VGカード紹介

ソウルを貯めるお供に 幽冥の朋友 リィンについて【ヴァンガード】

おはようございます。しんぺいです。

昨日に引き続き、ドラジュエルドのトライアルデッキに収録されているカードについて見ていこうかと思います。

今回は「幽冥の朋友 リィン」について。よくある登場時ソウルチャージ1のようだけど・・・?

 

幽冥の朋友 リィンの効果

幽冥の朋友 リィン

グレード1 パワー8000 シールド5000

ダークステイツ ヒューマン

【自】:このユニットがRに登場した時、あなたの山札を上から2枚見て、1枚選び、ソウルに置き、残りを山札の下に置く。

 

登場時ソウルチャージ1のような何か

「幽冥の朋友 リィン」はリアガードに登場した際に、デッキの上を2枚見て1枚をソウルに、1枚をデッキの下に置きます。

 

結果的にはソウルが1枚増えてますね。

ダークステイツには登場時にソウルを増やすカードがいくつかあり、「幽冥の朋友 リィン」を採用する際は、それらと比較して採用するかどうかを決めることになるでしょう。

 

同じグレードの代表的な登場時ソウルチャージ1はこの2枚。

「スチームバトラー グングヌラーム」に、

「ブレインウォッシュ・スワラー」です。

「幽冥の朋友 リィン」の良いところとしては、ソウルチャージで入るカードの質がこれら2枚よりも高いであろうというところでしょうか。

デッキの上を2枚見て好きな方をソウルに入れられるので、ソウルの状況を見て足りないカードを選ぶことができます。

 

ソウルにグレード0~3のカードを揃えることが重要なドラジュエルドや、ソウルの種類を稼ぐ必要のあるケイオスでは役に立つでしょう。

 

反対に「幽冥の朋友 リィン」の微妙なところとしては、「スチームバトラー グングヌラーム」や「ブレインウォッシュ・スワラー」達のように、ソウルを貯める以外の効果を1つも持たないところでしょうか。

 

「スチームバトラー グングヌラーム」はソウルブラスト3で1ドローできますし、「ブレインウォッシュ・スワラー」はソウルチャージするたびにパワー+5000されます。

特に「ブレインウォッシュ・スワラー」のパワー+5000はソウルチャージの多いダークステイツでは発動機会が多く、色々なデッキで使われていますね。

 

現状「幽冥の朋友 リィン」はソウルに置くカードをある程度選べるという特徴を持っているものの、それだけで他よりも優先するかどうかは微妙なところです。

 

カードの種類を散らすことが重要なケイオス軸では、ソウルチャージ要員が増えるとそれだけありがたいのですが、その他のデッキでは既存のソウルチャージユニットを超えられるかどうか・・・。

 

ドラジュエルドのトライアルデッキ収録のカードですし、ドラジュエルドとの相性の良さは感じられますが、個人的にはそれでも「ブレインウォッシュ・スワラー」の方が良いんじゃないかなと思っています。

グレード0~3を揃えるのがどれだけ大変かはあんま分かってないんですが、ソウルチャージ数を増やして強引に揃えていった方が良いような気がしてるんですよね。

 

ただまあ、それはそれとしてイラストが可愛い。思わず採用したくなる。

ドラジュエルドのデッキだとソウルを貯められるカードは入れておいて損は無いので、ソウルを整えてくれるカードとして採用しておくのは充分考えられると思います。

最優先で入れるカードではないけれど、枠が余ったら全然入れていって良い、そんな感じの印象です。

 

まとめ

「幽冥の朋友 リィン」についてでした。

トライアルデッキに2枚収録のカードだけあって、そこそこ良い感じの効果になっています。ソウルの質が重要なデッキが増えてきたので、そういったデッキでは出番もあるでしょう。

 

個人的にはソウルチャージってもっとソウルチャージ2とか3とかガンガンやっていいと思うんですが、ダークステイツにはソウルを貯めるデッキとソウルを使うデッキがどっちもあるんで、無茶苦茶なソウルチャージは難しいよなあ、とも思ったり。国家制の難しいところですね。

 

ドラジュエルドもソウルを貯めるのに苦労しそうな感じがあるんですが、サポートでなんとか切り抜けていってほしいところです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA