VGカード紹介

はむすけの学友 デカクレヨンのはむやんではむすけデッキが面白そう【ヴァンガード】

おはようございます。しんぺいです。

クランセレクションプラスのカードが公開されましたね。

「はむすけの学友 デカクレヨンのはむやん」です。学友と書いてライバルと読む。

もうすっかりクランセレクションプラス2のカード紹介ですね。ていうか1の発売まで1週間切ってるのか。いよいよって感じ。

 

クランセレクションプラスのグレートネイチャーははむすけ推しということでハム太郎世代には嬉しいのかもしれない。ハム太郎世代がこのブログの読者にどれだけいるか知らんけど。

とりあえず効果を見ていきましょう。

 

はむすけの学友 デカクレヨンのはむやんの効果

はむすけの学友 デカクレヨンのはむやん

グレード3 パワー12000 ギフトアイコン:アクセル

グレートネイチャー ハイビースト

【起】【V】【ターン1回】:コスト【カウンターブラスト2、手札を1枚捨てる】ことで、あなたの山札から「はむすけ」を含むそれぞれ別名のカードを望む枚数探し、前列のRにコールし、山札をシャッフルする。

【自】【V】:アタックしたバトル終了時、相手のヴァンガードがグレード3以上なら、コスト【手札を2枚捨てる】ことで、あなたの山札を下から1枚公開し、そのカードが「鉛筆英雄 はむすけ」なら、スタンドでライドし、そのターン中、そのユニットのドライブー1。

 

はむすけのはむすけによるはむすけのための

起動効果がなかなか豪快ですね。

カウンターブラスト2に手札1枚捨てとコストが重いものの、前列を一気に埋められます。

普通にライドしたらアクセルサークル込みで前列Rが3つのはずなので、とりあえず2アド。カウンターブラストの重さが気になるものの悪くはないのかな。

 

これで呼べるのははむすけだけなんですが、はむすけの数は増え続けてるんで妙に選択肢があったり。

でもコストが重いのがなあ。効果的にははむひことか良い感じなんですが、ここまで使えるコストがあるのか疑問。

一応新規でカウンターチャージが来ていますね。

はむすけの恩師 つけペンのはむゆき

グレード1 パワー8000 シールド10000

グレートネイチャー ハイビースト

【自】【V】:登場時、コスト【手札を1枚捨てる】ことで、あなたの山札から「鉛筆従士 はむすけ」を1枚まで探し、Rにコールし、山札をシャッフルする。

【起】【R】【ターン1回】:「はむすけ」を含むあなたのヴァンガードがいるなら、コスト【ドロップゾーンから「はむすけ」を含むカードを2枚山札の下に望む順で置く】ことで、カウンターチャージ1。

はむやんで呼んでくることは簡単なので、これ使ってコストを回復していくか。

「アフレイティッド・リーマ」に頼るのはどうなんだろう。イザベルデッキと違って確実性が無いから微妙かな。

 

単純に使うタイミングをずらすのもアリですね。

初回ライドじゃなくて、2回目のライドで狙っていく効果にも見える。

最初は「鉛筆英雄 はむすけ」にライドしてアクセルサークルを増やす。

2回目のライドではむやんにライドしなおし、起動効果を使えばアクセルサークル3つあるはずだから5体まで前列に呼んでこられますね。

もう1つの効果的にも先に「鉛筆英雄 はむすけ」を使っておきたい気もするので、はむすけデッキの詰め要員って感じなんでしょうか。初回で使っても一応腐らないのは良いところなんですけどね。それにしてはコストが重すぎな気もする。

 

充分にコストが確保出来たら、はむやんで一気に展開して各種はむすけの効果まで使っていくのが良さそう。

 

Vスタはむすけ

アタック終了時に手札を2枚捨てることで、デッキの下を公開して「鉛筆英雄 はむすけ」ならライドすることができます。

 

なかなか珍しい形のVスタンドですね。デッキの下を公開と来た。

運ゲーに見えてデッキの下を仕込む手段も用意されてるから安心です。さっきの「はむすけの恩師 つけペンのはむゆき」もそうですし、グレード2の新規もデッキの下にはむすけを仕込めます。

はむすけの学友 釘鉛筆のはむごろー

グレード2 パワー9000 シールド5000

グレートネイチャー ハイビースト

【自】【V/R】:手札から登場した時、コスト【カウンターブラスト1】することで、あなたの山札を上から3枚見て、「はむすけ」を含むカードを1枚まで公開して手札に加え、残りを山札の下に望む順で置く。

【起】【R】【ターン1回】:「はむすけ」を含むあなたのヴァンガードがいるなら、コスト【ドロップゾーンから「はむすけ」を含むカードを2枚山札の下に望む順で置く】ことで、そのターン中、このユニットのパワー+3000。

申し訳程度についてる起動効果でデッキの下に「鉛筆英雄 はむすけ」を置けます。

あとはドロップゾーンに「鉛筆英雄 はむすけ」を落としておきたいですね。

まあ完全ガードのコストでも良いし、再ライドタイミングならソウルにいった「鉛筆英雄 はむすけ」をソウルブラストしてあげればOKです。

とりあえずデッキの下に「鉛筆英雄 はむすけ」を仕込むのは何とかできそう。

 

「鉛筆英雄 はむすけ」へのスペリオルライドが成功すれば、「鉛筆英雄 はむすけ」の効果でさらにデッキからはむすけを呼んでくることができます。

はむやんで手札を捨てて、はむすけでも手札を捨ててで大変ですが、アクセルサークル増やしつつ後続を呼んでこられるのが素敵です。これがVスタンドのついでに出来てしまうんだ。

 

とはいえライドした「鉛筆英雄 はむすけ」にパワー上がる効果は無いし、なんならはむやんの時点からパワー上がらないんでなかなかしんどいですが。ダメージチェックで止まりそう感がハンパない。

まあそこはアクセルクランなんでフロントトリガーで何とかするか?

手札がきつくなりますがアクセルⅠに頼っても良さそう。その辺でパワーを確保してあげたいですね。

 

まとめ

「はむすけの学友 デカクレヨンのはむやん」についてでした。

なんか全体的にパワー上がらなさすぎてつらそうなんですが、はむすけ名称縛りとはいえかなり自由にユニットを呼んでこられるんで専用デッキを作る面白さはありそう。手札をユニットに変換できる効果が多いんで、ドロートリガー入れまくって展開してパワーはアクセルⅠに任せるのもありかもしれません。

元々「鉛筆英雄 はむすけ」は先攻後攻関係なく相手を殴りに行ける効果を持っていたので、そこを伸ばしてくれて良い感じの強化ではある。息切れのしやすさと詰めの強化をはむやんで補ってる感じ?

はむすけデッキも結構良い感じにまとまってきましたね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA