デュエルマスターズ

マッド・ロック・チェスターのデッキを考えてみる【デュエルマスターズ】

最近なんとかデッキを作れないかと使い道を考えてるカードがあります。

かつてプレミアム殿堂にぶち込まれた「邪神M・ロマノフ」がリメイクされました。

これで片腕を失っていたマッド・ロック・チェスターも復活。トライゴッドリンクができるようになったのがとても嬉しいです。

ただこの「極限邪神M・ロマノフ」、クセが強くて使いにくい。なのでマッド・ロック・チェスターのデッキを復活させられると言っても苦労しています。

というわけで今回はマッド・ロック・チェスターデッキのアイデアを書いていく。上手く形にしていきたいところです。

 

マッド・ロック・チェスターのデッキとは

マッド・ロック・チェスターはどういうデッキになるかと言うと、とりあえずマッド・ロック・チェスターでゴッドリンクして呪文を唱えていく感じですね。

トライゴッドリンクすれば、アタックするたびに2つの呪文を唱えられるようになります。ここら辺は前から変わりません。

 

ただ、以前と大きく異なるのはM・ロマノフが唱えられる呪文。

M・ロマノフはメテオバーンで取り除いたカードが火か闇の呪文であれば使えるというものです。進化元なのに呪文?となるわけですが、M・ロマノフはデッキをシャッフルした後の一番上のカードを進化元にするため、これで呪文を進化素材にして唱えろっていう感じですね。

ただし進化元は裏側で置かれ、攻撃時に取り除くまで確認できないのでめちゃくちゃ不安定です。これが使いにくい。

 

なので実際はツインパクトカードを使っていくことになるでしょう。

R・ロマノフとC・ロマノフは墓地進化のため、ツインパクトカードを進化元にすることで、M・ロマノフで取り除く呪文を進化元にすることができます。

R・ロマノフかC・ロマノフで進化元にしたツインパクトカードをM・ロマノフのメテオバーンで取り除いて唱えるって感じです。

 

M・ロマノフの進化元は不安定すぎて頼れないので、C・ロマノフのメテオバーンで取り除いてしまいましょう。

ゴッドリンクすれば各ゴッドの進化元を共通してメテオバーンの素材に使えるので、それで融通を利かせていくのが使いやすいはずです。

 

というわけでマッド・ロック・チェスターデッキの流れとしては、

  • マッド・ロック・チェスターのゴッドリンクを目指す
  • メテオバーンでツインパクト呪文を唱えていく

みたいな感じになるかと思われます。

 

メテオバーンで唱える呪文について

マッド・ロック・チェスターのメテオバーンで何を唱えるかを決めておくとデッキの方向性が定まるかと思います。

M・ロマノフはメテオバーンで取り除いたカードしか唱えられませんが、火か闇の呪文であればコストに関係なく唱えられます。

C・ロマノフは墓地からコスト6以下の呪文を唱えられます。唱えられる呪文は自身と同じ文明を持つ呪文なので、単体であれば闇の呪文、ゴッドリンクしていれば火か闇の呪文を唱えられるようになりますね。

 

「極限邪神M・ロマノフ」を重視するのであれば、役に立ちそうなツインパクトカードを入れておくと良さそうです。

先ほどの「ルソー・モンテス/法と契約の秤」に加え、好きなクリーチャーを出せる「阿修羅ンチュラ/傀儡が来る!」とか良いのかな。

このレベルの呪文を踏み倒せるのは「極限邪神M・ロマノフ」の良いところです。

どうぜ墓地進化を使うことから墓地を増やさないといけないので、重めのクリーチャーを入れて落としておいて「傀儡が来る」で復活させるのも悪くはなさそう。

しかしまあ、手間のかかることは間違いない。ゴッドリンク前提ですからね。

 

なんの呪文を使うにせよ、ゴッドリンクが完成してからメテオバーンを使うという順番になるので、どのようにゴッドリンクを完成させるかも念頭に入れておく必要があります。

 

どうやってゴッドリンクするか

マッド・ロック・チェスターのゴッドリンクをするには何を使えばいいでしょうか。

一応ゴッドリンクをするだけなら方法はいくらでもあります。

「邪神C・ロマノフ」からメテオバーンで適当な復活呪文を唱えるだけで、「極限邪神M・ロマノフ」や「邪神R・ロマノフ」をくっつけることができます。

この場合は3コストチャージャーから「ルソー・モンテス/法と契約の秤」で「邪神C・ロマノフ」を出せるので、結構簡単にゴッドリンクできそうです。

 

ただし、この流れだとゴッドリンクして終わりなので攻撃ターンとしてはかなり貧弱。

やはりメテオバーンで復活呪文を唱えてゴッドリンクさせるのはかなりもったいない動きな気がします。

 

理想はゴッドリンクを完成させてから攻撃に移ることですね。そうすればメテオバーンで唱える呪文を復活呪文に限らず選択肢を増やすことができます。

 

ゴッドリンクを完成させる呪文として優秀なのは「ゴッド・ゲート」でしょうか。

うまくいけばこれ1枚からマッド・ロック・チェスターのうち2体を揃えられます。6マナと重いのは難点ですが、かなりの有望株。

墓地が増えるマナブーストを絡めながら6マナ貯め、「ゴッド・ゲート」発動からマッド・ロック・チェスターのうち2体を出す。

そのままメテオバーンでトライゴッドリンクさせるもよし、「極限邪神M・ロマノフ」でデカい呪文を唱えるもよし、という感じでいけそうか。

 

デッキが必然的に火闇自然水の4色構成になるのが気になりますが、「ゴッド・ゲート」を起点にするのが今のところ一番強そうな気がします。

 

この場合、復活呪文でゴッドリンクを揃えることを考えなくて良くなるので、「極限邪神M・ロマノフ」で唱える呪文は「残虐覇王デスカール/ロスト・ソウル」などシンプルに強い呪文を使っていくのが良さそうですね。

まとめ

マッド・ロック・チェスターのデッキについてでした。

最初僕の頭の中では復活呪文でゴッドリンクさせることしか思いついてなくてどうにも弱そうだなあと思っていたのですが、「ゴッド・ゲート」の存在を思い出したのでなんかデッキになりそうな気がしてきました。

マッド・ロック・チェスターで唱える呪文をもう少し吟味すればいけそうな気がしてきたので、マッド・ロック・チェスターのデッキ完成に向けてもう少し考えていこうと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA