VG初心者向け

333円スタートデッキはどれを選べばいい? おすすめを紹介していく【ヴァンガード】

おはようございます。しんぺいです。

ヴァンガードのスタートデッキが333円で発売されていますね。現在6つのスタートデッキが発売中です。

どれも魅力的なデッキなのですが、6つもあるとどれを選べば良いのか分からないって人もいるかと思います。

というわけでここでは各スタートデッキを紹介しつつ、「こういう人にはこのスタートデッキがおすすめですよ」っていうのをやっていこうかと思います。

 

まずは初心者におすすめのスタートデッキを紹介しておく

発売されているスタートデッキはどれも個性的でそれぞれ違った魅力があります。

なので一概に「これ買っとけば正解だよ!」っていうのが言いにくいのですが、とりあえずカードゲーム初心者におすすめのデッキを紹介しておこうかと思います。

 

それが「近藤ユウユ-天輪聖竜」です。

オススメする一番の理由は戦い方がシンプルってところ。

ヴァンガードって毎ターンガンガン攻撃するゲームで、色んな攻め方があるのですが、難しいデッキはユニットの出し方から攻撃する順番まで色々と考えないといけません。

 

ユウユのデッキは安定して高いパワーを出すことができるデッキで、ややこしい動きもなくて安心して使えます。

そしてアニメの主人公デッキで結構強いということもあり、とても扱いやすいデッキに仕上がっている。なのでカードゲーム初心者はまずユウユのデッキでヴァンガードに慣れるというのもありでしょう。

 

ここからは各スタートデッキについて解説していきます。

それぞれの戦い方やどんなカードが使えるか、そしてこんな人にこそおすすめっていうのを紹介していきます。

 

各スタートデッキ解説

近藤ユウユ-天輪聖竜-

ユウユのデッキはドラゴンエンパイアという国家に属するデッキです。

ドラゴンエンパイアはカードゲームの王道的なドラゴン系のユニットが多く属する国家ですね。

看板カードの「天輪聖竜 ニルヴァーナ」はユウユのデッキで登場する「o-Dress(オーバードレス)」という能力を持つユニットを強力にサポートします。

 

オーバードレスとはユニットを進化させるような能力。

進化元である「トリクスタ」に様々なユニットを重ねて戦っていきます。

スタートデッキでは「トリクスタ」に「ヴェルリーナ」を重ねることができます。

オーバードレスしたユニットは高いパワーを誇り、「天輪聖竜 ニルヴァーナ」によってさらにパワーを上げることで、強力な攻撃を仕掛けることができますね。

 

「トリクスタ」をオーバードレスさせ、「天輪聖竜 ニルヴァーナ」でパワーを上げて攻めていく、非常にシンプルなデッキです。それでいてサーチカードに恵まれており安定感があるのも良いところ。

 

動きもややこしくなくヴァンガードに慣れたい人におすすめのデッキとなっています。

ブースターでは「トリクスタ」のオーバードレス先が色々と登場しているので拡張性が高く、なかなかに楽しめるデッキです。

 

イラスト的には「天輪聖竜 ニルヴァーナ」を始めとしたカッコいいドラゴン系ユニット、「トリクスタ」のような小動物的なユニット、そして焔の巫女シリーズのように可愛い系のユニットまで幅広く揃っているので、イラスト的にも楽しいデッキです。

興味のある方はぜひこちらから探してみてください。

 

桃山ダンジ-暴虐の虎-

ダンジのデッキはダークステイツという国家に属するデッキです。

ダークステイツは元々は無法地帯であり、様々なユニットが存在する国家となっています。

ダンジのデッキに登場するユニットはギャロウズボールというラグビーとかアメフトみたいなスポーツに興じるユニットが中心です。

 

看板ユニットの「ディアブロス ”暴虐” ブルース」は強力な5回攻撃を行えるユニットです。

スタンドさせる枚数がバスティオンより多い2枚に。合計5回もの攻撃による破壊力は圧巻の一言です。

代わりにその効果を使うまでに1ターン待つ必要があり、さらにコストも非常に重いものとなっています。

効果を使えるまで攻撃を控えるとか、コストを貯める動きに徹するとか、フルパワーを発揮しようと思うとそれなりのプレイングが要求されます。

 

しかし、それを補って余りある攻撃力を持っているため、豪快な攻めが好きな人にはとてもおすすめできるデッキです。

興味のある方はぜひこちらから探してみてください。

 

江端トウヤ-頂の天帝-

トウヤのデッキはケテルサンクチュアリという国家に属するデッキです。

ケテルサンクチュアリには騎士系のユニットが多く所属しており、こちらも王道的なイラストのユニットが多く存在します。

 

看板ユニットである「頂の天帝 バスティオン」は非常に攻撃的なユニット。

通常ヴァンガードは3回しか攻撃できないのですが、バスティオンは一度攻撃を終えたユニットをスタンドさせることで4回目の攻撃を可能にします。

さらに能力によるパワーアップも可能なため、全スタートデッキ中トップクラスの攻撃力を誇るデッキとなっています。

 

一方で、ガードに使うことができないグレード3のカードを大量にデッキに入れる必要があり、またバスティオンの能力を使うのに運が絡んでくるなど不安定な面も。

不安定さの代償として高い攻撃力を手に入れている、といった感じです。

 

イラスト的には人型の騎士ユニットが中心のデッキです。騎士はドラゴンに並ぶくらい、カードゲームでは王道のユニットと言っていいでしょう。

また、使用キャラの江端トウヤはアニメでも主役に近いポジションに立っており、キャラクター共々魅力的なデッキです。

 

扱いには苦労する面があるものの、それに見合った強さを持つ良いデッキとなっております。

興味のある方はぜひこちらから探してみてください。

 

大倉メグミ-樹角獣王-

メグミのデッキはストイケイアという国家に属するデッキです。自然豊かな国家で動物系のユニットが多く、樹角獣はそんなストイケイアを代表するデッキと言えるでしょう。

 

看板ユニットの「樹角獣王 マグノリア」は驚異的な攻撃回数を実現するユニット。

ヴァンガードでは通常、前列のユニットしか攻撃できないのですが、「樹角獣王 マグノリア」は後列のユニットも攻撃できるようにする変わった能力を持ちます。

これにより3回から攻撃回数を大きく伸ばし、最大6回もの攻撃を可能にする攻撃回数特化型のデッキです。

 

圧倒的な手数でもって相手を攻め立てることができ、終盤での攻撃力はなかなかのものです。

一方でブーストによるパワーアップが見込めないため個々のパワーはそれほど高くなく、ダメージトリガーで相手のヴァンガードがパワーアップすると攻撃が届かなくなってしまう危険も。

また攻撃力を最大化するにはユニットをしっかり全面に出していかないといけないので手札消費が激しい一面もあります。

 

スタートデッキ中最多の攻撃回数を誇る樹角獣王。一撃が重いデッキよりも、ただひたすらに攻撃を重ねていくようなデッキが好きな人におすすめです。

あと樹角獣がかわいい。動物系のユニットを中心とした数少ないデッキです。モフモフが好きなあなたに。

興味のある方はぜひこちらから探してみてください。

 

瀬戸トマリ-極光戦姫-

トマリのデッキはブラントゲートという国家に属するデッキです。宇宙が舞台のこの国家には様々なユニットが所属しています。

中でもこのスタートデッキは極光戦姫というユニットが中心のデッキです。

看板ユニットの「極光戦姫 セラス・ホワイト」は相手のカードを監獄送りにする非常に珍しい効果を持っています。

監獄送りにしたリアガードは相手が一定のコストを払わなければ再び場に出すことができません。警察モチーフの極光戦姫ならではのギミックと言えましょう。

 

カードゲーム経験者的には除去コントロールのようなデッキと言えばイメージは掴みやすいかと思います。

ひたすら相手のカードを除去していき、やりたいことをさせない。

こちらは監獄送りにしたカードの枚数が増えるほどパワーアップするので、相手の妨害をすればするほど強くなることができます。

 

一方で攻撃回数やパワーは並であり、豪快に攻めたい人にはあまり向いていません。

着実に相手との差を広げ、勝ちに向かっていくデッキが好きな人におすすめです。

興味のある方はぜひこちらから探してみてください。

 

御薬袋ミレイ-封焔の巫女-

ミレイのデッキはユウユと同じくドラゴンエンパイアに属するデッキです。

ドラゴン系ユニットがメインのユウユデッキと違い、「封焔の巫女 バヴサーガラ」を中心に戦うデッキとなっています。

封焔の巫女 バヴサーガラ

グレード3 パワー13000 ペルソナライド

ドラゴンエンパイア ヒューマン

【自】【V】【ターン1回】:このユニットが装備した時、ソウルチャージ1し、あなたのドロップからグレード1以下を1枚選び、Rにコールする。

【起】【V】【ターン1回】:このユニットが2枚以上装備しているなら、コスト【ソウルブラスト2】することで、相手の前列のリアガードすべてを退却させ、そのターン中、このユニットのクリティカル+1。

最大の特徴は装備オーダーを使用することでしょうか。

ヴァンガードである「封焔の巫女 バヴサーガラ」に装備オーダーを装備し、様々な効果を付与して戦っていくデッキとなります。

スタートデッキでは剣と盾を装備して戦う形となりますね。

封焔の剣 プリティヴィー

グレード3 ノーマルオーダー/装備

ドラゴンエンパイア

右神装備-「封焔の巫女 バウサーガラ」(プレイ後、指定されたヴァンガードが装備する。新たに右神装備を装備したら、このカードをドロップに置く)

コスト【ソウルブラスト1】することでプレイできる!

【自】【V】:このカードを装備しているユニットがアタックした時、そのバトル中、装備しているそのユニットのパワー+10000。そのバトル終了時、相手のダメージゾーンが4枚以下なら、コスト【カウンターブラスト2、このカードをドロップに置く】ことで、相手のヴァンガードを1枚選び、1ダメージ。

 

封焔の盾 スワヤンブー

グレード3 ノーマルオーダー/装備

ドラゴンエンパイア

左神装備-「封焔の巫女 バウサーガラ」(プレイ後、指定されたヴァンガードが装備する。新たに右神装備を装備したら、このカードをドロップに置く)

コスト【カウンターブラスト1】することでプレイできる!

【自】【V】【ターン1回】:このカードを装備しているユニットがアタックされた時、そのバトル中、装備しているそのユニットのパワー+10000。

攻撃によらず直接相手にダメージを与える効果や、手札を消費せずにガードを強化する効果など、珍しい効果が盛りだくさんです。

 

装備オーダーを含めるとヴァンガードがかなりたくさんの効果を持つこととなるので、他のデッキよりヴァンガードそのもののスペックが非常に高いデッキです。

装備オーダーはルール上1ターンに1度しか使えないので万全の態勢となるには時間がかかりますが、それを補って余りあるほどの能力を持つことができますね。

 

スタートデッキでは剣と盾を装備することができるのですが、剣が攻撃寄り、盾が防御寄りの効果を持っているおかげで攻守ともに優れた力を発揮します。

反面リアガード周りのパワーが心もとないですが、そこはペルソナライドを駆使してカバーしてあげましょう。

 

装備オーダーを扱うことに多少の難しさはあるものの、攻守ともに優れたデッキとなっています。バランスの取れたデッキが好きなあなたに。

 

まとめ

おすすめスタートデッキについてでした。どれも違った良さがありますので、ぜひ自分に合ったデッキを見つけてみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA