VGカード紹介

スタンダードのカードで「邪神司教ガスティール」は強化されたのか?【ヴァンガード】

おはようございます。しんぺいです。

プレミアムコレクション2019でガスティールがGユニット化しますね!

これは僕もPスタンダードでダークイレギュラーズを組むときがいよいよ来たかなと思っています。

 

デッキを組むときは僕の個人的趣味から「邪神司教ガスティール」を入れたいのですが、こいつはグレード2の効果を得られるため、グレード2が増えるほど強化されていくカードです。

スタンダードが始まってからダークイレギュラーズの強化は2回ありましたが、「邪神司教ガスティール」の強化となるグレード2は出たのでしょうか?

少し見直してみようと思います。

 

スタンダードのダークイレギュラーズG2は控えめ?

個人的に「邪神司教ガスティール」で効果を得させたいカードNo.1は「ベイルファル・リプレッサー」です。

ベイルファル・リプレッサーは

  • アタック時にパワー+10000と手札からグレード0でのガードを制限

という割と意味分からないアタック時効果を持っています。

 

条件はGB2と深闇、ソウル8枚以上とかなり緩め。

どれも「魂を刈る者バラム」に超越すればほぼ一発で満たせる条件です。

 

「邪神司教ガスティール」で効果をコピーすれば、単体パワー21000にグレード0でのガード制限と強力。

「邪神司教ガスティール」はもう1体同時に効果を得られるので、さらにパワーアップ効果を持つユニットを重ねればガード制限の威力は跳ね上がります。

 

そんな考えを持っていたので、スタンダードではパワーアップ効果を持つグレード2の登場を待ち望んでいましたが、ぶっちゃけ控えめですね。

 

スタンダードでのダークイレギュラーズのリアガードパワーの高さは、ほぼ「ドリーン・ザ・スラスター」が担っていたところがあります。

「ノーライフキングデスアンカー」や「仮面の王ダンタリアン」など、ヴァンガードは高いパワーアップ効果を持っていますが、それってグレード3の効果なので「邪神司教ガスティール」には関係ありません。

 

なのでスタンダードが始まってから1年近く経ちますが、「邪神司教ガスティール」はそこまで強化されたとも言えなさそうです。

それでも「邪神司教ガスティール」と組み合わせると面白そうなユニットはいくつかいたので紹介していこうと思います。

 

「邪神司教ガスティール」と組み合わせたいグレード2

ブラッドサクリファイス・ルスベン

「ブラッドサクリファイス・ルスベン」は登場時に、ダメージかドロップゾーンから1枚ソウルに置くことができます。

「邪神司教ガスティール」はソウルに効果が欲しいユニットを置きたいので、このような効果は貴重です。

 

また「邪神司教ガスティール」で効果をコピーすれば、一緒にコストにしたもう1枚のグレード2を即座にソウルに入れなおせます。

「ベイルファル・リプレッサー」と一緒に効果を得て、「ベイルファル・リプレッサー」をすぐソウルに置けば、実質ソウル消費無しで「ベイルファル・リプレッサー」の効果を得るという小技もできます。

 

深闇サポートがあるとはいえソウルに置きたいカードは多いので、採用候補に挙がるかもしれません。

「ヴリコラカス」と一緒に入れてカウンターチャージ手段とするのも良いでしょう。

「ヴリコラカス」なら相手ターンに深闇を満たすこともできます。

 

ヴェアヴォルフ・ズィーガー、オーフル・ネイル

スタンダードには派手にパワーアップするカードがほとんど無いとは言え、全体的にパワーアップのコスト効率が上がっているのは確かです。

「ヴェアヴォルフ・ズィーガー」はソウル5枚以上ならパワー+5000、「オーフル・ネイル」は登場時にソウルチャージ1し、ソウル5枚以上ならパワー+5000できます。

 

どちらもコスト無しでパワーを5000上げられますね。

「オーフル・ネイル」であればソウルチャージもできるので、「邪神司教ガスティール」で減ったソウルを取り戻せます。

 

弱点はパワーアップ以外にこれと言った効果を持たないこと。

やはりスタンダードは効果がシンプルになっているので、効果が色々盛られたG期よりは見劣りするかもしれません。

深闇を重視しない構築であれば採用候補に挙がるでしょう。

 

ヴェアベーア・フェアフォルガー

スタンダードの中でも数少ない、爆発力を持ったグレード2。

カウンターブラスト1こそ払いますが、アタック時にソウルチャージ1とソウルの数だけパワー+2000とかなりの高効率です。

 

「ベイルファル・リプレッサー」と組ませてみたいカードです。

「魂を刈る者バラム」との相性も良く、ガード制限はソウル13枚以上で発動するので「ヴェアベーア・フェアフォルガー」のパワーは少なくとも+26000されます。

 

「ベイルファル・リプレッサー」と「ヴェアベーア・フェアフォルガー」の効果を「邪神司教ガスティール」で得ることができ、「魂を刈る者バラム」のGB3が有効になっていれば、

少なくとも

単体パワー47000、グレード0と1を手札からガードできない

と、かなり頭おかしい感じになります。

 

ここからさらにブーストを付けられるので、スタンダードの「ドリーン・ザ・スラスター」でブーストしてみたいところです。

 

難点はパワー8000と言ったところでしょうか。

ただ「邪神司教ガスティール」用に1,2枚ソウルに入ってくれていればいいのでそこまで問題にはならないかもしれません。

爆発力はスタンダードのカードの中でも随一で、これが出ただけで「邪神司教ガスティール」も強化されてると言って良いでしょう。

 

まとめ

スタンダードのカードで「邪神司教ガスティール」に使えそうなグレード2をまとめてみました。

派手さは無いですが、全体的にカードパワーが上がっている部分があるのも確か。

グレード2だけみると微妙そうですが、他のグレードを見ると「ドリーン・ザ・スラスター」のようなパワーカードもあるので、シンプルにスタンダードのカードで強化したダークイレギュラーズPスタンダードを組んでみるのも面白そうです。

 

僕はプレミアムコレクション2019で出るガスティールを楽しみに、ダークイレギュラーズのPスタンダードを組んでみようかと思います。

参考までにGスタンダード時代のダークイレギュラーズ記事はこちら。良かったら見てみてください。

【ヴァンガード】ガスティール採用型シャルハロートデッキについてデッキレシピや回し方を徹底解説 今回は「夜明けへと進む者 シャルハロート」をメインとしたダークイレギュラーズのデッキについて紹介します。 どういうデッキになるか、...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA