遊戯王

制限改訂とか最近の感想とか やっぱ遊戯王はおもしろい【遊戯王】

おはようございます。しんぺいです。

遊戯王の制限改訂が来てますね。

正直なところ、ここ何年か遊戯王はロクにやってなくて、最近ちょろっとまた遊び始めたレベルなので情報をほとんど追いかけてない。なので制限改訂めっちゃ急に来るやんとか思ってたんですが、最近ちょっと遊んでるだけあって内容は割と気になります。

というわけで今回は遊戯王の制限改訂について。と言っても特に環境とか語れるわけでもないんで最近の遊戯王の好きなところとかを交えながら書いていくことにします。

 

今回の制限改訂について

とりあえず内容だけざくっと書いておきます。

禁止

  • トーチ・ゴーレム(制限→禁止)

制限

  • ダイナレスラー・パンクラトプス(準制限→制限)
  • 天底の使徒(準制限→制限)
  • レッド・リブート(準制限→制限)
  • ファイアウォール・ドラゴン(禁止→制限、エラッタ)

準制限

  • ジャンク・スピーダー(制限→準制限)
  • ゼンマイマジシャン(制限→準制限)
  • 氷結界の虎王 ドゥローレン(制限→準制限)
  • 呪われしエルドランド(無制限→準制限)
  • 暴走魔法陣(無制限→準制限)

制限解除

  • ダーク・グレファー(準制限→無制限)
  • 魔界発現世行きデスガイド(準制限→無制限)
  • 化石調査(準制限→無制限)

 

気になる改訂 天底の使徒の制限について

とりあえず僕が一番気になる制限改訂と言えば、「天底の使徒」の制限です。

最近遊んでる遊戯王のデッキはジェネレイドなんですが、そこにドラグマを入れてるんですよね。

メインデッキでかなり戦えるジェネレイドはエクストラデッキを使いつぶすドラグマと合わせやすい。なんか大会で結果を残してるくらいらしいですが、試してみるとやっぱり戦いやすかったりします。

 

というわけで僕のジェネレイドデッキには「天底の使徒」も入ってるんですが、あっさり制限になってしまいました。まあ自分で使ってても強いなこれって思うし仕方ないとは思います。

 

なんか「天底の使徒」、というかドラグマのギミックって結構ぶっ壊れてません?

エクストラデッキのカードを墓地に送って効果を使う都合上、墓地で発動する効果を持つやつがかなり強くなる。

「旧神ヌトス」で除去をしたり、「灰燼竜 バスタード」で後続のサーチをしたり色々できます。

何が恐ろしいってこれがついでで出来ることですね。「天底の使徒」とかやってることはサーチで、それだけでも強いのにこうしたエクストラデッキのモンスターの効果がついでに出来ちゃう。1枚で2枚分おいしい。そりゃ強いって。

 

コンセプトからして強そうなんで、ドラグマの規制もやむなしって感じです。

一応メインデッキモンスターの「教導の聖女エクレシア」や除去カードの「ドラグマ・パニッシュメント」はまだ残ってるんで、全然戦えるとは思いますが。

「ドラグマ・パニッシュメント」もなかなかぶっ壊れてるカードですよね。対象取るモンスター除去とはいえ充分妨害カードになりますし、例によって「旧神ヌトス」なんかで追加除去できたりします。

そしてこれをデッキからサーチできる「教導の聖女エクレシア」がいるんで、まだまだドラグマは生き残れそう。僕もまだジェネレイドデッキからドラグマを抜く気はありません。

 

気になる改訂 呪われしエルドランドの準制限について

あと気になったのが「呪われしエルドランド」の準制限。

エルドリッチ系列のカードですが、これもとうとう規制がかかってきましたね。

僕、エルドリッチ好きなんですよ。ていうかアンデット族が好き。初めて買ったストラクチャーデッキは「アンデットの脅威」です。

 

というわけでアンデット族テーマであるエルドリッチも好きなんですが、デッキは持ってません。

なんか「黄金卿エルドリッチ」が高かったんで・・・。1枚1000円くらいするし他のカードも800円くらいの値段のやつがあったりするんでテーマカードが全体的に高い。集めるのに尻込みしてます。

今あんまり遊戯王にドはまりしてるわけでもないんで登場当初から買わずに値段だけ見守ってたらとうとう規制がかかってきてしまった。

 

エルドリッチもかなりテーマのコンセプトが強いと思います。メインデッキのモンスターが強いうえにモンスターカードの数が少なくても回るっていうのが良いですね。

魔法・罠にひたすらサーチが多く、エルドリッチ自身も効果によって場に出てきやすい。

強いモンスターを出すのに必要な消費が少なく、空いたスペースに汎用的に強い妨害カードを入れやすいので守りも強い。テーマ的にはかなり完成度高いと思います。

 

アンデット族って魅力的なカードが多くて、将来的には好きなアンデットを詰め込んだ最高のアンデット族デッキを作りたいなあとか考えています。実行には移ってない。

暫定メンバーは「死霊王ドーハスーラ」と「竜血公ヴァンパイア」。そして「黄金卿エルドリッチ」。

大型アンデット3体による理想のアンデットデッキ。なんか作れそうな気がする。

 

そのためにはエルドリッチ関連のカードも大いに必要なんですが、集める前に規制がかかってくるとなるとちょっとマズイ。せっかく集めたのに規制かかったみたいなのが一番悲しいです。

 

なんか環境の評判を見てるとしばらくエルドリッチは環境上位の方に位置するっぽいので、また規制かかりそうな予感もする。となるとまだしばらく様子見か?

逆に考えると規制の影響で安くなる可能性もありますし、いったん置いておこう。でもいつかは作りたいな。

 

最近の遊戯王について

最近の遊戯王について語れるほど遊んでるわけでもないけど一応語りたい。最近の遊戯王はかなり好きです。

過去テーマの再強化が多いし、キャラクターデッキも組めるようにしてくれる。新テーマも魅力的なのが多いです。

 

ようするに色んなデッキができやすくなってるのが良い。こんだけテーマがあればカジュアルなら10人集まったら全員デッキが違うとかもあるんじゃないですか。

 

あとカード効果も良いよね。なんというか、ポケモンカードに近くなってる。

ドローやサーチ、特殊召喚が豊富になってきたんで、初手で狙った盤面を作りやすくなってます。ここは好みが分かれるところかもしれませんが、僕は狙った盤面が作りやすいカードゲームの方が好きです。

 

あと一番好きなのが、過去カードの息の長さ。

インフレが緩やかなのか強化カードのおかげか生まれる時代を間違えてたのか、色々理由はありますが未だに昔のカードでも使えるのが多い。

なんか友達も今回の制限改訂で「ゼンマイマジシャンまだ使えるのやばくない!?」とか言ってました。確かにゼンマイって何年前のテーマだ。

 

スタン落ちが無いカードゲームですが、その中ではかなり良いのではないかと思います。昔のテーマが新ギミックを取り入れながら生き残るの良いよね。こういうのはスタン落ちのあるカードゲームでは見られない現象です。

 

今かなり良い感じだと思うんで、この調子で進んでいってほしいですね。僕は直近だと幻影騎士団の再強化がめちゃくちゃ嬉しかったです。

 

まとめ

遊戯王の制限改訂とその他色々についてでした。

久々に遊戯王を遊んでるけどやっぱ面白いわ。さすが国民的カードゲームなだけあります。

もうちょっと色々デッキを組んでみようかな。組みたいデッキがいくつかあるんだ。最近のデッキの組み方も勉強したいし、色々学んだら記事にしようかと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA