遊戯王

ジェネレイドデッキがいつの間にか良い感じに強化されてた【遊戯王】

おはようございます。しんぺいです。

最近は遊戯王への熱が取り戻されつつあります。

何と言っても再来週には三幻魔のストラクチャーデッキが出ますからね。そこに向けて遊戯王熱が戻ってきました。

最近遊戯王についてなんか記事書いたっけなーとか思っていると、

王(ジェネレイド)デッキの課題をまとめてみた【遊戯王】ここでは王(ジェネレイド)デッキをなるべく純で組もうとしたときにぶち当たる問題について考えていきます。 特にレシピとかを載せてるわけではありませんが、改造のヒントにしていただければ幸いです。...

これ。王(ジェネレイド)デッキについて書きましたが、最近とか言いながら去年の夏か。

 

そう思うとずいぶん長い間遊戯王から遠ざかっていたもので、いくつかある自分の手持ちデッキもなんだか見慣れない感じに見えてきました。回し方忘れてる。

なので手持ちのデッキを組みなおしてみようかと思います。

それでジェネレイドデッキから取り掛かるんですが、ジェネレイドって知らない間に強化されてたんですね。

上の記事では当時のジェネレイドの問題点を書いていましたが、新規で割と解決されている。

というわけで今回はジェネレイドデッキを組みなおすにあたって、登場当初からどう強化されてるのかをまとめておこうと思います。

 

ジェネレイドデッキ登場当初の課題

王(ジェネレイド)デッキの課題をまとめてみた【遊戯王】ここでは王(ジェネレイド)デッキをなるべく純で組もうとしたときにぶち当たる問題について考えていきます。 特にレシピとかを載せてるわけではありませんが、改造のヒントにしていただければ幸いです。...

上の記事で、僕はジェネレイドデッキの課題を

  1. 「王の舞台」の発動が安定しない
  2. 妨害が薄い
  3. 自ターンで展開できない

としました。

 

特に妨害が薄いのが致命的だと思っています。やっぱ今の遊戯王って妨害が命ですから。

せっかくデッキを組むからには、少なくとも相手ターンに妨害手段を残してしのいでいけるくらいにはしたいなって感じです。攻めのデッキも良いけど一方的に負けるのは困ります。

 

純正ジェネレイドは妨害手段が微妙でした。

まともな妨害は「氷の王ニードヘッグ」と「剣の王フローディ」くらいで、それも充分かと言われると微妙なところ。

無いよりは良いですが、対応範囲が狭かったりアドバンテージの獲れない破壊だったりで改善が欲しいと思っていました。

 

ただ、この半年の間にいくらか新規カードが出たことで、かなり状況は良くなったと思っています。

デッキビルドパックのテーマってパック出てからは存在を忘れられたかのように無かったことになるもんだと思っていましたが新規カードが出て本当嬉しい限りです。

 

新規カードによる改善

新規ですが、まずレベル9ジェネレイドが2体追加されました。

「虚の王ウートガルザ」と「轟の王ハール」です。

これらは妨害効果を持っており、どちらもかなり良い感じ。

「虚の王ウートガルザ」は対象を取る除外ですね。リリース数は多いものの除外ってところが良い。

「轟の王ハール」は魔法・罠・モンスター効果の無効です。ちゃんと破壊までできるのがえらい。

対象を取る除去は「剣の王フローディ」が出来ていたとはいえ、あちらは相手にドローさせてしまいます。その点「虚の王ウートガルザ」はコストは重いですが、相手に得はさせません。そもそもリリース数が多いって、こっちは「王の舞台」でトークンを出しまくるので、相手に得させるか自分が損するかでは、自分が損する方を取った方がマシですね。

 

そして待望の効果無効。これがあるテーマと無いテーマでは妨害力が段違いだと思っています。

「轟の王ハール」は「王の舞台」さえ設置できれば勝手に呼んでこれるますし、さらにはドローフェイズ以外でデッキからカードを手札に加えた際にはモンスターを1体墓地に送るペナルティが。至れり尽くせりです。

 

あとは待望の下級モンスターが登場しました。

こいつ本当に便利な効果をしています。

場のジェネレイドモンスターをリリースすることでデッキから別のジェネレイドモンスターを出す効果が強力。

「王の舞台」から出てきたジェネレイドトークンをリリースして別のジェネレイドに変換できるので、実質相手ターンに出せるジェネレイドモンスターが2体になるという感じ。今までは「王の舞台」での1体だけだったので、これでより展開が捗ります。

 

自身もリリースできるので、召喚即リリースすることで「光の王マルデル」を特殊召喚し、「王の舞台」をサーチする動きも取れます。

「王の舞台」が引けていなくても、「王の影ロプトル」が引けていれば「王の舞台」まで繋げられるようになったのはでかい。

やっぱジェネレイドデッキは「王の舞台」無いと始まりませんから。「王の影ロプトル」はかなり良い効果を持ってきてくれました。

 

地味にレベル4の天使族なので、「失楽の魔女」から特殊召喚できる点も覚えておきたいところ。

相手ターンにしか出せないので自ターンに「王の舞台」まで繋げる動きは取れませんが、他のジェネレイドを出す動きはできるので、入れておくのも良いかもしれません。

 

あとはジェネレイド全く関係無いですが、レベル9に良いモンスターが登場しました。

それが「トリアス・ヒエラルキア」。

天使族モンスター3体までリリースっていうのがジェネレイドにピッタリですね。「王の舞台」によって毎ターン補充されるジェネレイドトークンが天使族なので楽に出せます。

さらに特殊召喚時には除去とドローができます。3体リリースするのも、「王の舞台」があればそう難しくありません。

レベル9なので他のジェネレイドと共にエクシーズ素材にできますし、なんでジェネレイドの名前を持っていないのか謎なレベルでジェネレイドデッキとの相性が良いです。

 

新規カードはこの辺りが良さそうな感じですね。良い感じにジェネレイドに欲しかった効果を持ってくれているのがありがたいです。

 

まとめ

強化されたジェネレイドについてまとめました。

星遺物関連の強化もあったので本当はまだ変わりようがありますが、とりあえず純ジェネレイドで組む分には今回紹介した辺りのカードがあればいけそうです。

わりと欲しい効果が揃って出てきてくれたので、デッキビルドパック登場時とは全然違う感じになることが期待できますね。

組んでみたらまた記事にしてみようかと思います。結構変わりそうなんで楽しみですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA