VGカード紹介

これが新時代のスタンダード 天輪聖竜 ニルヴァーナ軸のドラゴンエンパイアについて【ヴァンガード】

おはようございます。しんぺいです。

4月17日(土)はブースター第1弾「五大世紀の黎明」の発売日ですね。

スタートデッキで登場した5つのデッキが強化されることに加えて、5つの国家にそれぞれ新規軸も登場しています。

合計10の軸がDスタンダードで組めるようになるということで、スタートデッキでヴァンガード始めた・復帰したけど、ブースターの発売に合わせてデッキをどうしようか悩む人も多いはず。

 

そこでこのブログでは10個のデッキについてそれぞれどんな感じか解説していこうと思います。

今回はドラゴンエンパイアの「天輪聖竜 ニルヴァーナ」軸について。Dスタンダードの目玉である新ギミック、オーバードレスを用いて戦うパワフルなデッキです。

それでは始めていきましょう。

 

ニルヴァーナ軸ってどんなデッキ?

ニルヴァーナ軸のポイントはオーバードレス能力を持つユニットの高いスペックを「天輪聖竜 ニルヴァーナ」で後押しすることにあります。

オーバードレス状態なら単騎20000と高いパワーを出せる「ヴェルリーナ」。さらに「天輪聖竜 ニルヴァーナ」はオーバードレス能力を持つユニットのパワー+10000できます。

この2体が揃うだけでとりあえずパワー30000出せる。お手軽高パワーです。ブーストもすれば38000出せますね。

オーバードレスは特定のユニット2枚が必要な能力ですが、サポートは豊富なのでわりと行いやすい。難易度のわりに高いパワーを出せるのがオーバードレスの魅力です。

 

最悪「ヴェルリーナ」をオーバードレス状態に出来なくとも、ニルヴァーナによるパワーアップは行えるのでパワー20000は出せる、ということは覚えておいて損はありません。

 

そんな感じでかなりお手軽に高パワーを出せるのですが、一方でデメリット的なものも。

オーバードレス状態にするには特定のユニットの上に重ねて出さないといけないため、余分に手札を消費します。

除去を受けた場合には下のカードも一緒に移動するため、損失も大きい。軽めのコストで除去をしてくる監獄デッキは苦手な相手です。

 

とはいえパワーの高さではかなり上位に位置するので高い攻撃力を持ってると言えるでしょう。

3列しっかりパワーを確保して攻めていきたいところです。

 

デッキ構築のポイント

トリクスタを用意する

オーバードレス能力を持つ「ヴェルリーナ」は、「トリクスタ」の上に重ねることでオーバードレスすることができます。

なのでまずは「トリクスタ」を確実に出せるようにしたい。

この辺りのオーバードレスの準備はライドデッキ要員を使うことで簡単に進めることができます。

「焔の巫女 リノ」と「焔の巫女 レイユ」にライドして準備をしていきましょう。

リノ→レイユ→ニルヴァーナとライドすることで、デッキから「トリクスタ」を呼び、「ヴェルリーナ」を手札に加えることができます。オーバードレスの準備完了。

 

とはいえこれで用意できるのは1体だけ。「天輪聖竜 ニルヴァーナ」の効果からしてもう1体はオーバードレス状態のユニットを用意したい。「トリクスタ」をもう1枚引っ張ってきたいですね。

 

そのためには「トリクスタ」をファーストヴァンガードにするのもありだと思います。

ファーストヴァンガードにすれば「トリクスタ」が確実にソウルに入る。そこから「焔の巫女 レイユ」のコストでソウルブラストすればドロップに送ることが出来ますし、さらに「天輪聖竜 ニルヴァーナ」の効果でドロップからコールすることが出来ます。

 

確実にもう1体の「トリクスタ」を呼べるので、あとはオーバードレスできるユニットを引くだけ。オーバードレスできるユニットはブースターで追加が来ているので、2体目のオーバードレスユニットを用意するのもそう難しくはないでしょう。

 

ファーストヴァンガードを「トリクスタ」にすることのデメリットとしては後攻のライド時ドローが無くなることが挙げられますが、どうせ先攻はドローできませんし、さしてデメリットにはならないと思います。

 

オーバードレス状態のユニットを並べてこそ「天輪聖竜 ニルヴァーナ」の真価が発揮されますし、しっかり並べられるようにしたいですね。

 

オーバードレス能力を持つユニットを展開する

「天輪聖竜 ニルヴァーナ」のパワーアップできるリアガードはオーバードレス能力を持つユニットということで、前列にはオーバードレス能力を持つユニットを出したい。

 

スタートデッキではオーバードレス能力を持つユニットは「ヴェルリーナ」しかいなかったので並べるのに苦労しましたが、ブースターにて追加が来ました。

 

「ヴェルリーナ・アルクス」は扱いやすいオーバードレス時能力を持ちます。

ヴェルリーナ・アルクス

グレード2 パワー10000 シールド5000

ドラゴンエンパイア タリスマン

オーバードレス-「トリクスタ」(Rにノーマルコールするかわりに、指定ユニットの上に重ねて登場させてもよい)

【自】:このユニットがRに登場した時、オーバードレスしたなら、コスト【カウンターブラスト1】することで、2枚引き、そのターン中、このユニットのパワー+5000。

オーバードレスさせて登場したなら2ドローできます。オーバードレスによる損失をカバーすることができますね。

ドロー枚数多いですし、これで次なるオーバードレスの準備もできれば理想的です。

 

「ヴェルリーナ・バリエンテ」はこのデッキにふさわしいリアガードですね。

ヴェルリーナ・バリエンテ

グレード3 パワー13000 ペルソナライド

ドラゴンエンパイア タリスマン

オーバードレス-「トリクスタ」か、オーバードレス状態のグレード3以下(Rにノーマルコールするかわりに、指定ユニットの上に重ねて登場させてもよい)

【永】【R】:このユニットのドレス元1つにつき、このユニットのパワー+5000。

【自】【R】【ターン1回】:オーバードレス状態のこのユニットのアタックがヒットした時、コスト【カウンターブラスト1、手札を1枚捨てる】ことで、このユニットをスタンドさせる。

ドレス元の数だけパワーの上がる効果に加え、アタックがヒットすればスタンドできます。

登場ターンが過ぎた「ヴェルリーナ・アルクス」の上に重ねるのが主な出し方か。アルクスのパワーアップは1ターンで終わりますしね。

 

パワー23000出せるとして、ニルヴァーナの効果でパワー33000まで上げられますね。しかもヒットすればスタンドするんで相手はガードせざるを得ない。高いパワーとガード強要は相性が良い。超トリガーでも引きたくなります。

 

地味に「トリクスタ」に重ねるだけでも単騎18000からニルヴァーナ込みで28000まで出せるのは嬉しいところ。とりあえずシールド15000のトリガー1枚ではガードさせない。素のパワーが13000であるグレード3の良さが出ています。

 

ヴェルリーナが2種追加されたので、前列にオーバードレス能力を持つユニットを用意しやすくなりました。

安定して高パワーの出せる「ヴェルリーナ」、手札を稼げる「ヴェルリーナ・アルクス」、スタンド効果をちらつかせて相手の手札を強引に削りに行く「ヴェルリーナ・バリエンテ」。

 

前列をオーバードレス能力を持つユニットで埋めることが簡単になったので、よりしっかり高いパワーを出せるようになりました。3回攻撃ですが、がっつり相手の手札を削っていけるでしょう。

 

まとめ

「天輪聖竜 ニルヴァーナ」軸のドラゴンエンパイアについてでした。

オーバードレスが楽しいですね。オーバードレスできるユニットも増えてきたんで、スタートデッキよりもさらに使いやすくなっています。

手札補充にガード強要。わりと欲しい感じのユニットが出てきてくれていますし、非オーバードレスをデッキから減らせるので、スタートデッキからかなり強化されていると感じられるかと思います。

前列全部しっかりパワー出して攻撃する、新しい効果を使いながらもヴァンガードの基本に忠実なデッキです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA