遊戯王

オルターガイストデッキの新エース「オルターガイスト・ヘクスティア」について

今回紹介するのは、「オルタ―ガイスト・ヘクスティア」です。

オルタ―ガイスト2種類目のリンクモンスターです。

待望のリンク2が登場しました。序盤でのリンク召喚から、このカードを経由してリンク3へつなぐなど、使い道は多いです。

 

 

効果

まずは効果から。

 

 

①リンク先のオルタ―ガイストモンスター感知の攻撃力アップ

リンク先のオルタ―ガイストモンスターの元々の攻撃力分、このカードの攻撃力がアップします。

このカード自体攻撃力1500と低めですが、リンク先にモンスターがいることで補強することができます。

攻撃力が低い「オルタ―ガイスト・メリュシーク」でも攻撃力2000まで上がり、「オルタ―ガイスト・マリオネッター」なら攻撃力3100まで上がります。

リンク2ながら、ある程度戦闘も任せられる効果です。

ただし、このカードを出すのにオルタ―ガイストモンスターを消費しているので、オルタ―ガイストモンスターを展開するカードを用意しておきましょう。

「魔術師の再演」はリンク召喚に使用したオルタ―ガイストを場に呼び戻せます。ただし、レベル4の「オルタ―ガイスト・マリオネッター」を出せないことには注意しましょう。

「オルタ―ガイスト・マテリアリゼーション」はオルタ―ガイストの名前を持つため、サーチや使い回しができます。

罠カードなので、相手ターンに使用していきなり攻撃力を上げることもできます。巻き戻しが発生しますが、相手の目論見を崩すことができます。

 

 

➁魔法・罠無効

リンク先のオルタ―ガイストモンスターをリリースすることで、魔法・罠カードを無効にすることができます。

魔法カードを止められるので、相手の出鼻をくじくことができます。

1ターンの発動回数制限がないので、リンク先にオルタ―ガイストモンスターを用意すれば、1ターンに複数回使うことができます。

リンク先のモンスターをリリースした後に、「オルタ―ガイスト・マテリアリゼーション」などを利用して再びリンク先にモンスターを出せば、複数回の効果発動を狙えます。

リンク先のモンスターをリリースしてしまえば、「オルタ―ガイスト・ヘクスティア」の攻撃力は下がってしまいます。

そこで戦闘破壊を狙ってきた相手には、「オルタ―ガイスト・クンティエリ」で攻撃を無効にしつつ、リンク先に出しましょう。

攻撃力こそ上げられませんが、再び無効効果を使えるようになります。

 

 

③オルタ―ガイストサーチ

フィールドから墓地へ送られた時に、デッキからオルタ―ガイストカードを手札に加えることができます。

手段は何でも良いので、発動機会が多いです。

相手に破壊されることはもちろん、「ルドラの魔導書」のコストに使ったり、リンク召喚の素材にしても発動します。

サーチするカードもモンスター・罠どちらでも良いため、状況に応じたカードを手札に加えられます。

 

 

主な使い道

このカードの使い道としては、主にリンク3への繋ぎです。

繋ぎとしての性能はかなり高いです。

魔法・罠無効効果で相手の動きを鈍らせつつ、役目が終わった後も「オルタ―ガイスト・マテリアリゼーション」で使い回すことができます。

使い回せるリンク2は便利で、リンク3の「オルタ―ガイスト・プライムバンシー」を出しやすくなります。

リンク素材に使えば③のサーチ効果が使えるため、「オルタ―ガイスト・プライムバンシー」を出しながら、手札に「オルタ―ガイスト・クンティエリ」を持ってくることができます。

 

このカードが登場するまでのオルタ―ガイストデッキでは、リンクモンスターがリンク3しかいないため、リンク召喚をするのに時間がかかっていました。

しかし、こちらはリンク2であるため、ワンテンポ早く出すことができます。

効果のコストに使うモンスターは相手ターンにあれば良いので、罠カードの「オルタ―ガイスト・マテリアリゼーション」でも間に合います。

「オルタ―ガイスト・ヘクスティア」と「オルタ―ガイスト・マテリアリゼーション」の登場で、オルタ―ガイストデッキはよりリンクモンスターを使った戦術を執ることができるようになったのです。

 

 

まとめ

「オルタ―ガイスト・ヘクスティア」についてまとめました。

待望の、出しやすいオルタ―ガイストリンクモンスターの登場です。

効果はオルタ―ガイストらしく妨害に長けており、ぜひ序盤に出したいモンスターです。

使い終わった後も蘇生して、更なるリンク召喚に繋げることができます。

総じてかなり使いやすいモンスターだと言えます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA