VGカード紹介

監獄に閉じ込めろ 極光戦姫 セラス・ホワイト軸のブラントゲートについて【ヴァンガード】

おはようございます。しんぺいです。

4月17日(土)はブースター第1弾「五大世紀の黎明」の発売日ですね。

スタートデッキで登場した5つのデッキが強化されることに加えて、5つの国家にそれぞれ新規軸も登場しています。

合計10の軸がDスタンダードで組めるようになるということで、スタートデッキでヴァンガード始めた・復帰したけど、ブースターの発売に合わせてデッキをどうしようか悩む人も多いはず。

 

そこでこのブログでは10個のデッキについてそれぞれどんな感じか解説していこうと思います。

今回はブラントゲートの「極光戦姫 セラス・ホワイト」軸について。監獄軸とも言う。新ギミック「監獄」に相手のユニットを閉じ込めていく、除去コントロールに近いデッキです。

それでは始めていきましょう。

 

セラス・ホワイト軸ってどんなデッキ?

セラス・ホワイト軸は監獄カードに相手のユニットを収容することで戦っていくデッキです。

監獄に収容されたユニットはコストを払わなければ出てくることはできません。

逆に言えば、収容されたコストさえ払えば戻ってくるので、退却などの除去よりも弱めの扱いになっています。

 

ただし、代わりに除去よりもはるかに軽いコストで相手のカードを監獄に送ることができます。退却除去ならカウンターブラスト1のコストで1体の退却が相場ですが、収容ならカウンターブラスト1で2体収容できる。

単純に、除去と比べて倍の効率で相手のカードをどけていくことができます。まあ戻ってくるけど。

戻ってくるとはいえ、戻すにはコストを払わないといけないので、結局相手の重荷になることには変わりありません。

コストだって無限じゃないし、収容されたユニットを出すのにいちいちコストを払っていては、相手は自分のカードの能力を使うのに支障をきたすでしょう。

 

それを嫌って監獄に収容されたままにしているなら、それはそれで好都合。こっちは除去と変わらないアドバンテージを得ることができますし、監獄に収容されているカードがある場合にパワーアップするユニットもいます。

 

こんな感じでドンドン相手のカードを収容していき、相手にコストの負担を押し付けるのが監獄デッキの戦い方ですね。

毎ターン相手の盤面を更地にするのも珍しくないくらいには収容していける。しっかり自分でコストを使って戦っていくようなデッキには相当に無理をさせることができるでしょう。

 

デッキ構築のポイント

収容するカードを増やす

監獄軸では、相手のカードをいかに収容していくかが重要です。

「極光戦姫 セラス・ホワイト」のように、収容されているカードがある場合にパワーアップするユニットがいるので、相手がさばききれないほどのカードを収容したい。

 

「極光戦姫 セラス・ホワイト」はカウンターブラスト1で2体収容できます。3体以上収容されていればセラス・ホワイトのドライブ+1されるので、もう1体は安定して収容しておきたい。

 

ブースター収録の「極光戦姫 アガラー・ルージュ」は使いやすい。

極光戦姫 アガラー・ルージュ

グレード2 パワー10000 シールド5000

ブラントゲート ヒューマン

【永】【R/G】:あなたの監獄に収容されている相手のカードが2枚以上なら、このユニットのパワー+5000/シールド+10000。

【自】:このユニットがRに登場した時、コスト【ソウルブラスト1】することで、相手の前列のリアガードを1枚選び、あなたの監獄に収容する。

収容されているカード2枚以上でパワー・シールド15000として扱えます。アタッカーとして活躍させやすい。

そして登場時にソウルブラスト1で1体収容。軽めのコストで1体収容できるのがありがたいですね。

 

「グラナロート・フェアティガー」もアタッカー兼収容役として使いやすい。

グラナロート・フェアティガー

グレード3 パワー13000 ペルソナライド

ブラントゲート バトロイド

【起】【R】【ターン1回】:コスト【ソウルブラスト1】することで、そのターン中、このユニットのパワー+2000。相手の前列のリアガードを1枚選び、あなたの監獄に収容する。

パワー15000になりながら収容できます。8000ブーストで23000を出していきたい。アガラー・ルージュ共々、相手のダメージトリガーを乗り越えていける数少ないユニット。監獄軸はわりとパワーが低いので、こうしたカードでしっかり最低限のパワーは出していきたいですね。

 

収容できるカードの優先度はかなり高めです。

現状、自分のリアガードを消しながら戦うデッキは無いと言ってもいいので、たいてい展開してきたリアガードは相手の場に残っています。

 

収容できる機会は多いですし、出てきたユニットは根こそぎ収容したい。収容されたカードが増えるほど、相手は脱獄に払うコストが賄えなくなっていきます。自分の効果にもコストを使いたいところですし。

そうなれば、退却相当のアドバンテージを得られるほか、こちらのユニットの強化にも繋がる。収容するだけお得というわけです。

 

なので収容できるユニットは多めに用意しておきたいなあというところ。

特にソウルブラストのコストで収容できるものが良いですね。「銀河中央監獄 ギャラクトラズ」の配置時にソウルチャージ3できるので、ソウルは相手より多く使えるはず。

 

ガンガン収容して、相手が脱獄させきれないようにしていきましょう。

 

まとめ

「極光戦姫 セラス・ホワイト」軸のブラントゲートについてでした。

監獄が良い感じですね。かなり軽いコストで相手のカードをどけていけるので、除去クラン顔負けの盤面コントロール力を見せます。

一方で監獄に収容されたユニットはコストさえ払えば出てこられるので、除去と比べるとイマイチ効果の分かりづらい場面があります。

基本的に相手が脱獄に割けるコストを上回る量を収容していけば、収容した恩恵を得られやすい。そのためには相手のカードをガンガン収容していきたいですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA