VGカード紹介

強化っていうか狂化 アルボロス・ドラゴン”聖樹”について【ヴァンガード】

おはようございます。しんぺいです。

今回は「アルボロス・ドラゴン”聖樹”」について。

「The Mysterious Fortune」に収録されるネオネクタールのVRですね。

プラント・トークンを伸ばしてきた感じの強化になります。もうやばそう。

それでは効果を見ていきましょう。

 

アルボロス・ドラゴン”聖樹”の効果

アルボロス・ドラゴン”聖樹”

グレード3 パワー13000 ギフトアイコン:フォース

ネオネクタール フォレストドラゴン

【永】【V】:あなたがコールするプラント・トークンはグレード0/パワー10000/シールド10000/クリティカル1、『ブースト』と『インターセプト』を持ってコールされる。

【起】【V/R】【ターン1回】:コスト【リアガードを1体退却させる】ことで、プラント・トークンを2枚までリアガードサークルにコールし、あなたのリアガードが5枚いじょ言うなら、そのターン中、このユニットのパワー+10000。

 

暴走闘君

これは違うトークン。

 

 

強化プラント・トークンのコールが可能になりますね!

普通のプラント・トークンに比べるとパワーが5000上がって、10000シールドのインターセプト付き。

ほいほい出せるトークンのコストの軽さを考えると破格のスペックと言えるでしょう。

 

個人的にはインターセプトできるようになった部分に注目したいところ。

最近ぬばたま組んでイビルデコイ・トークンを使っているのですが、トークンでインターセプトができるのマジで便利です。ガードするのに手札減らんので。

 

元々プラント・トークンのコールで手札が節約できて守りの固めなデッキでしたが、場のトークンでガードもできるようになったしシールド値も10000あるしでかなり固くなりそうですね。

 

さらにパワー10000で攻撃も充分。

割とマジで隙が無いんじゃないかなって思います。序盤から出されたらたまったもんじゃありません。

 

強いて言うならパワー10000のトークンは攻撃するには充分ですが、パワー的には普通。あんまり手札を削れる数値では無いですね。

まあでも序盤なら充分だと思います。

序盤はインターセプト要員として攻めつつ、後半は後列に出してブーストしていきましょう。

 

前列要員にはパワー高いやつも多いので、良い感じに攻められそうですね。

本当に攻守隙が無いな・・・。

 

プラント・トークン呼び出し

リアガード1体の退却でトークン2体の生成。ありがたい効果です。

プラント・トークン強化とかみ合っていますし、せっかく「アルボロス・ドラゴン”聖樹”」出してるのにプラント・トークン出せない・・・なんてこともありません。

 

さらにトークン生成後にリアガード5体いれば自身のパワー+10000。

強化プラント・トークンのブーストで33000まで出せますね。そうなればパワーも良い感じに出せます。

ここまで出せるならフォースⅡ使っていくのもありかもしれませんね。

 

ちなみにこの効果、なぜかリアガードでも使えます。

パワー+10000できるのは強いし、プラント・トークンで手数も増やせるのでなかなか便利ですね。

わりとリアガード要員として使うのもありな効果。

最近はリアガードでも使えるヴァンガード要員が増えていますね。安定感あるしそういうのは結構好きです。イルミナルドラゴンとか。

 

まとめ

全体的にかなり使いやすそうなユニットですね。

特に先攻でも全力を出せるのが良い。プラント・トークンは序盤で強いし、かなりかみ合ってる気がします。

プロテクトばっか使ってるせいかパワー10000ってかなり強いと思うんですよね。

それが序盤からワラワラ出てくるようになるし次のネオネクタールはなかなか脅威になりそうな予感。。。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA