デュエルマスターズ

続・ロマノフサインデッキレシピ紹介【デュエルマスターズ】

おはようございます。しんぺいです。

ロマノフサインデッキを改造しました。

前回公開したデッキレシピの課題を改善することを目標に組み直しています。

アタッカーが増え、苦手なクリーチャーへの対策もできる感じにして割と良い感じになったので紹介していきます。

 

ロマノフサイン デッキレシピ

勇愛の天秤 2

リロード・チャージャー 4

ボーンおどり・チャージャー 4

温泉湯あたり地獄 2

ルソー・モンテス/法と契約の秤 4

インフェルノ・サイン 1

煉獄と魔弾の印 4

魔狼月下城の咆哮 3

マッド・デーモン閣下/デーモン・ハンド 2

邪眼皇ロマノフⅠ世 4

邪眼教皇ロマノフⅡ世 3

”轟轟轟”ブランド 4

ボルメテウス・ホワイトドラゴン/ボルメテウス・レジェンド・フレア 2

メガ・マナロック・ドラゴン 1

 

前回の課題と改善

前回のロマノフサインってどんな感じだった?って人は下記記事をご参照ください。

【デュエルマスターズ】赤黒ロマノフサイン デッキ紹介【デッキレシピ付】今回はロマノフサインデッキの紹介です。 ロマノフサインは「邪眼皇ロマノフⅠ世」をメインにしたビートダウンデッキですが、かなり古いデッキにも関わらず、呪文を扱う特性から日々進化を続けています。 ここではデッキレシピと共にロマノフサインデッキを紹介していきます。...

 

簡単に言うと、2つの問題がありました。

  • アタッカー不足
  • 苦手なクリーチャーへの対策が無い

 

スピードアタッカー持ちクリーチャーの採用

前回のデッキレシピではスピードアタッカーが少ない状態でした。

「煉獄と魔弾の印」で復活させるクリーチャーにはスピードアタッカーが与えられるので問題ないですが、「ルソー・モンテス/法と契約の秤」や「インフェルノ・サイン」を唱える時はそうもいきません。

 

ロマノフサインは強力なクリーチャーを「煉獄と魔弾の印」によってスピードアタッカー付きでガンガン復活させて攻めていくデッキなのですが、あまりにもそれに寄ってしまうと「法と契約の秤」や「インフェルノ・サイン」で復活させたときに攻められなくなってしまいます。スピードアタッカーが付きませんから。

 

なのでスピードアタッカー持ちのクリーチャーを増やすことで、「法と契約の秤」や「インフェルノ・サイン」を唱えても攻撃に移ることができるようにしました。

 

実際何をしたかというと、前回のレシピからは

  • 「轟改速Xワイルド・マックス」「阿修羅ンチュラ/傀儡が来る!」をOUT
  • 「”轟轟轟”ブランド」を入れるIN

としています。

 

スピードアタッカー持ちアタッカーの枠に「轟改速Xワイルド・マックス」を入れていましたが、手札破壊が役に立つ場面があまり無かったので抜きました。

ほとんどがシールドをブレイクしに行くときの手札破壊なので、手札破壊の強みを活かしにくかったですね。

 

代わりに「”轟轟轟”ブランド」を採用。

スピードアタッカー持ちとしては破格のスペックの高さで、

  • アタッカー
  • 除去
  • ドロー
  • 自力でのコスト踏み倒し

とやれることがめちゃくちゃ多いので、思った以上に便利でした。

 

この辺りはロマノフサインに轟轟轟ブランドを入れてみたらめっちゃ便利だった【デュエルマスターズ】でも書いていますので良かったら見てみてください。

 

「”轟轟轟”ブランド」は便利過ぎてフル投入したくなったので、「阿修羅ンチュラ/傀儡が来る!」も抜きました。

入れる前はかなり期待していましたが、スピードアタッカーを持たない、攻撃時効果持ちクリーチャーはどうしても使いにくいという印象でしたね。

 

ただアタッカー不足問題は「”轟轟轟”ブランド」のおかげでかなり改善されました。

  • 「法と契約の秤」「インフェルノ・サイン」で出せるスピードアタッカー
  • マスターG・G・Gによる自力でのコスト踏み倒し

によってかなり場に出やすいのでおすすめです。

 

苦手なクリーチャーへの対策

前回のロマノフサインでは苦手なクリーチャーへの対策がほぼされていませんでした。

ロマノフサイン、メタ引っ掛かりすぎ問題【対策しよう】にも書きましたが、ロマノフサインはあらゆるメタカードに引っ掛かります。

 

とりあえず僕が周りでよく目にするものだけでも

  • 異端流しオニカマス
  • デスマッチ・ビートル
  • 奇石ミクセル
  • ポクチンちん

と、かなりいます。

 

特に「異端流しオニカマス」は選ばれない能力を持っているので、対策必須です。普通の除去呪文では対処できません。

 

そこで今回は

  • 「ボルメテウス・ホワイトドラゴン/ボルメテウス・レジェンド・フレア」
  • 「温泉湯あたり地獄」

を採用することにしました。

 

対策のメインとしては「温泉湯あたり地獄」。

コスト3以下を全て破壊できるので、選ばれない「異端流しオニカマス」と言えども破壊できます。

 

パワー2000以下を全て破壊する「ゼンメツー・スクラッパー」と少し迷いましたが、「デスマッチ・ビートル」を破壊できる点を重視して「温泉湯あたり地獄」を選びました。

ここら辺は周りでよく遭遇するデッキによって変わってくるでしょう。

 

 

「ボルメテウス・ホワイトドラゴン/ボルメテウス・レジェンド・フレア」は「異端流しオニカマス」の対策とアタッカーを同時にこなせます。

「ボルメテウス・レジェンド・フレア」が6コストと重いので、即座に「異端流しオニカマス」や「奇石ミクセル」を退かすのに使うのは厳しいですが、「邪眼教皇ロマノフⅡ世」の効果で打てるのはなかなか貴重。

 

相手の場に「異端流しオニカマス」などがいる場合でも、

  • 「邪眼教皇ロマノフⅡ世」を「インフェルノ・サイン」で出す
  • 「邪眼教皇ロマノフⅡ世」の登場時効果で5枚デッキの上から墓地に送り、「ボルメテウス・レジェンド・フレア」を使用

なんてことも期待できます。

 

結局「異端流しオニカマス」などの効果は受けるものの、除去はできるので少しは動きやすくなるでしょう。

 

「煉獄と魔弾の印」の効果で「ボルメテウス・ホワイトドラゴン」を出すのも強力。

スピードアタッカーを得るので相手のシールドを即座に焼却しにいけます。

 

「温泉湯あたり地獄」をフル投入するのも怖かったので、枚数を減らしつつ「異端流しオニカマス」の対策ができるカードを探していたところ、除去としてもアタッカーとしても活躍できそうな「ボルメテウス・ホワイトドラゴン/ボルメテウス・レジェンド・フレア」を選んだという感じです。

 

その他の調整

アタッカーや対策カードに枠を割いた都合上、

  • 「勇愛の天秤」
  • 「マッド・デーモン閣下/デーモン・ハンド」

を減らすことに。

 

シールド・トリガーが減るのは怖いですが、その分攻撃しやすくなっているのでデッキとしては使いやすくなっています。

 

あとは「メガ・マナロック・ドラゴン」を入れてみました。

殿堂入りかつ火文明のカードなのでサーチ手段も一切なく、引くか引かないかの勝負になりがちですが、さすがに強いです。

 

ただ出すだけでも強いのはもちろん、「煉獄と魔弾の印」の効果で出せば登場時と攻撃時の2回効果が使えます。

2色デッキ相手でも4マナ縛れるので、出せれば相手の行動を大きく妨害できます。

4文明デッキ相手に「煉獄と魔弾の印」使って出し、8マナ縛れた時は「やっぱこいつやべえな・・・」ってなりました。

5文明デッキ相手なら最大10マナ縛れますね。やばい。

 

ただ引くか引かないか運次第なところがあるので、他の動きを安定させるのを優先して抜く可能性もあるかもしれません。

 

まとめ

ロマノフサインデッキを改造してみました。

個人的にハマったと思ったのは「”轟轟轟”ブランド」。

やはり単体でできることが多いカードは強いですね。

前回のデッキレシピよりも格段に攻撃力が上がったような感じがします。

メタクリーチャーへの対策はもう少し練る必要があるかもしれませんが、しばらくはこんな感じで試してみようかなと思います。

 

※2019年4月29日追記

思い切って5色にしてみました。多色カードのパワーの高さもあって思っていたよりかなり戦いやすいです。

詳細はこちら。

5色ロマノフサインを作ってみた【デュエルマスターズ】今回はデュエルマスターズの5cロマノフサインデッキについて紹介していきます。ロマノフサインで5色って最近あんまり見ないですが5色のカードパワーも相まってかなり強力ですのでぜひ試してみてください。デッキレシピもあります。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA