VGカード紹介

これは将来のアタッカー枠 金翼の呪姫ローディアについて【ヴァンガード】

おはようございます。しんぺいです。

今回は「金翼の呪姫ローディア」について。

ショップ大会参加賞のファイトパックに入っているダークイレギュラーズですね。

シンプルながら強力なパワーアップ効果を持っています。

それでは効果を見ていきましょう。

 

金翼の呪姫ローディアの効果

金翼の呪姫ローディア

グレード2 パワー5000 シールド10000

ダークイレギュラーズ ヒューマン

【永】【V/R】:あなたのソウル1枚につき、このユニットのパワー+1000。

 

デメリットアタッカーのようなものかもしれない

ソウルに応じてパワー+1000。

非常にシンプルな効果です。

ていうかこの手の効果を見るたびにアモンかな?って思う。

・・・スタンでも出てくれんかなあ。

 

序盤のもろさ

スタンダードのヴァンガードってかなり速度が速くなってきていて、グレード2の段階でも結構攻めてきたりします。アクフォとかアクフォとかアクフォとか。

ローディアはパワー5000。ライドすると相当厳しいですね。

一応Vでも効果は有効なのでパワーは上がりますが、普通にライドするとソウルは2枚のはずなのでパワー7000。

 

このくらい序盤だとソウルチャージもできて1~2枚でしょうし、良いとこパワー8000~9000。Vとしてのパフォーマンスは並みかそれ以下になってしまいます。

一応4枚ソウルチャージでソウル6枚のパワー11000。

ここまで来るとVとしても固くて良い感じですが、グレード2段階で4枚もソウルチャージできるとも思えません。出来なくはないけどかなり運が絡む感じ。

 

やっぱり使うのは本格的にソウルが貯まるグレード3以降になってくるでしょう。

 

アタッカーとしての運用

ソウル8枚でパワー13000、フォースのVに単騎で攻撃がヒットするようになります。

「ノーライフキング デスアンカー」の効果を使えるソウル13枚ではパワー18000。

効果使用した後はソウル20枚とかいくのも珍しくないので、単騎20000越えも狙えますね。

 

適当な8000ブーストを付けてもパワー28000狙えます。

ただしここまでいくのにソウルは15枚以上いるので、残りのデッキ枚数も少なくてあんまり悠長なことは言ってられませんね。

そもそもそんなにソウルチャージするならそれ「ドリーン・ザ・スラスター」で良くない?ってなってしまうのがつらいところ。

まあグレードも違えば、ソウルチャージしなくともパワーが上がる点など違うところは多々あるので一概には比べられませんが。

ローディアは安定してパワー高いところが僕は好きです。

 

僕のローディアに対する評価って、

  • 初見のぼく「こいつめっちゃ強ない?」
  • デッキに入れることを考えてる時のぼく「あ、やっぱそこまで強くないかもしれない・・・」

っていう感じで揺れ動いていて、

 

なんでかって言うと僕がデスアンカー軸のデッキを使っているからですね。

「五大元素の支配者」をフィニッシャーにする構築にしていて、こいつはアタック時にソウル全部捨てるのでローディアのパワーは5000に戻ってしまいます。

 

そうなると圧倒的に「ドリーン・ザ・スラスター」でいいやって結論になってしまうんですよね。途中までは強くて良い感じなんですが。

「ドリーン・ザ・スラスター」と「金翼の呪姫ローディア」の両方を入れることも考えてみましたが、そこまでするとソウルチャージ要員足りない気がして踏み切れません。

 

主な活躍の場は「仮面の王ダンタリアン」のデッキになりそうです。あっちはソウルそこまで捨てませんし。

 

地味にシールド10000

ダンタリアン軸で活躍しそうな理由がもう1つあって、ローディアってシールド10000あるんですよね。グレード2にしては珍しく。

 

「仮面の王ダンタリアン」のデッキでは、ササっとリアガードを展開してパワーを上げて、ガードはソウルから出して守っていきます。

ソウルから出すガードはグレード2以上だけなので、普通はシールド5000とかでそこまで固くはないのですが、「ダークソウル・コンダクター」のようにシールド値の高いものを採用することで守りを固めていきます。

 

「金翼の呪姫ローディア」も10000シールドなので、ダンタリアンでガードに出しても良い感じですね。

「ダークソウル・コンダクター」はリアガードでのパワーが低いのが微妙でしたが、ローディアはその点あまり問題ありません。

 

ダンタリアンデッキのグレード2の質が上がるんじゃないのかなあと思っています。

 

今後のダークイレギュラーズに求めるもの

「金翼の呪姫ローディア」はソウルがあれば強いカードですね。

ダークイレギュラーズのデッキは

  • ソウルをためるカード
  • ソウルがあれば強いカード

をバランス良く入れる必要があります。

 

ただ、ソウルをためるだけのカードって結構弱いんですよね。

ソウルチャージって別に何のアドバンテージも生んでいません。

 

あとソウルをためるカードってリアガードが多いのも問題です。

ようはソウルが貯まるかどうかは引きに左右されやすいってことなんですね。

本音で言えばローディアのようなソウルあれば強いカードはガンガン入れたいところなんですが、そればっかりだとソウルをためられずに詰んでしまいます。

 

この点Pスタンダードのダークイレギュラーズは非常に良くて、Vだけでめっちゃソウルチャージできるんですよね。

なのでリアガードにはソウルがあれば強いカードをガンガン入れてかなりカードパワーの高いデッキに仕上げることができます。

 

でもスタンダードのダークイレギュラーズってVがそこまでソウルチャージできなくて、せいぜいダンタリアン軸くらいですね。あれはあれで退却させるカードを入れる必要が出てきますが。

 

だから安定してソウルチャージできるVが欲しいなあと思う今日この頃。

次のパックで何か出るのを期待しています。

 

まとめ

「金翼の呪姫ローディア」についてまとめました。

かなり優秀なアタッカーなのですが、ソウルためる苦労を考えると枚数に迷いますね。

たぶんダンタリアン軸で一番扱いやすいカードだと思います。

デスアンカー軸ではどうでしょうね。ソウルチャージが少ないのであまり優先できないかもしれません。

とは言え効果自体は強いのでとりあえず集めておこうかと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA