VGカード紹介

「覚醒する天輪」でのゾルガ強化の感想 もはや学問【ヴァンガード】

今回は第4弾「覚醒する天輪」でのゾルガ強化の感想です。

個人的にはかなり良い感じの強化をもらってると思ってるんですが、周りがそれ以上に良い強化をもらってるので結局強さの序列はあんま変わってないって印象を受けます。

いやマジでそれぞれのカードは良い感じなんや・・・。ただうまくまとめるのが難しいだけなの多分。

 

彷徨の獄竜は強いこと書いてる

オーダー使ったら勝手に出てきてくれるマン。おまけにパワーとクリティカルが上がります。

パワーは単騎15000とまあ普通ですが、クリティカル上がるのが見逃せませんね。

クリティカル上がる系のリアガードの中ではかなり簡単に用意できるので、これをゾルガデッキの強みとして活かしていきたい。

 

クリティカル上がるのでパワーを上げたいところなんですが、出てくるタイミングがオーダー使い終わった後なのが若干困る。

「悲嘆と絶望、そして拒絶」でパワーを上げられないんですよね。

これ使ってるタイミングではまだ「彷徨の獄竜」はドロップゾーンにいるという・・・。

なので後列にユニットを出して、そっちのパワーを上げるとかで対処していきましょう。

 

「彷徨の獄竜」、やってることは強いはず。

コストも使わず出てきてアタッカーとして充分な戦力になってくれますからね。

ただ活かし切るまでのハードルは多いのでうまく乗り越えていきたいところです。

 

とりあえずドロップに落ちないと話にならない。

ここは採用枚数を増やしてライドコストで捨てていくとか、「継承の乙女 ヘンドリーナ」でドロップを増やしていくとかしてドロップに送り込んでいきましょう。

2枚送り込むことができれば勝手に前列埋まるのが良いですね。

 

そして相性の良いのが「涙する悪意」。

「彷徨の獄竜」をコストにすることで実質コストを帳消しにできます。

1ターン経った「彷徨の獄竜」はパワー5000の効果無しグレード3とかなり邪魔になってしまうので、継続してドロップゾーンから呼び出せる手段は用意しておきたい。

 

ここら辺のお膳立てができると「彷徨の獄竜」はめっちゃ強いです。毎ターン両前列がクリティカル2ですからね。相手からするとかなりうざいはず。

単騎で強い系じゃなくて色々と面倒を見てあげる必要のあるカードですが、それだけの価値はあると思います。

 

罪過に廃絶の美酒を の強さについて

個人的にかなり好きなブリッツオーダー。

1ドローしながらガードできるっていうのが最高ですね。うまくいけば手札消費無しで相手の攻撃を防ぐことができます。

 

ただし、パワーの上昇値はオーダーの種類によるのでかなりデッキ構築を尖らせないといけません。

1~2枚差しのオーダーが増えるので回すのがややこしくなること必至です。

 

うまいこといけば20000~30000シールドが手札消費無しで出せることになるのでかなり強い。

手札に加える手段としては「影纏い」と「非業の死を乗り越えて」を採用しておくとかなり使いやすくなりますね。

「影纏い」でデッキから直接ドロップに送ることができるので、少ない枚数ながらも使っていくことが可能になってます。

目指せシールド30000。ここまで出せればブリッツオーダーの中でも最上位のレベルのはず。1ドロー付いてるし。

 

寄る辺亡き魂の使いどころ

今回の使いどころに困った枠。マジでどう使ったら良いんだろう。

ドライブ増やせるので弱くはないんだけど、オーダーを捨てるというコストがつらい。

 

カウンターブラストもソウルブラストも無いから使おうと思ったら使えるはずなんだよな。僕はどうしたらうまく使えるか分からなくて断念したけど。

 

さっきまで紹介してたカードもそうなんだけど、単品で強いってわけじゃなくて組み合わせ前提なので、あれもこれもと入れてしまうとデッキが回らなくなります。

僕は今、「彷徨の獄竜」を重視したデッキにしてるんですが、たぶん「寄る辺亡き魂よ、我が身に集え」を強く使うなら「彷徨の獄竜」を入れてる隙間が無さそう。

一緒に入れてみたこともあるんですが、めちゃくちゃ使いにくかったです。

 

たぶん使うならオーダーを手札に加えるカードと一緒に使えばいいのかな。

その辺はリアガード要員でちょいちょい持ってるやつがいるので、合わせて使ってみると良いのかも。

これとか。ブリッツオーダーしか回収できないけど、コスト無しってなかなか良くないか?

 

守り重視というよりは、しっかり展開してパワー上げてトリプルドライブを決めていくデッキになるのかも。それ極光で良くねとか思ってしまったけど。

難しい。これもなんとか使ってみたいカードなんだけどなあ。

 

まとめ

新弾のゾルガ用カードについてでした。・・・しかしお膳立て前提のカードばっかりだよなあ。

ゾルガのカードって単品で強いって感じのカードがまずなくて、組み合わせでなんとかするしかないのが難しい。そしてそこが面白いとも言える。

適当に作ったら弱いどころか全く動けんからね。常に絶妙なバランスを求められてます。

早速デッキを作ってみたんで次回はデッキ紹介記事にしようかな。

POSTED COMMENT

  1. 匿名 より:

    今回G4がトリプルドライブで圧倒的なアドを稼ぎつつ攻撃性能も備えているということで、ゾルガがまともに戦ったら負けてしまうと思っています。
    罪過に廃絶の美酒をはそんな奴らの猛攻も止められる可能性があるのではないかと注目しています。
    守りつつドローもできるとか凄いパワーカードですよね。

    • shinpei より:

      コメントありがとうございます。
      今までもペルソナライドできなくてゲームがグダつくことがありましたが、グレード4の連中はそんな時でもトリプルドライブしてくるので長期戦になればなるほどキツイなあって思います。でもゾルガは守りが得意なデッキなのでゲームが長くならざるを得ないジレンマが・・・。
      罪過はかなり気に入ってて、ドローしながら30000シールドくらい出せると最高に気分が良いので入れています。デッキ構築はめんどくさくなりますがおすすめのカードです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA