ヴァンガード

ヴァンガード フルSPデッキってどうなの?という話

最近ヴァンガードでフルSPのデッキを作りたいなと思っていまして。

それでカードショップに行ったんですが、買う勇気が出なかったんですよね。

フルSPへの憧れはあるのにいまひとつ踏み出せない。

何がそうさせているのかを考えていると、そもそもなぜSPで揃えるんだろうって思ったんで、今回はSPで揃えることについて考えてみようと思います。

 

 

SPとは?

まずはSPとは何?ってところから。

今回のSPはヴァンガードのSPレアリティのことです。

通常ヴァンガードのレアリティはRR、RRR、GRなどで表されますが、一部のカードには通常レアリティの他に、SPというレアリティが存在します。

「クロノファング・タイガー」RRRとSPです。

このように、テキスト部分のイラストが見えるようになり、画像ではわかり辛いですが、光り方も違います。

ザラザラとした加工が入っており、かなりかっこいいです。

昔は光り方が違うだけでしたが、今はこういったフレームレス仕様(テキスト部分が透明になり、イラスト全体が見えるようになっているもの)が主流になっています。

また、一部には通常版とSP版とでイラストが違うものもあります。

 

 

SPを集めるメリット

SPの良さとは?、という話。

なんのためにSPを集めるのかという話にもなってきます。

 

SPの良さはなんといってもカード自体のよさにあります。

先ほどのフレームレス仕様や、光り方は実際手に取ってみるとかなり違います。

SPのほうが立体的な加工がされており、放射状や渦巻き状など、イラストに合った加工がなされているものもあります。

画像は「イニグマン・ストーム」のSPです。

手の光を中心に放射状に光っているのが分かります。

フレームレス仕様にSP仕様が変わってから、こういった加工はあまり見なくなりました。

古いカードのSPはこういうところが素晴らしいです。

 

もう1つの良さはSPの希少性です。

SPのカードは数が少ないので当たりにくく、希少です。

その珍しさから、SPを使うことはそのデッキへの愛着を示せます。

自分はこのデッキにこれだけの愛着を持っている、ということを示すためにSPで揃える人もいます。

SPは数が少なく、値段も高いので、集めるのにも一苦労です。

それを乗り越えた先に完成したデッキは、まさに自分のお気に入りです。

SPで揃えれば、それを周囲に証明できるでしょう。

 

 

SPを集めるデメリット

SPを集める障害として真っ先に出てくるのはお金の問題です。

SPは数が少ないので、値段が高くなるレアリティでもあります。

カードショップのシングル価格数百円のカードがSPになると、1000円を余裕で超えることもざらにあります。

通常のレアリティで集めるよりも何倍ものお金がかかるので、気軽に手が出せるものではありません。

今ではずいぶんとマシになりましたが、ヴァンガードではインフレによるカードの入れ替えが激しいので、余計に出が出しにくくなっています。

せっかく買ったけど次の弾でデッキから抜けてしまった、となっては目も当てられません。

SPで揃えるならその辺りも覚悟しておく必要があります。

 

また、これは集め方の問題ですが、SPを買うと、元々集めてたレアリティのカードが無駄になってしまいます。

順次自分のカードをSPに入れ替える派の人の話ですね。

この場合はお金の問題がより重くのしかかってきます。

SPで買う分+元々集めてた分の値段がかかってるわけですから、SPを買うのは無駄なんじゃ・・・と考えやすくなります。

今回僕がSPを買うのに踏み切れなかったのはこれが大きく関係しています。

SPと通常レアリティでルール的に変わることは何もありませんから、SPで揃えるのは完全に自己満足の世界です。

すでにこのカードは持っているのに、自己満足にここまでお金を使えるのか?と考えた結果、今回は買うのをやめました。

おそらくSPで揃えるには相当な情熱が必要です。

今回悩んだ結果、ネットでよく見るフルSPデッキを尊敬できるようになりました。

なんか自分もカードゲームを趣味にしているなら、あれくらいの情熱を示したいとも思うようになりましたね。

立ちはだかる主な問題はお金なので、少し計画的に考えてフルSPデッキ計画を始めてもいいかもしれません。

 

最後に

途中でも言いましたが、SPで揃えるのはルール上得することでもなんでもなく、あくまで自己満足の世界です。

自分がSPで揃えるのは勝手ですが、人のレアリティの選び方に口を出すのは絶対にやめましょう。

せっかく揃えたので自慢するだけならともかく、「SPで揃えてないから愛がない」みたいな考えを人に見せるのはマナーがなってません。

相手あってこそのカードゲームです。相手への敬意は常に忘れないようにしましょう。

自分が何かをやり遂げたときこそ、それは忘れやすいものなのです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA