VGカード紹介

これぞダークなデッキ 重力の支配者 バロウマグネス軸のダークステイツについて【ヴァンガード】

おはようございます。しんぺいです。

4月17日(土)はブースター第1弾「五大世紀の黎明」の発売日ですね。

スタートデッキで登場した5つのデッキが強化されることに加えて、5つの国家にそれぞれ新規軸も登場しています。

合計10の軸がDスタンダードで組めるようになるということで、スタートデッキでヴァンガード始めた・復帰したけど、ブースターの発売に合わせてデッキをどうしようか悩む人も多いはず。

 

そこでこのブログでは10個のデッキについてそれぞれどんな感じか解説していこうと思います。

今回はダークステイツの「重力の支配者 バロウマグネス」軸について。某イレギュラーズを彷彿とさせる、ひたすらソウルを貯めながら戦っていくデッキです。

それでは始めていきましょう。

 

バロウマグネス軸ってどんなデッキ?

バロウマグネス軸は、豊富なソウルチャージ能力を使いつつソウルをため、「重力の支配者 バロウマグネス」の強力な効果を有効にして戦っていくデッキです。

重力の支配者 バロウマグネス

グレード3 パワー13000 ペルソナライド

ダークステイツ ヒューマン

【自】【V】:このユニットがアタックした時、コスト【カウンターブラスト1】することで、あなたのソウルの枚数により以下すべてを行う。

  • 5枚以上-1枚引く。
  • 10枚以上-そのバトル中、このユニットのパワー+10000/クリティカル+1。
  • 15枚以上-あなたと相手は自分のリアガードすべてをソウルに置く。あなたのソウルから2枚まで選び、Rにコールし、そのターン中、それらのユニットのパワー+10000。

ソウルが15枚貯まれば、毎ターンドローしてパワーとクリティカル上げて、お互いのリアガードを全部吹っ飛ばしながら5回攻撃することが出来ます。強い。

 

ヴァンガードのパワーは単騎23000クリティカル2となかなかのもの。ソウルから呼び出してくるリアガードはパワー+10000されてるので5回攻撃の割にダメージトリガーも乗り越えやすい。

おまけに相手のリアガードを全部ソウルに置くので、攻めを防いだ後の相手の反撃も妨害できる。なかなかの攻守万能っぷりです。

 

ただ、弱点はやはりソウル15枚貯めないといけないところ。

バロウマグネス自身はソウルを貯める能力を持たないので、リアガード周りだけでソウルが15枚になるように持っていかないといけません。

うまくソウルチャージできるカードを引けないと、ずっと能力が不十分なまま戦っていかざるを得ないので、デッキ構築の段階からソウルチャージできるカードをしっかり組み込んでおきましょう。

 

全力を出すのに時間がかかる代わりに高い攻撃力を持つ、というのは一気呵成を使うブルース軸と似た雰囲気を感じますが、バロウマグネス軸の場合は1ターン待ったからと言って確実に全力を発揮できるわけではない。

ただその分、全力を出した時の強さはピカイチなので、ブルース軸よりも振れ幅が大きいデッキですね。

 

デッキ構築のポイント

ソウルを貯める

バロウマグネス軸はソウルを15枚貯めないといけません。

そのため、ソウルチャージ能力を持つユニットは可能な限り採用しておきたい。

あと枚数も重要ですね。ソウルチャージできる枚数の多いカードは評価が上がります。

確定ライド要員の「エレクトロ・スパルタン」はメインデッキにも入れておきたい。

エレクトロ・スパルタン

グレード2 パワー10000 シールド5000

ダークステイツ ヒューマン

【自】:このユニットが「重力の支配者 バロウマグネス」にライドされた時、コスト【手札から1枚ソウルに置く】ことで、1枚引き、ソウルチャージ1。

【自】:このユニットがRに登場した時、コスト【カウンターブラスト1】することで、ソウルチャージ2。

カウンターブラスト1かかりますが、ソウルチャージ2できます。コスト使ってでも貯めたいソウルがある。

 

「幻想の奇術師 カーティス」も良い感じですね。

幻想の奇術師 カーティス

グレード3 パワー13000 ペルソナライド

ダークステイツ エルフ

【自】:このユニットがRに登場した時、あなたのヴァンガードが「重力の支配者 バロウマグネス」なら、ソウルチャージ2。

【起】【R】:あなたのソウルが10枚以上なら、コスト【カウンターブラスト2】することで、そのターン中、あなたの前列のユニットすべてのパワー+5000。

バロウマグネスがヴァンガードなら登場時にソウルチャージ2できます。コストかからないのが良いですね。可能な限り出していきたい。

地味にパワー13000なのも優秀。バロウマグネスの効果でソウルから出すのにちょうどいい。パワー23000になれるので、相手のダメージトリガーを乗り越えていけます。ソウルチャージは強制なので、デッキ切れには要注意だけど。

パワーアップ効果はコストが余ればって感じでしょうか。あればありがたいって感じの効果です。

 

割と気が利いているのが「セルフィッシュ・エングレイヴァー」。

セルフィッシュ・エングレイヴァー

グレード2 パワー10000 シールド5000

ダークステイツ ヒューマン

【自】【R】:このユニットのアタックがヒットした時、ソウルチャージ1。

【自】【R】:このユニットがアタックしたバトル終了時、あなたのソウルが10枚以上なら、コスト【このユニットをソウルに置く】ことで、カウンターチャージ1。

ヒット時ソウルチャージはそんなに当てにできないですが、後半のカウンターチャージが優秀。

アタック終了時なのでヒットに関係なく発動できます。さらにはバロウマグネスの効果の発動に間に合うのが良いですね。メインフェイズ中にコストを使い切っていても、これでむりやり確保しにいくことができます。

 

「エレクトロ・スパルタン」なりでコストは割と使っていくので、こうしたカウンターチャージ要員も入れておくとより動きやすくなるでしょう。

 

コスト無しで多くのソウルを貯められるカードとして、「ブラザーズ・ソウル」も候補に入れたい。

使い捨てのオーダーですが、これを使うくらいにはソウルを貯めることに必死です。

可能な限り早くソウル15枚を達成したいところ。

 

単騎パワーの高いユニットを用意しておく

バロウマグネスのソウル15枚効果は、リアガードを全部ソウルに入れてから2体コールします。

5回攻撃しようと思えば前列に2体呼ぶ必要があるので、単騎で攻撃することになりますね。

 

パワー+10000されているとは言え、呼び出すユニットのパワーによっては相手のダメージトリガーに阻まれてしまうことになりかねません。なので出来るだけパワーの高いユニットを呼び出したい。

 

「ディープ・ソニッカー」はグレード1ながら追撃用のアタッカーとしてとても良い。

ディープ・ソニッカー

グレード1 パワー8000 シールド5000

ダークステイツ ヒューマン

【自】:このユニットがVに登場した時、ソウルチャージ1。

【永】【R】:あなたのターン中、あなたのソウルが10枚以上なら、このユニットのパワー+10000。

ソウル10枚以上で単騎パワー18000にまで上がります。グレード1とは思えないパワーを出せる。

バロウマグネスでソウルから呼び出せばパワー28000ですね。ダメージトリガー1回なら乗り越えられるし、引かれてなかったら相手はシールド15000のトリガー1枚ではガードできない。かなり良い感じです。

ライドデッキ要員のため確実にソウルにいる。出せないことはありません。

 

ソウルチャージしまくってるんで、バロウマグネスからソウルで呼び出すのはだいたい「ディープ・ソニッカー」2体で良いと思います。たぶん2枚目も入ってると思いたい。

ただ、一応「ディープ・ソニッカー」がソウルに入らなかったり、いったん出したけど除去された、なんて時のためにもう少しアタッカーとして頼りになるやつは入れておきたいところ。

 

単騎13000あれば、バロウマグネスのパワーアップ込みで23000になれるんで、そこを目指したいですね。

ただ、現状バロウマグネス軸で使える高パワーユニットって「ディープ・ソニッカー」くらいなので、素のパワーが13000のグレード3を採用しておくことになるでしょう。

 

これに関しては先ほどの「幻想の奇術師 カーティス」がいるんで、それでいいかと思います。登場時の強制ソウルチャージが気になるようなら、2枚目以降の「重力の支配者 バロウマグネス」でも良いでしょう。ペルソナライドすれば1枚目のバロウマグネスはソウルに行くので、効果で呼び出してくることができます。

 

なんだかんだ5回攻撃は強い。パワーの高いユニットもそれなりに用意されているんで、充分な攻めを見せてくれるでしょう。

 

まとめ

「重力の支配者 バロウマグネス」軸のダークステイツについてでした。

ソウルを貯めるほど強くなる。かつてのダークイレギュラーズが蘇った感じです。

ソウルチャージに時間がかかるという欠点はあるものの、充分なパワーと攻撃回数、そして除去を兼ね備えてるのが良いですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA