VGデッキ構築

永遠に悩める第3弾ゾルガデッキ【ヴァンガード】

おはようございます。しんぺいです。

ゾルガデッキの解説記事を書こうと思ってたんですが、まだ無理そうです。

自分でデッキ組んで使ってみて、これで良いか!とか思って他の人のデッキ構築見てると、そういうのも良いよなあって思い直して無限にいじり回してます。

なんか自分の中でイマイチ定まってないからデッキ解説記事とか書けない。

代わりに今回はゾルガデッキ構築のどの辺で悩んでいるかを書いていこうと思います。毎回思うけどデッキ構築がだんだん悩ましくなる。

 

ちなみに今使ってるレシピはこれです。

微調整したいところがめっちゃある。それでは始めていきましょう。

 

咎叩きの採用について

「咎叩き」、コモンの割にかなり強いよね。パワーやばくてビビりました。

バインドのオーダーは毎ターン増えていくので、気づけば+20000とかいってる。そこからさらに「悲嘆と絶望、そして拒絶」も使えるから、全体的にパワーラインをかなり底上げすることができますね。

 

それでも僕は今入れてないんですが、理由としては「逆流する冥府」と「ゴースト・チェイス」を入れているからだと思います。

「逆流する冥府」は相手のグレード2を退却させてこっちのグレード2を2体出すことが多く、前列が埋まりやすい。

なので前列はグレード2だけで良いかなって思ったり。

それでも「咎叩き」を入れていると相手のグレード3を退却させた時もおいしいので、「逆流する冥府」と「咎叩き」の共存が無いとは言いません。だから余計に悩ましい。

 

「咎叩き」を採用せず、前列をグレード2で埋めると「ゴースト・チェイス」も使いやすくなります。

インターセプトでシールド値を微調整できるため、「ゴースト・チェイス」でぴったりガードしやすい。

前列にグレード3が居座ってしまうとシールド30000要求みたいな時にとても困るんですよね。トリガー2枚に「ゴースト・チェイス」は過剰だし、かと言ってトリガー1枚と「ゴースト・チェイス」だと足りない。

 

個人的には「ゴースト・チェイス」使うなら前列はグレード2の方が使いやすいかなって思います。

この辺りの理由から「咎叩き」を入れていないのですが、終盤のパワーを底上げするために入れたい気持ちもあるので悩んでいるところです。

 

必須級のオーダーは何枚?

僕の中では「霊体凝縮」と「悲嘆と絶望、そして拒絶」はトップクラスに使いやすいオーダーで、どんな型にするにしても入ってくるカードだと思っています。

以前はこの辺のオーダーを4枚投入とかしていたんですが、いざとなったら「影纏い」で落とせるの精神でちょっと減らして3枚ずつにしています。

ただ、いざ「影纏い」でこの2枚を落とすとなると、なんかもったいない。

「霊体凝縮」や「悲嘆と絶望、そして拒絶」はフル投入して自然に使えるようにしつつ、他の1~2枚採用のオーダーを「影纏い」で臨機応変に落としていく感じの方がそれっぽい気がする。

 

そう思うと「霊体凝縮」と「悲嘆と絶望、そして拒絶」は多い方が動きやすいのかなって思ったり。

ていうか一時期「悲嘆と絶望、そして拒絶」を2枚とかにしていたんですが、さすがに使える回数が少な過ぎて困った記憶。やっぱりドロップに用意しやすくなったとはいえ、厚く採用した方が良いオーダーもあると思ってきました。

 

ヘンドリーナは必要か?

第1弾のゾルガデッキから存在を疑問に感じているカードに「継承の乙女 ヘンドリーナ」があります。

ドロップ増やして魔合成のソウルブラストを無くします。なるほど便利なカード。

でも僕は魔合成コストを減らす効果に若干の疑問を感じています。そこまでソウルに困ってるか?

 

いやソウルには困ってるんですけど、退却コストがつらいというかなんというか・・・。そこまでしてソウルブラストを無くしたいとも思わない。

採用するオーダーによってはソウルブラストもわりと緩いですしね。僕が使ってるデッキもそこまでソウルがしんどくなることはありません。

 

まあこんなことを考えていて一回ヘンドリーナ全抜きしたら思いのほか動きにくかったんですけどね。

ソウルに困るというよりも、ドロップ落としができないのが地味にしんどい。ドロップ利用するのが得意なので、ドロップを増やすカードはありがたい存在です。

でも登場時3ドロップをありがたく使ってることに疑問を感じないでもない。たぶんVスタンでずっと「グリード・シェイド」使ってたせい。

こいつのせいでなんか高望みしてしまいます。でも「影纏い」来たから割とマジでドロップから回収できる効果は来て欲しいですね。

 

そんなこんなでヘンドリーナをそこまで信じていないので、採用枚数を何枚にするか悩んでいます。4枚無くてもいいと思うんだよなあ。

でも引けなかったら困るからやっぱり4枚入れたい。3枚にして思ったんですが微妙に引けなくてつらい。でも他に枠もないから余計につらい。

 

ゾルガ使い、マジでギリギリの戦いを強いられています。

 

まとめ

ゾルガデッキで悩んでるところでした。マジで1枚の調整の影響が大きい気がします。

良い感じに仕上げたいんだけどなあ。もう一歩何かが欲しい。

第4弾の発売まで悩んでそうです。

POSTED COMMENT

  1. 匿名 より:

    ソウルの工面は3弾のカリオフィルスを試してます。
    パワーが9000なのが少し痛いですが、影纏いの効果は毎ターン使いたいので、ヘンドリーナ採用よりも耐久寄りかもしれません。
    オーダーは影纏いのおかげで採用枚数を少し減らすことができたため、空いた枠にゴーストチェイスかアタッカーかで迷っています。
    影纏いが本当に便利過ぎてありがたい…。

    • shinpei より:

      コメントありがとうございます。
      カリオフィルスもなかなか悩ましいですね。パワー9000が気になり過ぎて外してしまいましたが、ヘンドリーナと違って影纏いのコストも確保できるのが偉い。
      影纏いは本当色んな意味でデッキ構築に影響を与えています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA