VGカード紹介

これからのダクイレを象徴するのかもしれない ヴァリアンツ・シャットアームについて【ヴァンガード】

おはようございます。しんぺいです。

今回は「ヴァリアンツ・シャットアーム」について。

「幻馬再臨」に収録されるダークイレギュラーズのRですね。

なんか普通にスペック高そうな効果を持っています。

それでは効果を見ていきましょう。

 

ヴァリアンツ・シャットアームの効果

ヴァリアンツ・シャットアーム

グレード2 パワー9000 シールド5000

ダークイレギュラーズ ヒューマン

【自】【R】:ブーストされてヴァンガードにアタックした時、そのバトル中、このユニットのパワー+6000。あなたのソウルに「ヴァリアンツ・シャットアーム」が2枚以上なら、さらにコスト【カウンターブラスト1】することで、相手のリアガードを1枚選び、退却させる。

 

ほぼ無条件に近いパワーアップ

ブーストされればパワー15000まで上がりますね。

この効果を見た時にまず思ったのは、パワー+6000って久々に見たな・・・っていうところ。

 

スタンダードが始まったばかりの頃、プロテクトと言えばパワー+6000みたいなところがあったような気もするんですが、いつの間にかそんなことは無くなっていましたね。

というかそもそもスタンダードのダークイレギュラーズにはパワー+6000なんて効果持ってるやついなかったりもするんですが、なんかここに来て急にプロテクトっぽい数値が出てきたのは妙にびっくりしています。

 

ブーストがいるとはいえ、こいつだけでパワー15000まで出るのは強いですね。

8000ブースト付ければ23000出せるのはえらいですし、「ディメンジョン・クリーパー」のようにパワー13000出せるユニットと合わせれば28000まで普通に出せちゃいます。

プロテクトⅡを乗せればブーストいるとはいえ「ヴァリアンツ・シャットアーム」分だけでパワー20000出せますし、いよいよフォースかな?ってくらいにはパワー上がってきていますね。

 

「ドリーン・ザ・スラスター」のような派手さはないですが、条件がほぼ無いに等しいですし、こういうお手軽高パワーはあって損は無いでしょう。

後半の効果にはカウンターブラスト1かかりますが、パワーアップまでならコストいらないのも好印象です。

 

ブーストが無ければパワー低いままなのが気になる場面はあるでしょうが、アタッカーとしては充分なのではないかと思います。

 

追加効果:退却

ソウルに「ヴァリアンツ・シャットアーム」が2枚以上あれば、カウンターブラスト1を払うことで相手リアガードの退却ができます。

 

コスト効率こそ普通ですが、毎ターン使える効果って言うのが良いですね。

僕はグランブルーだと「イービル・シェイド」、かげろうなら「ドラゴニック・バーンアウト」みたいに毎ターン効果使えるユニットを妙に評価している部分があります。

カウンターブラスト余らせることもなくなりますし、こういう毎ターン効果使えるやつって結構好きなんですよね。

 

退却効果なので刺さるかどうかは若干相手しだいなところはありますが、リアガードに鑑賞できる手段はあって損はありません。

それこそ「仮面の王ダンタリアン」デッキであればダンタリアンのソウルチャージ効果にまでつながりますし、かなり嬉しい効果と言えるでしょう。

 

元々高いパワーを出せているというのがあるので、それに加えて退却効果まで持っているのでスペック高めですね。

ソウルに「ヴァリアンツ・シャットアーム」が2枚以上というのが厳しいですが、「エンブレム・マスター」のおかげである程度はスムーズにソウルに送れます。

堅実に効果を盛っていこう エンブレム・マスターについて【ヴァンガード】今回は「エンブレム・マスター」について。 「幻馬再臨」に収録されるダークイレギュラーズのRRRですね。 ソウルチャージに自己強化と、正直かなり欲しかった効果が詰まっていて素敵です。 それでは効果を見ていきましょう。...

 

最悪ここを満たせなくてもパワー15000のユニットとしては使っていけるのでかなり扱いやすいユニットなんじゃないかなと思っています。

 

シンプルにリアガード要員なユニット

「ヴァリアンツ・シャットアーム」はソウルチャージに関わる効果を一切持たないですね。

代わりにパワーアップと除去効果を備えていて、分かりやすく強いリアガードみたいな感じになっています。

 

ダークイレギュラーズはソウルが増えるごとに強くなるクランなので、こういうリアガードは本来であれば頼もしいものです。

ただ現状気になるのは、ヴァンガードでソウルチャージできないのでソウルチャージ要員のリアガードを採用せざるを得ないところ。

ソウルチャージできるユニットと言うのは力不足なユニットが多く、結局ソウルためてるだけではリアガードがそんなに強くないという悩みがありました。「ドリーン・ザ・スラスター」引けてればまた話は変わってきますが。

 

そんな中でソウルチャージ要員でないユニットの登場。

これはそろそろヴァンガードでソウルチャージできても良いのではないでしょうか。

「仮面の王ダンタリアン」は結構ヴァンガードでソウルチャージできますが、退却効果を使う必要がありますし。

個人的な理想はヴァンガードでソウルをためて、リアガードはソウル状況によってパワーアップするやつで固めるというものです。

 

G期の終わりの方がちょうどそんな感じだったんですよね。

ヴァンガードだけでソウルチャージ足りてるし、リアガードは存分に強いの入れられるって状態でした。

今だといくらリアガードで強いやつが出てもヴァンガードでソウルをロクにためられないので、ソウルチャージ要員のリアガードを入れるしかなくなってしまいます。

 

いずれは「ヴァリアンツ・シャットアーム」みたいな、リアガードで強いユニットで固めたいものです。

 

まとめ

「ヴァリアンツ・シャットアーム」についてまとめました。

個人的にかなり好きな効果をしています。

パワー高くて除去もできるので、リアガードでかなり扱いやすそう。

ただ、ソウルの条件もあるのでそこらへんは上手くフォローできるようなデッキにしていきたいですね。

まだVRの効果が未定ですが、そこでサポートしてくれないかなとか思っていたり。

これからが楽しみなカードです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA