対のことを1枚で出来るなかなか珍しいヴァンガードです。しっかりアドバンテージを獲って攻めていこうっていうのが見える。

 

一方で攻撃回数は3回と増やすことができないのでそこまで攻撃力は高くない。ヴァンガードのパワーはそれなりですが、リアガードのパワーも別段高いわけではないので、攻撃面ではなかなか苦労しそうなデッキです。

 

ユージンの効果でアドバンテージをしっかり獲って、後はそれを維持できるように立ち回る。効果的にはシンプルなデッキですが、強く動こうとするとなかなか頭使いそうなデッキなのかもしれません。

 

デッキ構築のポイント

自身の盤面を空けられるようにする

「砂塵の重砲 ユージン」の除去効果は、リアガードを2枚レストする必要があります。

ただレストさせるだけだとその2枚は攻撃に参加できないので、なんとかしてこのコストは打ち消したい。

 

ユージン軸に採用できそうなカードの中に、コストで自身が退却するもの、というのがあります。

「砂塵の銃撃 ナイジェル」はユージン軸のライドデッキ要員なだけあって分かりやすく相性が良い。

砂塵の銃撃 ナイジェル

グレード1 パワー8000 シールド5000

ドラゴンエンパイア ヒューマン

【自】:このユニットが「砂塵の凶弾 ランドール」にライドされた時、ソウルチャージ1。

【自】【R】:あなたのメインフェイズに相手のリアガードが退却した時、コスト【カウンターブラスト1、このユニットを退却させる】ことで、相手のリアガードを1枚選び、退却させる。

ユージンのコストでナイジェルをレスト、ユージンの効果でリアガードが退却したことに反応してナイジェルの効果が発動、ナイジェルを退却させてもう1体退却させます。

これで合計2体退却させられますし、こっちのレストしたユニットは1枚退却させられるんでちょうどいい。狙っていきたい基本コンボです。

 

「忍妖 シガマナゴ」も同じように動かせます。

忍妖 シガマナゴ

グレード1 パワー8000 シールド5000

ドラゴンエンパイア ゴースト

【自】【R】:あなたのメインフェイズに相手のリアガードが退却した時、コスト【このユニットを退却させる】ことで、あなたの山札を上から1枚見て、ユニットカードをRにコールしてよい。そうしないなら、残りをソウルに置く。

相手の退却に反応してシガマナゴ自身も退却。デッキの上1枚を出すかソウルに置けます。これもユージンのコストでレストさせるのにちょうどいい。

シガマナゴの効果でユニットを出せればレストコストは帳消しにできますし、出さなくてもソウルは貯まるので、ユージンの展開効果のコストになる。どっちに転んでも良さげ。

 

このように、レストさせてから自身を退却させられるユニットはいくつかいるんで、それらを採用してユージンのレストコストを帳消しにしていきたいところです。

 

パワーを確保しにいく

ユージン軸のパワーは結構低いです。

ヴァンガードこそユージンの効果で単騎23000出せますが、リアガードのパワーが低い。

ユージンはリアガードのパワーを上げられないので、そこはリアガード自身でなんとかしていくことになります。

 

結構良い感じのパワーを出せるのが「ブレイジングスピア・ドラゴン」。

ブレイジングスピア・ドラゴン

グレード2 パワー10000 シールド5000

ドラゴンエンパイア フレイムドラゴン

【自】:このユニットがRに登場した時、このユニットと同じ縦列に相手のユニットがいないなら、コスト【カウンターブラスト1】することで、そのターン中、このユニットのパワー+10000。

条件あるしコストがかかるものの、単騎20000出せる稀有なユニット。パワー8000のブーストと合わせて28000出しに行きましょう。パワー28000出せれば、相手はシールド15000のトリガー1枚ではガードできません。

ブースター収録じゃなくてPRカードなのが玉に瑕。でもユージン使い的には持っておきたい。

 

ブースター収録だとRRの「忍竜 テンシャーステッド」も良い感じ。

忍竜 テンシャーステッド

グレード1 パワー8000 シールド5000

ドラゴンエンパイア アビスドラゴン

【自】【R】:このユニットがブーストしたアタックがヒットした時、コスト【カウンターブラスト1、このユニットを退却させる】ことで、あなたのヴァンガードを1枚選び、山札から、それと同名のカードを1枚まで探し、公開して手札に加え、山札をシャッフルする。

ブーストしてヒットさせればヴァンガードと同名のカードを手札に加えられる。これで2枚目のユージンを持ってきてペルソナライドに繋げましょう。

パワー23000のユージンをブーストすることで31000出せる。そこそこヒットしやすいので効果の発動はそう難しくありません。

 

ペルソナライドすれば前列のパワー+10000されるので、ユージン軸と言えどもパワーが確保できる。

むしろこれくらいしないとリアガードのパワーが低くてやっていけないので、ペルソナライドを狙うプレイングは他のデッキ以上に重要になると言っても過言ではないでしょう。

 

パワー低めなユージン軸ですが、上げる手段が無いではないので、可能な限り上げていきたいところです。

 

まとめ

「砂塵の重砲 ユージン」軸のドラゴンエンパイアについてでした。

退却を軸に戦うというのが赤デッキらしい。昔のかげろうみたいなイメージのデッキですね。

退却効果のわりに展開も出来るデッキなので、とにかくアドバンテージが獲りやすい。反面、パワーを出すのに苦労するので、攻撃で相手の手札をガンガン削るって感じではない。

オーバードレス軸からパワーを削って、その分除去と展開に充てたイメージ。わりと何でもできると言えるし、器用貧乏とも言える。

 

個人的には好きな雰囲気のデッキなんですけどね。堅実っぽいデッキ好き。派手なのも良いんだけど、こういうデッキで強く戦うのに憧れます。

まあ言っても除去は強い。今のところ攻撃が強いデッキってほとんど展開力がそこまで高くはないので、除去の多いユージン軸では結構良い感じに戦えるんじゃないかと思っています。どうなるかが気になるところですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA