VGデッキ構築

混沌を司る者を使った感想 とんでもないですよこいつは【ヴァンガード】

おはようございます。しんぺいです。

PRカードのオーダーを揃えました。

1枚1000円超えててビビり倒しました。PRカードでも強化があるだけ喜ばないといけないんですが、必須級のカードをPRカードにするのは集めるのしんどいんでやめて欲しい。

ケイオスはまだマシで、エバとか1枚4000円近くいっててもうなんというか、言葉もありません。

変なとこで敷居高くなってもアレですし早いとこ再録して欲しいですね。

 

それはそれとして、使ってみた感想ですがまあ強い。今までお世辞にも使いやすいとは言えなかったケイオスのデッキがかなり使いやすくなりました。

今回はそんな「混沌を司る者」について、使ってみた感想を書いていこうと思います。

 

ソウル8種類と13種類がかなり簡単になった

混沌を司る者

グレード1 ノーマルオーダー ダークステイツ

「ケイオス」を含むあなたのヴァンガードがいるなら、コスト【カウンターブラスト1】することでプレイできる!

あなたの山札を上から5枚見て、あなたのソウルの「ケイオス」を含むカードの種類と同じ枚数まで選び、ソウルに置き、山札をシャッフルする。その後、あなたのソウルが8種類以上なら、あなたのソウルから1枚選び、Rにコールし、「ミカニ」を含むあなたのリアガードを1枚選び、そのターン中、パワー+10000。

デッキの上5枚から好きなカードをソウルに入れられるということで、やっぱり爆速でソウル貯まるようになりました。

順当にライドしていくだけでソウルには3種類のケイオスがあるので、3枚は入れられます。ソウル3枚増やしてくれるのはさすがに強い。

 

なにが良いってソウル8種類の条件がめちゃくちゃ簡単になったところです。

今までは手札にソウルチャージ要員をしっかり引いててやっといけるかといった具合だったんですが、今はもう「混沌を司る者」引いてたらいけるでしょって感じ。

 

13種類は再ライドのタイミングであればほぼいけるくらいになりました。

ソウル13種類なんて半ば諦めてたのに・・・。13種類を達成したケイオスのパワーは凄まじいので、そこに手が届くようになったのが素直に嬉しいです。

 

基本的にはめくった5枚の中からノーマルユニットを全部突っ込んでいく感じ。

ソウルチャージなんかでソウルにグレード3のケイオスが入っていればいきなり4枚ソウルに突っ込めますが、無理せず2~3枚入れられればまあ大丈夫です。

 

ソウルチャージ要員をいっぱい引いていて、少し無理をすればソウル13枚届きそうだって感じだと、めくった中のトリガーユニットもソウルに入れてもいいかなとは思います。今のところそういうの起こったことないけど。

 

とにかくソウルチャージ枚数が良い感じ。安定して2~3枚増やせるっていうだけでかなりの安心感があります。

 

圧倒的トリガー率アップとデッキ構築への影響

「混沌を司る者」を使うと、まあデッキからノーマルユニットが2~3枚消えます。

その分デッキの中のトリガー率が上がる。1回使ったくらいじゃあんまり実感はわきませんが、2回目使えるとかなりトリガー率上がったような感じがします。

 

加えてダークステイツには「ウルトラサウンド・シーリエ」がいたり、序盤のケイオスでノーマルユニットだけソウルに置いたりと、細かいところでノーマルユニットを抜き取るカードがいます。

なんだかんだノーマルユニットがソウルに貯まりやすい仕組みになっていますね。ランダムソウルチャージもしたりするので完全にとは言いませんが。

 

ノーマルユニットがソウルに入りやすくなった影響で、デッキ構築が変わってきました。

元々ケイオスデッキでは同じ種類のカードを枚数入れることは難しかったのですが、それがより極端になった感じ。

 

2枚差しのカードすらソウルで被りやすく思えてきたので、今ではメインデッキのトリガー以外のカードはほとんど1枚ずつにしています。

ペルソナライド用のグレード3ケイオスと、メインアタッカーのミカニ、新規のオーダー以外は基本1枚ずつです。完ガはオーダーのやつ買ってないんで許して。

 

ミカニを出しやすくなった都合上、他のノーマルユニットはとりあえずソウル貯められたらほぼなんでもいいと思います。僕は適当に使いやすそうなやつを入れていっています。

 

ミカニ展開が安定するように

「混沌を司る者」ってソウル8種類以上ならソウルから1体コールできるんですよね。

これがめちゃくちゃありがたくて、ミカニを出して攻撃する回数がかなり増えました。

ヴァンガードのアタック時にソウル8種類以上でスタンドするナイスガイ。2体並べれば合計で5回攻撃です。

今まではこいつを確保する手段が限られており、攻めのタイミングまで温存しておく必要があったのですが、今はもう違います。

 

「混沌を司る者」で雑にソウルから呼んでこられるため、グレード3の初回ライドでミカニ1体出して4回攻撃、ペルソナライドのターンでソウルから呼んできたりして2体並べて5回攻撃って感じで進めやすくなりました。

 

攻めの安定感が圧倒的に上がっており、やっぱソウル貯め込むデッキでソウルからコールできるのはめっちゃ強いなあって思った次第です。

 

あと「混沌を司る者」にはミカニのパワーを10000上げる効果もあります。ミカニはスタンドできると言えどもなんのサポートも無ければパワー13000で攻撃するしかありません。

それだと適当な5000シールド1枚で終わりなので、ここパワー上がるとだいぶ違うんですよね。なのでパワーアップがかなりありがたい。

 

ペルソナライドと合わせればパワー33000に。スタンドできるユニットのパワーとしては破格なので、しっかり狙っていくようにしています。

 

ソウルを貯めるだけでなく展開までしてくれる。ケイオスに欲しかったやつを1枚で全部やってくれたので「混沌を司る者」はマジでケイオスデッキに革命を起こしてくれてます。

 

まとめ

「混沌を司る者」を使った感想でした。必要な効果を全部詰め込んでくれてるのマジでありがたい。

めちゃくちゃ使いやすくなっているので、「混沌を司る者」を手に入れた人はぜひケイオスデッキを使ってみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA