VGデッキ構築

かわいい顔してるやつはわりと平気でエグイことをする はむすけ軸グレートネイチャー

おはようございます。しんぺいです。

今回紹介するのは「鉛筆英雄はむすけ」をメインにしたはむすけ軸グレートネイチャーデッキです。

アクセルサークルを出すのが大得意なはむすけは見た目によらず攻撃的。

グレード3の初回ライド時からアクセルを2つ得られるので、ガンガン攻めていきましょう。

 

デッキレシピ

グレード3

鉛筆英雄 はむすけ x 4枚
はむすけの学友 ロケット鉛筆のはむどん x 4枚

グレード2

鉛筆騎士 はむすけ x 4枚
はむすけの学友 赤青鉛筆のはむひこ x 4枚
ジオグラフ・ジャイアント x 3枚

グレード1

鉛筆従士 はむすけ x 4枚
はむすけの級友 パステルマーカーのはむな x 2枚
黒玉の研究者 セシル x 4枚
モノキュラス・タイガー x 4枚

グレード0

アラーム・チキン x 4枚
カスタネット・ドンキー x 2枚
ケーブル・シープ x 4枚
スリップ・パンゴリン x 2枚
ディクショナリー・ゴート x 4枚
ブラックボード・オーム x 1枚

 

見た目にだまされるな! はむすけのおそろしさ

このデッキのメインははむすけ軸の名の通り、「鉛筆英雄はむすけ」!

ライド時に手札を捨てれば追加でイマジナリーギフトを獲得できます。

アクセルⅠしかなかった頃は、手札を投げ捨てて攻めていくイメージでした。アクセル増やしながらの展開は強いけど、手札消費が激しすぎる感じ。

しかし、アクセルⅡの登場で状況は一変。

アクセルサークルを出せばドローできるようになったので「鉛筆英雄はむすけ」の効果も、

  • 1ドロー+2体コール

とかなり優秀な効果になりました。普通にライドして得たギフトも合わせると2ドローできることになります。2ドローして2体コールするって普通にやってることおかしくない??

 

どんどんアクセルサークルを得ることができるので、ばんばん並べて攻めたてていきましょう。

先攻ライド時でも全然フルパワーを出せるので、うまくいけば準備の出来ていない相手を一方的に殴り倒すことができます。

 

ソウルにはむすけを置こう

「鉛筆英雄はむすけ」の効果を使うためには、ソウルに「鉛筆騎士はむすけ」と「鉛筆従士はむすけ」が必要です。

理想は1ターン目に「鉛筆従士はむすけ」をリアガードに出すこと。

ソウルに入ってデッキから「鉛筆騎士はむすけ」を持ってこられるので、次のターンにライドすれば「鉛筆英雄はむすけ」の条件達成です。

 

ただ、そううまくもいかないのでこのデッキにはいくつかのサポートを入れています。

「はむすけの級友パステルマーカーのはむな」もそんな1枚。

手札交換ができますね。グレード1、2のはむすけをソウルに入れつつグレード3のはむすけを引けると理想的です。

 

あと手札交換要員としては「黒玉の研究者セシル」。

主な狙いは2枚ドロー2枚捨ての手札交換です。

もしノーマルユニットがヒットした場合でも、ソウルチャージで入ってくれれば儲けもの。そもそも13000になれるのは優秀です。序盤から攻撃回数も重ねられますし。

 

「はむすけの学友赤青鉛筆のはむひこ」も優秀なユニットです。

登場時の手札補充は2枚見て1枚を加えると、ドローよりも強力。これで「鉛筆英雄はむすけ」を持ってきたいですね。

後半のパワーアップ効果はこのデッキだと毎ターンの発動は少し厳しいですが、はむひこ自身の効果でも反応するので不発はほぼありません。

「モノキュラス・タイガー」もいるので、攻めの段階では発動できるでしょう。

 

広げたアクセルサークルを使い倒そう

「鉛筆英雄はむすけ」の効果を無事に使えた後は、一気に攻めていきましょう。

アクセルⅡでドローしたカードを盤面に出していきます。

「ジオグラフ・ジャイアント」はアクセルサークル上にいると真価を発揮します。アクセルサークルを増やしやすいこのデッキとの相性は良いですね。

さらにアクセルサークルのユニットを強化する手段として、「はむすけの学友ロケット鉛筆のはむどん」を入れています。

「鉛筆英雄はむすけ」の効果でアクセルサークル2つ以上である場合は多いので、手札の損失無しにパワーアップ効果を使っていけます。

ここで増えたソウルは「モノキュラス・タイガー」や「黒玉の研究者セシル」で使っていきましょう。

 

はむどん自身のパワーも上がりやすく、効果の性質上はむどんはメインのリアガードサークルにいることが多いので、「モノキュラス・タイガー」でブーストしたいですね。

はむどんの効果を発動していればパワーは22000+8000で30000。トリガーを引けば40000までは見えてきますね。

ここまで来れば守護者封じだろうがノーマルユニット封じだろうがつらいことに変わりはありません。

 

トリガー配分について

トリガーはフロント重視でドロー多め。

「鉛筆英雄はむすけ」の効果で手札を捨てる都合上、手札の枚数は欲しいです。

そしてアクセルサークルを使ってユニットを並べやすくなっているので、前列を埋めてフロントトリガーをめくれれば恩恵は計り知れませんね。

上手く揃えば先攻ライド時でもフルパワーで攻めていけるので、かなり足の速いデッキになります。

アクセルらしく、ササっと並べて殴り切っていきましょう。

 

まとめ

はむすけ軸のグレートネイチャーについてまとめました。

「鉛筆英雄はむすけ」を使ったデッキは以前からありましたが、「The Mysterious Fortune」の強化で安定感が増しましたね。ドロー系のサポートが出たのは大きいです。

VRも使わないデッキで組みやすいので、興味のある人はぜひ組んでみてください。

 

今回紹介したデッキはガチャログにも掲載していますのでこちらもどうぞ!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA