VGカード紹介

グレイヴ=ゾルガざっくり感想【ヴァンガード】

おはようございます。しんぺいです。

大ヴァンガ祭で先行販売されてるカードをゲットしてきたのでグレイヴ=ゾルガで遊んでいます。

とりあえず今回は軽く使ってみた感想について。デッキレシピは色々と練ってる途中なのでまだなんですが、感想だけでも書いていこうと思います。

 

屍海の降霊術師 グレイヴ=ゾルガの効果

屍海の降霊術師 グレイヴ=ゾルガ

グレード3 パワー13000 ペルソナライド

ストイケイア ゴースト

【永】【V】:このターンにあなたが魔合成しているなら、あなたの前列のユニットすべてのパワー+5000。

【起】【V】【ターン1回】:コスト【ソウルブラスト1、手札から1枚捨てる】ことで、あなたのドロップからノーマルオーダーを1枚選び、手札に加え、そのターン中、あなたがノーマルオーダーをプレイする際、ドロップから別名のノーマルオーダーを1枚バインドし、魔合成できる。(コストを合計し、効果を後ろに追加する!)

 

グレイヴ=ゾルガが持つ効果は大きく分けて2つあります。

  • 魔合成すると前列のパワー+5000する効果
  • ソウルブラスト1と手札1枚捨てでドロップからオーダーを回収して魔合成できるようにする効果

どっちも便利だなって思う場面と思ってたより微妙だなって場面があって、やっぱ実際に使ってみることは大事なんだと思わされます。

 

悲嘆と絶望、そして拒絶より強いかどうか

グレイヴ=ゾルガは「怪雨の降霊術師 ゾルガ」ではないので「悲嘆と絶望、そして拒絶」が使えません。

代わりにグレイヴ=ゾルガは魔合成すれば前列にパワー+5000することができます。

加えて「混濁の瘴気」のオーダー効果でも前列に+5000させることで、結局は前列に+10000させてゾルガの頃と変わらないパワーラインを出すことができますね。

混濁の瘴気

グレード3 ノーマルオーダー ストイケイア

コスト【カウンターブラスト1】することでプレイできる!

あなたのドロップからグレード3以下を1枚選び、Rにコールする。魔合成中なら、あなたのヴァンガードを1枚選び、そのターン中、『【永】【V】:あなたの前列のユニットすべてのパワー+5000。』を与える。

 

上昇値は変わらないとはいえ、パワーアップの方法が変わったことで使い勝手も変わってきます。

「彷徨の獄竜」を使うなら、「悲嘆と絶望、そして拒絶」よりもグレイヴ=ゾルガと「混濁の瘴気」の方が使いやすいです。

オーダー効果の後に出てくる「彷徨の獄竜」は「悲嘆と絶望、そして拒絶」の効果を解決する際に場にいないのでパワーが上げられません。

 

グレイヴ=ゾルガと「混濁の瘴気」はVに永続効果を与えることによるパワーアップなので、オーダー後に出てくる「彷徨の獄竜」のパワーも問題なく上がります。

 

今までは「悲嘆と絶望、そして拒絶」の対象にするために、オーダーを使う前に後列を出したりする必要がありました。

これからはそんなことする必要が無くなったので使いやすくなりましたね。

 

一方で、上がるパワーの上昇値が変わっていないことから、強くなったというよりは使いやすくなった、に留まる印象もあります。

展開はしやすくなったけど、特にパワーの最大値が変わっていないので強くなった実感がわかない。

なんというか、使う前は新規が来てめっちゃ強くなったって思ってたんですが、実際は使いやすくなっただけであって特に最大値が伸びてもいないっていうのが意外でした。

 

最大値だけの話をするなら、「怪雨の降霊術師 ゾルガ」を使って「混濁の瘴気」と「悲嘆と絶望、そして拒絶」を魔合成するのが一番全体のパワーを上げられますね。

前列に+15000と思うとかなり良い。加えて前列を「彷徨の獄竜」にせずあらかじめ別のを出しておけば、「悲嘆と絶望、そして拒絶」で同じ縦列2体にパワーを振って一列のパワーラインを底上げしたりもできます。

 

カウンターブラストめっちゃ使うけど、ロマンはある戦い方。旧ゾルガの選択肢もまだまだある辺り、グレイヴ=ゾルガは上位互換が出たって言うより選択肢が増えたって感じですね。

 

魔合成するにもコストがいるように

グレイヴ=ゾルガはソウルブラスト1と手札を1枚捨てることで、ドロップからノーマルオーダーを回収してそのターン中魔合成ができるようになります。

 

ドロップからオーダーを回収することができるのが良いですね。手札にオーダーが無くても魔合成まで持っていけます。

ゾルガ使ってて思ったのが手札にオーダーが無いと何も出来ないってところだったので、安定して手札にオーダーを用意できるグレイヴ=ゾルガはかなりありがたいです。

 

一方で、この回収効果を使わないとそもそも魔合成ができないというのが結構気になるところ。

毎ターン確定でソウルが減っていくので、ソウルが0になったら何もできなくなります。手札にオーダーがあってもソウルが無くて泣きを見ることになるのは今までのゾルガに無かったところ。

 

1つ問題が解決したと思ったら別の問題が出てくる辺り、簡単にはいかないなあって思っています。

 

ソウル管理は今まで以上に気を使う必要がありますね。

ソウルを使うオーダーはほぼ採用できません。採用するならソウル貯める手段は充分に用意しておきましょう。

ていうかソウルを使うオーダーを使わなくともソウル補充手段は欲しいです。ペルソナライドしていければソウルは毎ターン1枚増えますが、ペルソナライドできなかったら終わりですしね。

 

ここら辺の加減がまだ分からなくてデッキ構築が難航しています。

これで悩んでる辺り、「怪雨の降霊術師 ゾルガ」のままでも良くないか??っていう思いも出てきてしまったり。なかなか難しいところですね。

 

とりあえずソウルを貯めるクリティカルは買っておこうと思います。

今までのゾルガだと特に必要じゃなかったから買ってなかったんですが、ここに来て重要度が増して焦っています。

地味に高いんだよなこのシリーズ・・・。毎弾再録して欲しいです。

 

まとめ

グレイヴ=ゾルガの感想でした。デッキ構築を今までと変える必要がありますね。

まだデッキが定まってないからかもしれませんが、めっちゃ強いヴァンガード要員に変わったっていうよりはヴァンガード要員の選択肢が増えた、みたいな印象です。

果たしてグレイヴ=ゾルガを使いこなせる日は来るのか。もうちょっとデッキを練っていこうと思います。

 

追記

グレイヴ=ゾルガの強みを活かせるようにデッキを作りました。高火力とドライブ増加を叩きつける良い感じの脳筋デッキになっています。

グレイヴ=ゾルガ軸のデッキを紹介していく(~フェスティバルコレクション2022)【ヴァンガード】おはようございます。しんぺいです。 グレイヴ=ゾルガのデッキを組みました。 グレイヴ=ゾルガのデッキができた 寄る辺が使い...

POSTED COMMENT

  1. 匿名 より:

    グレイヴだと採用するオーダーががらっと変わりそうですね
    ソウルがカツカツなので涙する悪意4積みと思いましたが、蘇生能力が無いので獄竜が引けないと使いづらそうなんですよね
    実質コスト無しでソウルを増やせるゴーストビルクでも入れようかと考えているところです

    • shinpei より:

      コメントありがとうございます。
      涙する悪意自体が獄竜前提みたいなとこあるんで、寄せすぎると獄竜引けなかった時どうするかに悩んでしまいます・・・。
      ソウル問題はなかなか切実ですね。オーダーで解決すると魔合成の枠をソウルのために1つ取られることになってしまうので、ソウル貯められるユニットを入れるかソウルを使いすぎない構築にするかで対応するのが良いのかなあと思っています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA