VGカード紹介

【ヴァンガード】波動する根絶者グレイドールの効果と使い方

今回は「最凶!根絶者」収録のリンクジョーカーVR、「波動する根絶者グレイドール」の考察です。

パックの看板ユニットということから一体どんな派手な効果が来るかと思っていましたが、意外とあっさりした効果でした。

ただ根絶者のコンセプトとガッチリかみ合っているので、強力な効果となっています。

それでは早速見ていきましょう。

 

効果

波動する根絶者グレイドール

グレード3 パワー13000 ギフトアイコン:フォース

リンクジョーカー エイリアン

【永】【V】:相手のリアガードは他のリアガードサークルに移動できない。

【自】【V】:登場時、コスト【カウンターブラスト1、ソウルブラスト1】することで、相手のリアガードを1枚選び、裏でバインドする。グレード3からライドしたら、相手のヴァンガードをデリートし、そのターン中、このユニットのクリティカル+1。(デリートされたユニットはそのファイターのターン終了時まで裏になり、パワーとテキストを失う)

 

リアガードの移動禁止

たぶん、僕が「波動する根絶者グレイドール」のことを地味じゃね?って思った一番の原因。

相手のリアガードの移動を禁止する効果です。

 

地味とは思ったものの意外に刺さる場面はありそうで、特に前列を除去できる根絶者では活躍する機会が生まれそうです。

前列を除去されたら後列を前に出して攻撃体制を整える、ってことは後列のパワーが高いクランではよくありますが「波動する根絶者グレイドール」がいるとできませんね。

前列を除去されたら新しい前列を用意しないと攻撃できないって考えるとなかなかうっとうしい効果ではあります。

 

あとはゴールドパラディンのようなデッキトップからのランダムスペリオルコールを得意とするクランはよく移動を行うので刺さります。

ランダムスペリオルコールは選択肢が狭い分、移動を駆使して布陣を整えるので、移動が制限されているとコール効果がかなり使いにくくなりますね。

 

あとは先攻ライドでこいつ登場させると、前のめりになって前列に出ていた相手のグレード1以下を前列に固定させることができますね。

対ネオネクタールとかで起こりそうです。

前列トークン+後列グレード1の縦列があったとして、その列の後列を除去してあげればおもしろそう。

トークンが前列に固定されているので新たなブースト要員を出すしかありません。

アタッカーを出そうと思えばトークンを上書きするしかないので、無駄なトークン消費を強いられますね。

 

どうなんでしょうかねこの効果。

僕はあんまり移動して戦うようなクラン使っていないので移動禁止なんてかなり微妙な感じがしているのですが、たぶん人によってはめっちゃうざい効果になりそうです。

なんかあんまり見るタイプの効果じゃないので使われてみないと強さが分からない感じがしています。

 

登場時:裏バインド&デリート&クリティカル増加

登場時にカウンターブラスト1とソウルブラスト1で相手のリアガードを裏でバインドできます。

グレードとか前列後列の指定が何もないので、好きなユニットを除去できますね。

リアガードの移動禁止のこともありますし、一番消されるとうっとうしそうなところを狙い撃ちしましょう。

とりあえず特に無いなら前列を除去しておけば、相手に前列を出させることを強いられます。

 

コスト効率的にはまあまあといったところですが、グレード3からライドしていればデリートとクリティカル増加のおまけつき。

一気に強力な効果になりますね。

「絆の根絶者グレイオン」のデリート効果のコストがカウンターブラスト2だったことを思えば破格の軽さです。

 

クリティカルも増えるので相手にガードを強要させることもできますね。

ガードしきれなければ一気にダメージを与えられますし、登場タイミング的にはそのまま勝負を決められますね。

フォースのギフトやデリートがあることからパワーには困りません。

毎ターンライドし続けられればかなりのプレッシャーになります。

 

逆に言うと「波動する根絶者グレイドール」にライドしてしまったら、次のターンには別のユニットにライドしたいところです。

登場時効果以外には移動禁止しかないので、どうしても力不足。

デリートができないのはかなりの痛手なので、「絆の根絶者グレイオン」にライドできているなら「波動する根絶者グレイドール」にライドするタイミングは考えたいですね。

トドメを差し切れそうになく、手札に別のユニットも無いならライドしない選択肢もありそうです。

 

まとめ

「波動する根絶者グレイドール」についてまとめました。

移動禁止はともかく、デリート効果がクリティカル増加もあってシンプルに強力です。

ただ登場時効果でしかデリートできないところに不安があるので、「波動する根絶者グレイドール」にライドするときは後続のグレード3が用意できているか意識したいですね。

 

もし「絆の根絶者グレイオン」をメインにデッキ構築を考えていて、「波動する根絶者グレイドール」はトドメ用程度と考えるなら4枚いらなそうなので根絶者から始める人はデッキの値段を抑えることもできます。

グレード3がデリートに特化しているので、根絶者デッキはシンプルに「リアガードを並べて、パワーを上げて攻める」っていうヴァンガードの王道とも言える戦い方ができます。

これからヴァンガードを始める人におすすめできそうな感じですね。

トライアルデッキとブースターが発売されてかなり始めやすいので、これから始める人や何か新しいデッキが組みたいって人におすすめです。

「最凶!根絶者」収録のその他のカードについてはこちら。

【ヴァンガード】「最凶!根絶者」収録の注目カードまとめ今回は「最凶!根絶者」に収録されるカードについてです。 VRの情報も出揃ったので、VRを中心に各クランの注目カードについてまとめていきます。...

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA