VGカード紹介

ファントム・ブラスターで使えそうな破約の魔女 フェクティルについて【ヴァンガード】

おはようございます。しんぺいです。

ゆるキャン△の映画を観てきました。優しい世界が心に沁みる。

 

さて、今回はユースベルクのトライアルデッキの中から注目しているカードについて。

トライアルデッキと言えどもちょこちょこ面白そうなカードが出ているのが良いですね。

 

破約の魔女 フェクティルの効果

破約の魔女 フェクティル

グレード1 パワー6000 シールド5000

ケテルサンクチュアリ ヒューマン

【自】:あなたのライドフェイズにこのカードが手札から捨てられた時、このカードをRにコールしてよい。

 

コスト無しで1枚稼げるのえらい

「破約の魔女 フェクティル」はライドフェイズに手札から捨てられた場合、リアガードに出てくることができます。

注目すべきはコストがいらないというところですね。

 

スタンダードのカードはVスタンダード以前のカードよりはカードパワー低めなところがあります。

なので基本的にユニットを呼ぶ効果だったり、相手のカードを除去したりする効果はなんらかのコストがかかることが多いです。

 

しかし「破約の魔女 フェクティル」は条件さえ満たせばコスト無し。これはありがたいんじゃないかと思います。

 

リアガードに出したところでパワー6000とあんまり強くないですが、枚数こそが重要な軸では意味がありそうです。

ケテルサンクチュアリの中でもファントム・ブラスターのデッキで活躍するのではないでしょうか。

リアガードを退却させることで強力な効果を使えるファントム・ブラスターでは、リアガードの質よりも数がありがたい。

タダで出てこられる「破約の魔女 フェクティル」はなかなか良い存在なんじゃないかな。

 

一方で、フェクティルが出てくる条件は「ライドフェイズ中に手札から捨てられた時」と限られています。

要するにライドのコストにしてねってことなんですが、そこ以外に効果の使いどころが特に無いのが悩みどころ。

 

一応V登場時効果で手札を捨てるものが登場すればまた使いどころも生まれますが、現状のスタンダードにそういうカードは無いのでいったん置いておきます。

 

ライドコストを払い終えるグレード3のヴァンガード登場以降では、引いたところで何にもなりません。

パワー6000も無いよりはマシですが、ファントム・ブラスターのデッキはリアガードがパワー10000のグレード2になりがちなのでラインが弱くなりやすい。

 

「イーズロッド・エンジェル」のような使いやすいグレード3を増やして、それらをアタッカーにすることで良い感じのラインを作っていきたいですね。

「イーズロッド・エンジェル」は軽めのコストでリアガードを用意できるので、こちらもファントム・ブラスターとの相性は良いです。

 

最悪ヴァンガードの後ろに置いたら最低限のブースト役はこなせますし、パワーの低さを感じにくいような使い方をしていきましょう。

 

まとめ

「破約の魔女 フェクティル」についてでした。

ユースベルクのトライアルデッキのカードなのにファントム・ブラスターの話しかしていない・・・。

実際ユースベルクとの相性はどうなんでしょう。盤面を埋められるのは偉いですが、ユースベルクのデッキだとパワー不足が気になりそうな。

今のところはファントム・ブラスター使いは持っておいて良いんじゃないかな~というような印象です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA