ヴァンガード

スタンダードの思い出を振り返っていく-2018年編-【ヴァンガード】

おはようございます。しんぺいです。

今回はスタンダードの思い出を振り返っていくことにします。以前コメントで頂いたネタに乗っかっていくスタイル。ネタの提供本当にありがとうございます。

実を言うと頂いたネタは「スタンダードの環境変遷」だったんですが、僕があんま大会出てなくて環境を語れないのでやめました。書けないこと書こうとしても仕方ないんでね。そこはご要望に沿えなくて申し訳ないと思っています。

 

代わりに似たような方向性としてスタンダードを振り返っていくことにしました。

2018年5月からスタートしたスタンダードですが、早くも2年以上経ってますね。そろそろスタンダード初期も懐かしくなろうというところなので、ここらで一つ振り返っていきましょう。

区切りが良さそうなので1年ずつ区切っていきます。今回は2018年5月~2018年12月まで。というわけで始めていこうかと思います。

 

2018年3月 スタンダード爆誕

商品展開的にはスタンダードがスタートしたのは2018年5月ですが、情報が出たのは3月でしたね。

【ヴァンガード】イマジナリーギフトなどの新システム公開! 新情報の5つのポイントを紹介今回は2018年3月14日のカードファイト!!ヴァンガード新シリーズ制作発表会で発表された情報をまとめていきます。 新システムの公...

この頃はGユニットにどっぷり浸かっていたので、いきなり出てきた新情報に頭が追い付かなかった覚えがあります。

スタンダード?? Gユニット無くなる⁇ ギフトって何⁇

みたいな感じ。

 

特に3月ってG期最後のバミューダ△パック発売があったうえに、まだそのパック出てない頃にこの情報が出たもんですから、バミューダ△使い的にはちょっとかわいそうだったと思います。

 

いうて僕も2月に出たパックでダークイレギュラーズがかなり良い感じで、G期を楽しんでたところにこの情報ですからそれなりにショックを受けた記憶があります。

 

まあそれも少しの間で、情報が出てくるにつれて「確かに最近のヴァンガードややこしすぎるしここらでシンプルにやり直すのも良いのかな」って気分になってきました。

 

しかしここから2ヶ月待たされるのもなかなかつらいものがある。

特にいったんリセットされる都合上、全てのクランがゼロからの収録になるので、使うクランによっては2ヶ月じゃ効きませんね。

幸い僕はお気に入りクランの1つであるメガコロニーの収録が6月だったのでまだマシでした。

 

とにかくここからしばらくは待ちの期間でしたね。

 

2018年5月 スタンダード開始

2018年5月。トライアルデッキ「先導アイチ」「櫂トシキ」発売。その後ブースターパック「結成! チームQ4」も発売されました。

収録クランはロイヤルパラディン、かげろう、オラクルシンクタンク、ノヴァグラップラー。

 

スタンダード初パックなので大注目・・・と思いきや、なんかそんなにだった記憶。たぶん、4クランしかないからだと思います。

ポケモンみたいに全クランスタートデッキとか出してたらまだ変わってた可能性あるのかな。知らんけど。

○○のクラン出てないからまだいいや、みたいな話をずいぶん聞いた覚えがあります。

 

ちなみに僕はというとノヴァグラップラー組んでました。我慢できんかった。

友達がかげろう組んでたんでもっぱらかげろうと組んでたんですが、フォースのパワー13000の固さを思い知らされる羽目に。フォースアクセルプロテクトの関係ってよく出来てんなあと思ってましたね。

 

まあ僕にとっての本番は6月からなんで・・・。

 

2018年6月 謎の3クラン参戦

6月には「The Destructive Roar」が発売。スパイクブラザーズ、たちかぜ、メガコロニーが参戦しました。

ていうか今だから言いますけど、なんでこの3クランこんな早いんだって思った人絶対多いでしょ。

自分メガコロニー使っといてアレなんですが、明らかにこの3クラン使い手少ないと思うんだよなあ。

 

まあそれはそれとしてメガコロニーを組んでプロテクトを使い始めることに。フォース相手だとマジで強く出られたんでますますじゃんけんっぽくなる。

ちなみにこの辺りで大会にちょろっと出たんですが、たちかぜにボコられました。アクセル強いって・・・。

 

というか相性抜きにしてもこの時期のたちかぜは妙に強かった覚えがあります。ギガレックス、お前は強いよ。

パワー高いし攻撃回数多いしでたちかぜ強いなってなりました。フォース乗り越えられるパワーを出せるならアクセルはどっちにも強く出られるってことですし。

予想外に来たたちかぜ使いの春。たちかぜカッコいいから許すけど。

 

2020年7月 ついにアクアフォースが登場

7月には「アジアサーキットの覇者」が発売。3つ目の弾にして通常ブースターよりエクストラブースターの方が多いという謎の事態に。この辺の基準はよく分からない。

 

アクアフォースが参戦ということでここで結構盛り返してた印象があります。やっぱりアクアフォースは人気。

僕としてはグランブルーの参戦が激アツでしたね。ていうかこれもプロテクトかよってなった思い出。

 

グランブルーの目玉は「魔の海域の王 バスカーク」。超初期にお世話になったユニットにまたお目にかかれるとは思ってませんでした。リメイク路線にちょっと感謝。

この頃のグランブルーはわりと強かったですね。なんか若干ロイヤルパラディンの上位互換みたいになってて笑った。

スタンダード初期ってカードパワーのインフレを抑えることを意識してたのかやたら効果が控えめだった覚えがあります。それまでG期のぶっ壊れ効果に慣れてたからなおさら。

 

それだけにヴァンガードの効果が安定してると戦いやすい。継続的に1体呼び出せるのは結構ありがたかったです。

でもパワーラインのタガが外れてたのはスタンダードかな。「不死竜 スカルドラゴン」の効果はさすがに二度見した。

ドロップ1枚につき+2000はなかなかイカれてる。なんなら今でもそう思う。

なんか、着実に今までのヴァンガードとは変わってきてることを実感してました。

 

2018年8月 おそらくスタンダード初期の本命パック

8月には「最強! チームAL4」が発売。収録クランはシャドウパラディン、ダークイレギュラーズ、ペイルムーン、むらくも。

人気どころを抑えてるだけあってここで一気にスタンダード始める人が増えた印象です。この辺で周りが復帰してきた覚えがある。

やっぱシャドウパラディンはでかいと思う。あれの人気は異常。

 

僕的にはダークイレギュラーズの収録がウルトラ楽しみでした。

「ノーライフキング デスアンカー」がいい効果してて嬉しかったですね。やっぱVスタンドは正義。ダークイレギュラーズにいきなりこんなのくれると思ってなかったです。

でも強さ的には微妙な感じ。爆発力が高いクランって感じなので、事故ると普通に負けましたね。アドバンテージを得る手段もほとんど無かったので、攻撃力は高いのに常に手札カツカツだった思い出。この辺は超初期のダークイレギュラーズをちょっと思い出しました。

 

ペイルムーンの動きがまるで意味分からなかった覚えがあります。ソウルから出たり入ったりしてきてあと何回攻撃してくるか分からん。あれ回せる人はすごい。

色んなクランが参戦してきたけど、絶対的な強クランっていなかった気がする。シャドウパラディンも強かったですけど良い感じの強さでしたし、どのクランもそこそこに強さが並んでてかなりバランス良いやんって思いました。

 

2018年9月 ミニブースター・・・?

9月にはミニブースター「相剋のサイクオリア」が発売。謎の100円ブースターでした。

100円ブースター自体はかなり良かったのに、収録クランがもう初収録を済ませてるロイヤルパラディンとかげろうだったり、1パック2枚しか入ってないからあんまりカード集まらなかったり色々と謎だったブースター。アニメの展開に合わせようとするとこうなるのかって悟った。

 

ヌーベルバーグがわりと強かった思い出。エクスカルペイトは戦ったことないからよく分からん。

正直そこまで語れるところがなかったりする。

 

2018年10月

10月には「ULTRARARE MIRACLE COLLECTION」が発売。エンジェルフェザー、ネオネクタール、ゴールドパラディンが参戦しました。

どれも組んでないから戦った側の目線なんだけど、このパックのクランはだいぶ強かった思い出。

 

ネオネクタールはプラントトークンの強さがハンパない。序盤はトークンで殴ってきて終盤はめっちゃパワー上げてくる。

 

エンジェルフェザーは当然のように回復してくるのがヤバいと思った。スタンダードって変なところで頭のネジ飛んでる気がするわ。G期ですら回復ってほとんど無かったのに。

特に僕は当時ダークイレギュラーズを使ってて常にデッキ切れにおびえてたもんですから、エンジェルフェザーと当たった時の絶望感と言ったらなかったですね。

メタトロンに4回ライドされて4点回復された時はさすがにキレそうでした。

 

ゴールドパラディンはブレーキどっかに忘れてきたのかな?って感じの速さ。スペリオルライドからいきなりアクセルギフト得てくるのにはビビりましたね。

展開したらしただけ手札が切れるのが唯一の救い。なんだけどそれは後に解消されることとなる・・・。

 

インフレの片鱗を感じた弾。正直そういうのは2週目以降にしてくれって思った。

 

2018年11月

11月は「The Answer of Truth」。収録クランはギアクロニクル、ジェネシス、グレートネイチャー。

G期の主役ギアクロニクルが登場ということもあって注目されてた感。

フタを開けるとデッキの顔となるグレード3は誰こいつ?っていうドラゴンがいて肩透かし食らってた感がハンパなかった。

一番面白かったのが初出のこのカードに、リメイク前の絵柄で収録されるオリジンレアが設定されてたこと。リメイクもクソもない。

 

とまあ前評判はそんな感じですが、デッキとしてはそんなに悪くなかったと思います。Gユニットのいないスタンダードで超越をどうにかして再現しようとしたのは良かった。事故りやすいのが玉に瑕。

 

ちなみに僕はこの弾でグレートネイチャーを作ることに。3ヶ月くらいヴァンガード買ってなかったからなんか作りたくなってしまった。抽選能力が思った以上に肌に合わなくてすぐに崩してしまったけど。

 

ていうか6,7,8月で好きなクラン全部来てしまったからしばらく暇になること確定してた。どうしようもないけど、こういうところスケジュールの運の無さを恨みます。3回に1回くらいの収録になるくらいが個人的にはちょうど良い。

 

2018年12月

12月には「宮地学園CF部」が発売。ロイヤルパラディン、ゴールドパラディン、なるかみ、ぬばたま、オラクルシンクタンクですね。

 

なるかみとぬばたまが新規登場。ぬばたまを組んだ。「隠密魔竜 マガツストーム」の動きがめっちゃ好き。

戻して出して連続攻撃が楽しい。ぬばたまの効果だと残影が好きなんですよね。

攻撃するだけしてササっと手札に戻っていくのめっちゃ忍者っぽい。

 

この辺からちょいちょい2週目強化クランが来てますね。ほぼほぼ1周してきたから当然なんだけど、1周目クランと2周目クランの差が思ったより開かなかったのは救いでした。

なんか昔のヴァンガードは強化来てるクランと来てないクランの差がそれはもう果てしなくて、強化来てる同士じゃないと話にならないくらいだったんですが、スタンダードはその辺の匙加減に気を配ってたのかなって印象。

 

どのクラン使っててもそこそこ戦えたんでスタンダード結構好きでした。致命的な妨害もないし。

この調子で進むかと思いきや・・・。

 

まとめ

というわけで2018年のまとめでした。

色んなことがありましたが、2018年は調整期間って感じが凄かったですね。さすがに全クラン揃うまではそれも仕方なしって感じかもしれませんが。

その影響かどうかは知りませんが全体的にバランス良かった印象があります。まあどれも1周目と思えばそれもそうかって感じですが。

 

しかし次は2019年編を書こうかと思ってたんですが、今回でもわりと長くなったんで前後編に分けようかな。まあたまにこういうこと書いていくので次回もどうぞよろしくお願いします。ちなみに次回は未定です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA