VGカード紹介

ヒットした(ヒットしてない)なメイルストロームサポート達【ヴァンガード】

おはようございます。しんぺいです。

「蒼騎天嵐」にてメイルストローム関連のカードが収録されますね。

初代メイルストローム系のサポート。ヒットしてないのにVスタンドできるようになります。

過去に出たカードのサポートって最新ギミックに比べると微妙に控えめだったりするのですが、これはなんだかやばそうな感じ。

というわけで効果を見ていきましょう。

 

ヒットした(ヒットしてない)な方たち

ヒット時効果をヒットしてなくても使える人がいますね。ヒット時効果とはいったい・・・。

翠緑の宝杖 エルピダ

グレード2 パワー9000 シールド5000

アクアフォース アクアロイド

【永】【R/G】:「メイルストローム」を含むあなたのヴァンガードがいるなら、このユニットのパワー+5000/シールド+5000。

【自】【V/R】:ヴァンガードにアタックした時、コスト【カウンターブラスト1】することで、そのバトル中、あなたの『ヒットした時』の効果は、ヒットしていなくても発動する。

「翠緑の宝杖 エルピダ」はメイルストロームがいればパワーアップ。単騎パワー14000シールド10000になれます。

なんかこの手のユニットってめっちゃ使い勝手良いですよね。「エンブレム・マスター」を使ってるとよく思います。

しっかり永続効果なので、インターセプトに出しても手札からガードに出してもシールドが上がる良デザイン。使いやすくて好きです。

パワー14000も、単騎でグレード3に届かせられるとあって便利なところが多いでしょう。

 

そして肝心の2つ目の効果。エルピダのアタックしたバトルではヒット時効果をヒットしてなくても発動させられますね。

言わずもがな「蒼嵐竜 メイルストローム」と合わせろってことでしょう。

3回目か4回目のアタックをエルピダにすれば、ヒットしてもしてなくてもメイルストロームのVスタンド効果が使えます。

メイルストロームの起動効果とコストが被ってるところが若干気になりますが、確定Vスタンド、そのうえドライブもパワーも減らないとなれば狙うしかないですね。

 

ヒット時効果ゆえにスタンドしてるところをほとんど見なかったメイルストロームですが、これからは堂々と起き上がってくる姿が見られそうです。

 

ラジエート・アサルト

グレード1 パワー8000 シールド10000

アクアフォース アクアロイド

【自】【R】:登場時、コスト【ソウルブラスト1】することで、そのターン中、このユニットがアタックかブーストしたバトルでは、あなたの『ヒットした時』の効果はヒットしていなくても発動する。さらにコスト【ドロップゾーンから「メイルストローム」を含むカードを1枚山札の下に置く】ことで、1枚引く。

ヒットしてなくてもヒットしてることにするやつ第2弾。こっちは「翠緑の宝杖 エルピダ」と違って登場ターンにしか使えませんが、代わりにコストがソウルブラスト1と軽くなっておまけドローまで付いています。

こちらも「蒼嵐竜 メイルストローム」のVスタンドを狙っていくために使っていきたいですね。

 

何気にアクアフォースでは貴重な、手札を減らさず展開できるリアガード。なるべくドロー効果のコストが確保できる状況で出したい。

ドロップゾーンにメイルストロームが置かれる状況と言えば、手札から捨てるのが一番ありそうなところでしょうか。

ちょうど良さそうなのが「プレスストリーム・ドラゴン」ですかね。

起動効果でメイルストロームを捨てられるうえに、「蒼嵐竜 メイルストローム」のパワーとドライブまで上げられます。

ターン中ドライブを上げられるので、メイルストロームのVスタンドがドライブ3→3になってだいぶ強くなりますね。

 

起動効果はターン1回ですが、「プレスストリーム・ドラゴン」が2体いればドライブ4→4もできるのか。

さすがに現実的ではない? でも同名リアガード2体出るってわりとありますし、手札のメイルストロームをなんとかできれば全然いけそう。

 

今まで「プレスストリーム・ドラゴン」の効果は「蒼嵐竜 メイルストローム」がスタンドしないために単なる手札交換みたいなものとして扱われがちでしたが、確定スタンドのおかげで手札を増やせるように。

 

「プレスストリーム・ドラゴン」で手札のメイルストロームを捨て、「ラジエート・アサルト」でそれをデッキに戻しつつドロー。「ラジエート・アサルト」で「蒼嵐竜 メイルストローム」のスタンド効果を発動させてドライブ増加も最大限活かしていく流れがとてもキレイです。

 

やっぱり不確定だったVスタンドが確定でできるようになるだけでめっちゃ強そうな感じがします。

カウンターブラストが「蒼嵐竜 メイルストローム」と「プレスストリーム・ドラゴン」でわりとカツカツなので、「ラジエート・アサルト」の方が使いやすいか。

でも「翠緑の宝杖 エルピダ」は登場ターン以外にもヒット時効果を発動できるところが良いので、結局は両方入れることになりそうですが。

場合によっては「蒼嵐竜 メイルストローム」の起動効果を我慢するとかしてコストを確保していきたいですね。

 

安定のメイルストロームサーチ要員

ライドしたりコストに使ったりメイルストロームは忙しい。

そんなメイルストロームのためにサーチ要員が出ていますね。

バブルボール・コーパラル

グレード1 パワー8000 シールド10000

アクアフォース アクアロイド

【自】【V/R】:アタックかブーストしたアタックがヴァンガードにヒットした時、あなたの山札を上から7枚見て、「メイルストローム」を含むカードを1枚まで公開して手札に加え、山札をシャッフルする。

ヒット時サーチ。ウルトラかわいい。

ヒット時メイルストロームサーチと言えばすでに「アナライズ・シューター」がいます。

「アナライズ・シューター」はコストこそ必要ですが、「蒼嵐竜 メイルストローム」と「蒼嵐覇竜 グローリー・メイルストローム」の両方を手札に加えられるのが強み。

 

対して「バブルボール・コーパラル」はサーチ範囲がデッキの上7枚、手札に加えられるのは1枚だけとかなり抑えめになっていますが、コストがいらないですね。

さらにはパワーも8000あるので、普通にアタッカーやブースターとしてやっていける。

 

僕はメガコロニーで「マシニング・ホーネット」をよく使っていますが、この手のユニットってライドしてアタックをヒットさせに行っても効果を使えるのが使いやすい。

ブースト一辺倒の「アナライズ・シューター」よりは手軽に扱いやすいユニットです。

 

ヒット時効果なので、「翠緑の宝杖 エルピダ」のブーストに使えばヒットしてなくても発動できますね。

あるいはヴァンガードのブーストに使って普通にヒットを狙いに行くのもいいでしょう。「アナライズ・シューター」と違ってパワー8000なので、「蒼嵐竜 メイルストローム」の起動効果込みでパワー23000出せるようになるのは良いところです。

 

レア度高いのは便利ってのを象徴してそうなやつ

メイルストロームサポートがRRを持っていきました。

ドリフティング・フローフェンサー

グレード2 パワー9000 シールド5000

アクアフォース アクアロイド

【自】【V/R】:登場時、あなたの山札を上から7枚見て、「メイルストローム」を含むカードを1枚まで公開して手札に加え、山札をシャッフルする。

【自】【R】:アタックした時、このターン4回目以降のバトルで、「メイルストローム」を含むあなたのヴァンガードがいるなら、そのバトル中、このユニットのパワー+15000。

サーチ要員+高パワーアタッカー。1枚で複数の役割を持てるって良いよね。高レアリティの特権みたいなもんだと思います。

サーチ効果でやってる事は「バブルボール・コーパラル」と同じですが、登場時ってのが良いですね。

メインフェイズにメイルストロームを集められるので、持ってきたやつを「プレスストリーム・ドラゴン」のコストにできます。

 

グレード2以下で安定して使えるサーチなので、ライド先を探しにいくのにも役立つでしょう。ライド時でも良いのでマジで使いやすい。場に残れば高パワーアタッカーとして後で活躍できるのも便利なところです。

 

メイルストロームにライドした後は、パワー24000のアタッカーに。この手のパワーアップとしては破格ですね。攻撃回数の指定だけでコストが無いのはありがたい。代わりに複数出しても活躍しにくいですが。

 

パワー高いってのが新しいメイルストロームデッキでどれだけ役に立つかは気になるところ。

確定でヒット時効果を発動できるようになったため、パワーの高いユニットのアタックをガードさせるって戦法を取る必要が無くなったからですね。

4回目の「リップタイド・ドラゴン」がメイルストローム使われてる側からするとめちゃくちゃ嫌でしたが、あれも無くなるでしょう。

ギフト無しグレード3なので、ライド事故の危険を上げる存在。たぶん使われなくなる。

 

でもそれと「ドリフティング・フローフェンサー」を同列に語るのは違う気がする。「ドリフティング・フローフェンサー」はメイルストロームサーチ効果のおかげでむしろ安定感を上げてくれるからですね。

 

サーチ要員が高パワーアタッカーも務めてくれるとなれば話は違ってくる。パワーってあるに越したことはないんで単騎24000出せるサーチ要員って考えるとだいぶ便利な存在ですね。

 

たぶんパワーアップ効果だけだったら使われるか若干怪しかったと思います。パワー出すだけならアクアフォースって「コーラル・アサルト」がいますしね。

やっぱ1枚で複数の違った役割を持てるカードって便利だよなあって思わされる存在です。

 

まとめ

メイルストロームサポートの紹介でした。

やっぱり確定Vスタンドできるようになったのが一番大きい。あれでだいぶ「蒼嵐竜 メイルストローム」の株が上がったと思います。

今まで以上に相手を追い詰めやすくなったので、「蒼嵐覇竜 グローリー・メイルストローム」の効果も強くなるでしょう。

なんかめっちゃ良い感じのサポートですね。これでメイルストロームデッキがどう変わっていくのか楽しみです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA