VGカード紹介

ソウルバレット・ルーレットの使い道を本気で考えてみた【ヴァンガード】

おはようございます。しんぺいです。

なんかいつの間にか新規オーダーカードが公開されていました。

ソウルバレット・ルーレット

グレード3 ノーマルオーダー

コスト【カウンターブラスト1】

ソウルチャージ1し、そのソウルチャージされたカードと同名のカードがあなたのソウルに2枚以上あるなら、あなたは1枚引く。(ソウルチャージされたカードも含む)

「ソウルバレット・ルーレット」。名前がそこはかとなくカッコいい。

レア枠のオーダーと言うと過去には「知略の兵法 剛腕の章」や「水神護符 ”呪浄渦洗”」がありました。

その2枚、なんやかんやで使い道があるカードですが、果たして「ソウルバレット・ルーレット」はどうなるでしょう。

個人的にはさすがに使いづらいんじゃないかと思っていますが、果たして・・・。

ひとまず効果を見ていきますか。

 

ソウルチャージ&ドロー

ソウルチャージ1し、ソウルチャージされたカードがすでにソウルにあるならドローもできます。

ソウルに同名が2枚以上というと若干きつそうに見えますが、2枚のカウントにはソウルチャージされたカードも含むので、実際には「すでにソウルにあるカードがソウルチャージされたら1ドロー」と言って良いでしょう。

 

損失なくソウルチャージができると考えるとわりと強そうではあります。

手札交換にもなりますし、ソウルを整えつつこれで必要なカードを引ければ万々歳と言ったところでしょうか。

ただし、そんなにうまくいけば話のですが・・・。

 

ソウルバレット・ルーレットが使えるデッキを考えてみる

どのようなデッキで使えるか考えてみましょう。

ドロー効果を狙うには、ソウルが豊富なデッキの方が良いですね。ダークイレギュラーズとか。

大量にソウルがあればすでにソウルにあるカードがソウルチャージされる可能性も高く、ドロー効果を狙いやすいです。

 

ただしそこまでやっても所詮アドバンテージ的にはトントン。使うだけで手札が減り、盤面にも残らないオーダーカードのつらさが出ていますね。

ダークイレギュラーズはソウルチャージなんて他のカードでいくらでもできるし、ドロー狙うならそれこそ今回出る「デモンテッド・エクセキューショナー」の方が良い。

デモンテッド・エクセキューショナー

グレード2 パワー9000 シールド5000

ダークイレギュラーズ デーモン

【自】【V】:グレード2以上にアタックした時、そのバトル中、このユニットのパワー+5000。

【自】【V/R】:登場時、コスト【カウンターブラスト1】することで、ソウルチャージ3し、トリガーユニットが1枚以上ソウルチャージされたら、1枚引く。

なのでドローしやすいとはいえ「ソウルバレット・ルーレット」をダークイレギュラーズに入れられるかっていうとそんな気はあまりしません。

 

では他のデッキならどうでしょう。とりあえずドローを度外視して、ソウルが足りなさそうなデッキに入れてみる。

ソウル足りないデッキの代表と言えばメサイアでしたが、正直最近はそうでもないか。

「デスティニー・ディーラー」みたいな、やたらソウルブラストするリアガードの採用が減ってきてるので、最近は以前ほどソウルに困っている様子を見かけません。

そもそもメサイアデッキには「水神護符 ”呪浄渦洗”」というグレード3オーダーカードが入るので、これ以上オーダー入れる枠も無いですね。

 

あとソウルがきつそうなデッキ。

コキュートスやバスカークを扱うグランブルーなんかはもしかしたら採用できるかも??

アド損すること前提で考えると「氷獄の死霊術師 コキュートス」をメインとするデッキの方が合いそうか。

コキュートスは盤面を埋めるのが得意で損失は気になりにくいし、カウンターブラストも余り気味。

ソウルは「細波のバンシー」や「サムライスピリット」でガンガン使っていくので、「ソウルバレット・ルーレット」でソウルをためにいくのはありなような気がしてきます。

ただまあ、それでも採用するかと言われるとあやしいか。ソウルきついけど、別にどうしてもソウルチャージ欲しいわけでもないもんな。

せめてドローが確定なら入れてた気がしないでもない。なんでここに運要素入れてきたんだ・・・。

 

採用するなら、うっかりソウルチャージでグレード3が入って「氷獄の死霊術師 コキュートス」の効果が強くなる、みたいな展開を狙っていきたいけど果てしなく運ゲー感がすごい。

でもそれ狙うのもありか? デッキにグレード3を入れまくって「ソウルバレット・ルーレット」でグレード3をソウルに突っ込んでいく。

「氷獄の死霊術師 コキュートス」は盤面の展開が得意なのでアド損は気になりにくい。むしろグレード3が入れば展開枚数が増えてお得。カウンターブラストも捻出できなくはない。と考えると狙ってみるのも悪くはなさそう・・・?

 

あとは採用するグレード3か。ライド要員の「氷獄の死霊術師 コキュートス」に最強リアガードの「不死竜 スカルドラゴン」、そして「ソウルバレット・ルーレット」。せっかくなら今回出る「パーラメント・シェイド」も入れてみたいですね。

パーラメント・シェイド

グレード3 パワー12000 ギフトアイコン:なし

グランブルー ゴースト

【自】【V】:アタックした時、コスト【グレード3をソウルブラスト3】することで、あなたと相手のリアガードをすべて退却させ、あなたのドロップゾーンが15枚以上なら、あなたのドロップゾーンから5枚リアガードサークルにコールし、そのターン中、あなたのユニットすべてのパワー+10000。

グランブルーのフィニッシャー枠ですが、コストがきつすぎた。「ソウルバレット・ルーレット」でソウルのグレード3を増やすことを狙うなら、これ入れてみるのも良さそう。コキュートスデッキは3回攻撃しかできないところが悩みでしたし、ちょうど良いですね。

 

なんとなくデッキの方向性が定まってきた? もしかしてこれが新環境のコキュートスデッキか。

なんかぬばたまみたいになってきたな・・・。

僕は過去にぬばたまにグレード3を入れまくって「隠密魔竜 マガツストーム」や「修羅忍竜 ジャミョウコンゴウ」の効果を素早く発動させるデッキを作ったことがあるんですが、あれに近い感じになるのか。

スタンダード構築のぬばたまデッキ解説 -天馬解放 編-「天馬解放」で強化されてから色々試してみましたが、ある程度落ち着いたので紹介していきます。 「修羅忍竜ジャミョウコンゴウ」採用型の、「隠密魔竜マガツストーム」軸デッキといった感じです。...

でもこれ結構ソウルチャージしないと入らなかった覚えがあるけど。

 

「ソウルバレット・ルーレット」は連発しにくい仕様ですし、さすがに成功率は低そう。そう考えるとわざわざ狙いにいくことでも無いのかな。

いっそ「吟遊死人 アルフィオ」も入れてみるか。カウンターブラスト消費が激しくなるし、数少ないグランブルーのソウルチャージだからこの軸だと使えそう。

ソウルチャージでグレード3をソウルに突っ込んでいく。

グランブルーでこれできるのはなんとなく面白そうな気がする。「ソウルバレット・ルーレット」軸で作ってみるのも悪くはないかもしれませんね。

 

まとめ

「ソウルバレット・ルーレット」についてでした。

正直使い道ないかと思っていますが、どのクランでもソウルチャージできるところに可能性を見出せなくもないですね。

使える方法を探ってみましたが、ソウルにグレード3を突っ込む方針が一番おもしろそう。ソウルバレット軸コキュートス、いけるのかこれ??

正直ちょっと楽しみにしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA