VGカード紹介

混濁の瘴気に見るグレイヴ=ゾルガを使え感【ヴァンガード】

おはようございます。しんぺいです。

昨日はグレイヴ=ゾルガが公開されて慌てて記事を書いたわけですが、

屍海の降霊術師 グレイヴ=ゾルガの効果を見ていく【ヴァンガード】おはようございます。しんぺいです。 なんか急にゾルガ強化が来てびっくりしています。 【#週ヴァン】 5/13(金)発売「フ...

ちゃっかりオーダーも公開されてたんですね。公式Twitterしか見てなかったから気付かなかった。

 

「混濁の瘴気」はフェスティバルコレクション2022に収録される新規オーダーです。

復活効果と前列のパワーアップが合わさり最強に見える。効果を見ていきましょう。

 

混濁の瘴気の効果

混濁の瘴気

グレード3 ノーマルオーダー ストイケイア

コスト【カウンターブラスト1】することでプレイできる!

あなたのドロップからグレード3以下を1枚選び、Rにコールする。魔合成中なら、あなたのヴァンガードを1枚選び、そのターン中、『【永】【V】:あなたの前列のユニットすべてのパワー+5000。』を与える。

 

痒い所に手が届くパワーアップ

「屍海の降霊術師 グレイヴ=ゾルガ」を一緒に公開されただけあって、かなり相性が良いですね。

屍海の降霊術師 グレイヴ=ゾルガ

グレード3 パワー13000 ペルソナライド

ストイケイア ゴースト

【永】【V】:このターンにあなたが魔合成しているなら、あなたの前列のユニットすべてのパワー+5000。

【起】【V】【ターン1回】:コスト【ソウルブラスト1、手札から1枚捨てる】ことで、あなたのドロップからノーマルオーダーを1枚選び、手札に加え、そのターン中、あなたがノーマルオーダーをプレイする際、ドロップから別名のノーマルオーダーを1枚バインドし、魔合成できる。(コストを合計し、効果を後ろに追加する!)

グレイヴ=ゾルガの効果を見てると、

  • パワーをもうちょっと上げたい
  • 展開効果が欲しい
  • コストがカウンターブラストで強いオーダーが欲しい

って思ったんですが、「混濁の瘴気」はなんか全部満たしててびびってます。

 

永続効果で前列に+5000なので、グレイヴ=ゾルガのものと合わせて前列が+10000に。これもう悲嘆と絶望でしょ。

おまけのように1体コール。こっちは後列の展開に当てたいですね。前列は「彷徨の獄竜」が勝手に出てきてくれますし。

今までのゾルガはパワーアップを「悲嘆と絶望、そして拒絶」に頼っていたので、オーダーを使う時にはパワーアップさせたいユニットを呼んでおかないといけませんでした。

 

でもこれからは違いますね。

グレイヴ=ゾルガも「混濁の瘴気」も、ヴァンガードにリアガードをパワーアップさせる効果を与えるというものなので、後から出てきたやつも問題なくパワーが上がります。

 

「彷徨の獄竜」はオーダーを使い終わったタイミングで出てくるので、「悲嘆と絶望、そして拒絶」でパワーを上げられなかったんですよね。

なのでパワーを確保しようと思うとあらかじめ後列にユニットを呼んでおかないといけなくて地味に面倒でした。

 

その辺が改善されて、好きなタイミングでユニットを展開できるようになったのは大きな強化ですね。

グレイヴ=ゾルガと「混濁の瘴気」、2つのパワーアップ効果のおかげで今までのゾルガと変わらないパワーを出しつつも盤面を作りやすくなったんじゃないかと思います。

 

後列を呼びたい復活効果

「混濁の瘴気」はグレード3以下と広い範囲でユニットを呼ぶことができます。

前列は「彷徨の獄竜」が勝手に出てきてくれるので、後列を呼びたいところ。

 

グレイヴ=ゾルガと「混濁の瘴気」で前列が+10000されることを思うと「彷徨の獄竜」は自身の+10000と合わせて合計でパワー25000。

適当にパワー8000のグレード1を呼ぶだけでも33000ラインが作れます。

 

呼ぶ候補は色々ありますね。

まず安定の「鬼首狩り」。

ほぼパワー13000になってくれるので「彷徨の獄竜」と組ませるとお手軽にパワー38000まで伸ばせます。

コスト軽減はオーダーで呼ぶ際には役に立ちませんが、素引きした時に出すと良い感じに軽減してくれます。たぶんグレイヴ=ゾルガを使う場合はカウンターブラストがコストのオーダーが多くなりそうですし、「鬼首狩り」の出番もまだあるんじゃないかと思っています。

 

ていうかパワーを出すには一番ピッタリだと思います。+5000されるグレード1って色々いますが、魔合成するタイミングだと「鬼首狩り」が一番お手軽です。

 

序盤に寄せるなら「共謀怪人 アドマンティス」かな。

こっちは魔合成する前でも+5000できるのでとても速い。

グレード2以下の段階からガンガン攻めるデッキにはうってつけです。

 

新顔で密かに期待しているのが「粘糸怪人 アクチアスティッキー」。

いらないユニットを手札に変えつつパワーを上げられます。

「彷徨の獄竜」との相性が良いですね。

「彷徨の獄竜」は登場ターンが終わればただのパワー5000。インターセプトで場を開けることもできません。

上書きすればドロップにまた落とせますが、ちょっともったいない。

アクチアスティッキーなら場に残った「彷徨の獄竜」を処理してドローできます。「彷徨の獄竜」は自力で勝手に戻ってきてくれるからお得感がハンパないですね。

 

次のターンのことを考えると「混濁の瘴気」の復活効果でアクチアスティッキーを呼ぶのもありな気がします。

 

変わったところでは「貪りの乱鴉」も面白そう。

今まではオーダーを捨ててまで1ドローしたいか?って感じでしたが、グレイヴ=ゾルガがドロップからオーダーを回収できるので、オーダーを手札に残しておく必要がなくなりました。

これでガード値を稼ぎに行くのも悪くは無さそうです。

 

後列の選択肢はわりと豊富。加えてグレイヴ=ゾルガの性質上デッキに入れるオーダーの枚数を減らすことも考えられるので、今まで以上にユニットの力を借りることができそうですね。

 

まとめ

「混濁の瘴気」についてでした。グレイヴ=ゾルガとの相性がかなり良さげ。

フェスティバルコレクション2022は既存軸の強化に当ててくれるんでしょうか。なんか去年のフェスティバルコレクションが再録ばっかりでほぼ印象に残ってないんで今年のやつはかなり楽しみですね。

他の国家にはどんな強化が来るのか気になるところです。

POSTED COMMENT

  1. 匿名 より:

    Vに効果を付与するというオーダーはドラエンにありましたが、今回ゾルガにも与えられましたね。
    これ、オーダーで連パンできるカードが来るということなのではと期待しています。
    なんだかんだかなり強い強化来ててワクワクしますねゾルガ。
    しばらくは今日のカードが楽しみです。

    • shinpei より:

      コメントありがとうございます。
      ここに来て永続効果によるパワーアップが増えたのは嬉しいですね。「彷徨の獄竜」の使いやすさが増した気がします。
      バトルフェイズ中に出てきたやつにも対応するので、4回以上の攻撃ができるような強化を期待したいところです。
      そうすればインレットパルスを使ってソウルにも余裕ができそうですし、夢が広がります。
      フェスティバルコレクションでこんな良い感じの強化が来るなんて思ってなかったんで今後が楽しみです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA