VGカード紹介

なかなか後輩力の高いアルトマイル【ヴァンガード】

おはようございます。しんぺいです。

今回はアルトマイルについて。

週ヴァンにて、アルトマイルの効果が遂に判明しましたね。

クロノジェットやアーシャと同じく、リメイクが待ち望まれていたカードでしょう。

ようやく効果が判明したアルトマイルですが、そこかしこにインフレの波を感じる・・・。何かシンプルに強くない??

というわけで今回はアルトマイルについて見ていこうかと思います。

 

青天の騎士アルトマイルの効果

青天の騎士アルトマイル

グレード3 パワー13000 ギフトアイコン:フォース

ロイヤルパラディン ヒューマン

【永】【V/R】:あなたのターン中、あなたの表のダメージゾーンが無いなら、このユニットのパワー+15000。

【起】【V】【ターン1回】:コスト【カウンターブラスト1、手札を1枚捨てる】ことで、あなたの山札からグレード2を2枚まで探し、公開して手札に加え、山札をシャッフルする。

 

雑なパワーアップに隠れた謎の条件

パワー上がるだけと言えば上がるだけですが、色々と気になるところがあります。

なんか普通にパワーアップ値がでかい。+10000くらいならよく見ますが、+15000ってそんなホイホイやるもんでしたっけ??

あ、でも直近だとコーラルもそんな感じだったような気がする。

パワーアップ以外に何もしていないとはいえ、何のコストもなく条件満たすだけで良いってのがインフレを感じさせます。オバロなんかコスト払って+10000やぞ。

素でパワー28000に到達できるのはかなり偉いと思います。これはフォースⅡ適正あるのでは???

 

 

あと気になるのが、ダメージゾーンに表のカードが無いならパワーアップって割と珍しい感じですね。

ダメージゾーンの表のカードはコストを払っていけば裏になっていくので、特別厳しい条件では無さそうです。特にダメージゾーンの枚数自体が少ない序盤なんかはほぼ満たせることでしょう。

アルトマイル自身もカウンターブラスト使う効果持っていますし、多少は調整できそうなのも良いところ。

 

これって勇敢意識なんでしょうかね。

勇敢は手札3枚以下で発動する効果でしたが、さすがに条件が厳しい。ということでスタンダード的に勇敢をリメイクした、とかだったらなんか嬉しかったりします。

ダメージゾーンが全部裏って普通に考えるとコスト枯渇してるってことなので、勇敢と同じく逆境で発動する効果を表しているのかもとか思ったり。

 

それこそ攻める時には全てのコストを使い切って、みたいな感じだと雰囲気が勇敢に近くて好きです。

「クロノジェット・ドラゴン」もそうでしたが、Gのユニット達は良い感じに元の雰囲気を残してリメイクしてくれているような気がします。

 

サーチってこんな簡単だっけっていう感じの効果

カウンターブラスト1と手札1枚で、デッキからグレード2を2枚持ってくる効果。

雑に強くない? ヴァンガードってサーチが少ない印象でしたが、ガッツリ手札に持ってこられます。

 

スタンダードって「手札から登場した時に発動する効果」がちょいちょいいるので、正直スペリオルコールよりもサーチの方がはるかに嬉しい感ある。

 

2代目ロイヤルパラディンって感じのカードだからか、先輩とかなり相性が良い模様。

グレード2なら何でも良いので「ブラスター・ブレード」みたいなデッキのキーカードでも良いし、「真理の騎士ゴードン」みたいなサポート系のユニットも入れやすくなります。

あれ、もしかしてアルトマイル君かなりできる後輩では・・・?

 

初回ライドして「ブラスター・ブレード」とかサーチしといて、次のライドで「孤高の騎士ガンスロッド」とかに繋げられるとかなり安定しそう。

アルトマイル自身リアガードでパワー28000出せて最悪アタッカーに出来るからサブヴァンガードとしてかなり良さげでは。元々先攻で初回ガンスロッドにライドってそこまで強くなかったしちょうど良さそうです。

 

かなり後輩力高いですが、自身をメインにしたデッキでも良い感じの効果してますね。

サーチ先にコストを消費するやつを選んでおけばダメージゾーンを全部裏にしやすいですし、反対にダメージゾーンが全部裏になるなら、コスト使わないやつを持ってこればいい。

 

ダメージゾーンが全部裏って言う条件を満たそうと思うと、コスト使うやつをいっぱい入れたくなるんですが、そうすると逆にダメージゾーンが全部裏になった後はやることなくなるっていうジレンマが。

アルトマイルはサーチが出来るおかげで、コストを使うやつを使わないやつ、状況に応じた方を持ってこられるのでかなり便利な感じです。

 

自身のスペックも高く、今までのカードもサポートできる。本当に良い感じのカードだと思います。

 

ちなみに同じく公開された「絶剣の騎士リヴァーロ」も良い感じですね。

絶剣の騎士リヴァーロ

グレード2 パワー10000 シールド5000

ロイヤルパラディン ヒューマン

【自】【V/R】:手札から登場した時、コスト【カウンターブラスト1】することで、あなたの山札からグレード2を1枚まで探し、ユニットのいないリアガードサークルにコールし、山札をシャッフルする。あなたの表のダメージゾーンがないなら、このコストは『ソウルブラスト1』でも払える。

意味分からないくらい便利なスペリオルコール効果を持っています。

ライド時でも使えるし、コスト軽いし、何ならコストが無いなら代わりのコストでも払えるという便利さ。

割とマジで結構なスペリオルコール効果持ちを過去にしていると思われます。

 

とりあえず僕はまずこいつが思い浮かびいました。

リヴァーロはミスリルよりもパワーが高く効果のコストも軽いとほぼ上位互換。強いて言うなら確実にソウルを吐ける点と上書きスペリオルコール可能な点はミスリルの方が上回っていますが、現状だからどうした感。

元々「ミスリルの召喚術師」は出番が少ないカードですが、いっそう少なくなりそうです。リヴァーロ君はもうちょっと先輩を立てた方が良い・・・。

 

色んな意味でアルトマイルは優秀なカードですね。本格参戦が楽しみです。

 

まとめ

アルトマイルとリヴァーロの紹介でした。

しかしGのユニットが登場とスタンダードも新たな局面に向かっているからか、効果のインフレを感じさせますね。アルトマイルにしてもリヴァーロにしても。

どっちもトライアルデッキのカードながら長く使われそうな雰囲気を感じます。

アルトマイルは特に今後が楽しみですね、ダメージゾーンの表のカードを無くすという新たなコンセプト。ぜひスタンダードでも逆境でこそ輝くような感じのデッキになって欲しいです。

POSTED COMMENT

  1. 似鳥 より:

    アルトマイルの+15000は超越意識の数値だと思います。リアでも上がるのは完全にインフレしてますけど

    • shinpei より:

      コメントありがとうございます。
      確かに+15000ってGユニットによるパワー増加と同じですね。気付かなかった……
      そう考えるとG期のユニットってかなり元のイメージを保とうとしてて好感が持てます

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA