VGカード紹介

「貪りの乱鴉」「咎叩き」「廃滅の虚竜」について ストイケイアの行く先はどこ?【ヴァンガード】

おはようございます。しんぺいです。

なんか今日のカードでストイケイアのゾルガ軸に使うカードっぽいのが出てましたね。

3枚のうちゾルガ軸で使えそうなカードが2枚。手札交換にアタッカー。最後にそしてゾルガ軸とは違うと思うんですがまさかの新軸V要員。

いったいストイケイアはどこへ向かおうとしているのか。カード効果を見て考えていきたいと思います(?)

 

便利な手札交換 貪りの乱鴉

貪りの乱鴉

グレード1 パワー8000 シールド5000

ストイケイア ゴースト

【起】【R】【ターン1回】:このターンにあなたがオーダーをプレイしているなら、コスト【手札からオーダーカードを1枚捨てる】ことで、1枚引く。

オーダー重視の手札交換。ターン1回とはいえカウンターブラストもソウルブラストも使わないのは便利そう。

 

起動効果のグレード1って地味に好きなんですよね。グレード1ってブースト役で盤面に居座ることが多いから、継続的に使える効果を持っていると満足度が高い。

オーダーメインのデッキってどうしてもオーダーの採用枚数が多くなって手札にオーダーがダブついてシールド値が足りなくなりがちなんですが、そこら辺を軽減できると良さそう。

オーダー捨ててシールド値を引き込みたい。

 

オーダーをドロップに送れるから魔合成の種を用意するのに便利そうなんですが、タイミングがオーダーをプレイした後なので、意外に器用な動きは苦手。

手札のオーダーをドロップに捨てて、それをすぐに魔合成の種にするとかできると便利そうでしたが、まあそれはタイミング的にできないのは仕方なし。

 

やっぱりダブついたオーダーを捨てて手札の質を良くする使い方がメインになりそうです。

地味にゾルガって引くことが苦手なので、これでドロー回数が増やせるのは嬉しい面もあったり。

さっき言ったようにオーダー捨ててシールド値を確保しに行ったり、あとはペルソナライドを探しに行ったりできるっていうのを期待して入れることになるでしょう。

 

この手のコストが軽い効果って複数並べると存在感がスゴイことになるんですが、「貪りの乱鴉」はどうでしょうね。

複数並べたところでそこまで捨てるオーダーが無いこともあるかも?

 

オーダーの採用枚数に左右されそうです。

ちょっとオーダーの枚数を多めにして、「貪りの乱鴉」で強引に回す方針にしても良さそう。ノーマルオーダーに加えてブリッツオーダーの「ゴースト・チェイス」まで採用する型にぜひ。

 

これが次代のアタッカー 咎叩き

咎叩き

グレード3 パワー10000 ペルソナライド

ストイケイア ゴースト

【永】【R】:あなたのバインドゾーンのオーダーカード1枚につき、このユニットのパワー+5000。(相手ターンも有効)

パワー重視のアタッカー。正直わりと悪くないんじゃないかと思ってる。

バインドゾーンのオーダー1枚につき+5000と言いますが、1枚バインドされてる段階で15000もあり、「黒涙の骸竜」相当のパワーを出せてると思えば良い感じ。

「黒涙の骸竜」なんてパワー15000出せるだけでアタッカーとして採用されてますからね。

この手のカードは最大値が高い代わりにわりと頑張らないと使い物にならないものが珍しくないんですが、「咎叩き」は最低値がすでに高めのパワーってのが良いところです。

 

魔合成すればバインドゾーンのオーダーが1枚増やせるので、特別なことをしなければ毎ターンパワー5000ずつ上がっていくようなイメージ。

単騎20000いければストイケイアの中で最大の単騎パワーを出せますし、25000、30000といければ他のカードと合わせて完全ガードじゃないと防げないパワーを出すのも難しくありません。

 

ただし、初ターンのパワーが15000で「黒涙の骸竜」と変わらないのはちょっと気になるので、使うならいきなり何枚もバインドしてパワー20000は越せるようにしたい。グレード3なのでインターセプトできませんしね。せめてパワーくらいはずっと優位に立ちたい。

 

魔合成以外でバインドする手段が現状あんまり多くないので、追加カードに期待したいところ。

何も無ければ「棺桶撃ち」に頼ることになります。

手札を減らさず盤面を埋め、バインドに行ったオーダーも無駄にならない。

ただし、「棺桶撃ち」自体のパワーが高くないのは何とも言えないところ。

使うなら、グレード3にライドする前から「棺桶撃ち」の効果を使ってガンガン展開して攻撃していく方が良いのかな。

 

リリカルモナステリオも登場したし、詰め手段がエグイことになってるデッキも珍しくないので、ゾルガは速さを求めていった方が生き残れそう。

ヴァンガードがグレード2辺りからオーダーもガンガン使って展開して攻めていく。「棺桶撃ち」を使えているとバインドゾーンのオーダーも増えていくので、グレード3からは「咎叩き」にバトンタッチして押し切るイメージ。

 

ドロップも増やしていかないといけないので、「貪りの乱鴉」も使ってドロップのオーダーを増やして「棺桶撃ち」を回していくとか。そんな感じ。

 

「貪りの乱鴉」と「咎叩き」、意外と新時代のゾルガデッキを示唆しているのかもしれません。

 

まさかの新軸() 廃滅の虚竜

廃滅の虚竜

グレード3 パワー13000 ペルソナライド

ストイケイア スケルトン

【自】:このユニットがVに登場した時、あなたのドロップからノーマルオーダーを1枚選び、そのコストを支払わずにプレイしてもよい。(このプレイも、プレイ回数に含む)

まさかのV要員。ストイケイアの可能性は無限大。ストイケイアのコモンはV要員に回す決まりでもあるのかな。

 

登場時にドロップからオーダーを使えます。注目すべきはコスト無し。つまりはどんだけ重いオーダーでもタダで使えちゃいます。

ただし、魔合成できないのがめちゃくちゃ気になる。現状、強いオーダーって魔合成したら効果が強化されるのが多いから、「廃滅の虚竜」だとコスト踏み倒したところで大したことできないんですよね。

 

しかもこの効果もオーダーのターン1回制限に引っ掛かってくるから、効果を使ったらもうオーダー使えません。

魔合成しないんだったらオーダーのコストって別に払っても問題ないものばかりなので、現状だと特に使い道が思いつかない。

 

強いて言うならコストが厳しい「涙する悪意」との組み合わせか。

リアガードの退却コストを無くせるから、タダで1ドローとカウンターチャージ1とソウルチャージ1が出来ることになる。

そう思うとめちゃくちゃ堅実なカードに見えてきたな・・・。

 

まあでもそこで効果は終わりだしオーダーももう使えないんで、ストイケイアの自力が試されることになる。やっぱり厳しいかなあ。

一応「鞭撻の乙女 イレーニア」でカバーできるか。

でもなあ・・・。ストイケイアのだいたいのカードが後列アタックかオーダーのサポート無しでは厳しいものばかりだし、毎ターン「涙する悪意」をタダで使えたからと言って、それだけでどうこうするのは難しいか。

 

新パックでめちゃくちゃコストが重い代わりに超強いオーダーとか出たらまた評価が変わってくるかもしれません。

 

まとめ

ストイケイアの新カードについてでした。

「貪りの乱鴉」と「咎叩き」は良い感じに使えそうですね。だんだんと使いやすくなってる気がして嬉しい。

「廃滅の虚竜」は・・・新カード次第かな。わざわざ出してきたってことはなんか重いオーダー出そうだけどね。「廃滅の虚竜」使えばコスト踏み倒しできるし、ゾルガ軸ならコスト軽減をフル活用して頑張れって具合で。

なかなか新弾が楽しみになってきました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA