VGカード紹介

アビサル・オウルとかいう神鳥について【ヴァンガード】

おはようございます。しんぺいです。

気付けば来週には「虚幻竜刻」の発売日。時間の流れが早すぎてついていけません。

ルアードすげえって言ってる間に発売日が来そうなんですが、またひとつ今日のカードでルアードデッキに使えそうなやつが紹介されましたね。

「アビサル・オウル」。ルアードデッキって強いけど手札ちょっと増やしにくいかな~とか思ってたらその辺の悩みを爆速で解決しに来ました。

色々と便利に扱えそうなんでちょっと効果を見ていきましょう。

 

アビサル・オウルの効果

アビサル・オウル

グレード1 パワー5000 シールド5000

シャドウパラディン ハイビースト

【自】【V/R】:この能力のコストはあなたの相手のヴァンガードのグレードが同じなら、『ソウルブラスト1』でも払える。登場時、コスト【カウンターブラスト1】することで、1枚引く。

 

だいぶ使いやすくなった登場時1ドロー

登場時にカウンターブラスト1で1枚ドローできます。

この手の効果は「黒翼のソードブレイカー」の得意技と言ったところでしょうか。

「髑髏の魔女 ネヴァン」で「黒翼のソードブレイカー」を呼び出し、登場時効果で1ドロー。盤面を1枚増やしつつ手札も1枚増やす動きで退却コストをまかなったり手札を節約しながら戦えます。

 

この動き、ルアードデッキでもできるっちゃできるんですが、ちょっと気になるところが。

それが「黒翼のソードブレイカー」のカウンターブラストですね。

ルアードデッキでは「天空を舞う竜 ルアード」「竜刻魔道士 リア・ファル」がカウンターブラストを使って展開するカードで、「竜刻魔道士 モルフェッサ」がカウンターブラストを使って攻撃していくカード。

竜刻魔道士 モルフェッサの強さについて語りたい【ヴァンガード】おはようございます。しんぺいです。 今日は「竜刻魔道士 モルフェッサ」について。 ルアードについて語るには、モルフェッサの存...
竜刻魔道士 リア・ファルの汎用性が高すぎてビビる【ヴァンガード】おはようございます。しんぺいです。 今日のカードで「竜刻魔道士 リア・ファル」が公開されていました。 【今日のカード】8月2...

カウンターブラストを使ってやりたいことが多く、いくらカウンターチャージができる「黒の賢者 カロン」がいるといってもカウンターブラストに余裕があるほどではありません。

 

なので単なるドローのためにまでカウンターブラストを使っていけるかが怪しい。

とか思っていたら「アビサル・オウル」です。

登場時カウンターブラスト1で1ドローは「黒翼のソードブレイカー」と変わらず、それに加えてこのコストをソウルブラスト1でも支払うことができますね。

 

カウンターブラストはデッキの動きに不可欠なやつらに使っていきたいので、ドロー効果のコストをソウルブラストに変換できるのはありがたい。これでルアードデッキでも安心してドローしていくことが可能になりました。まさに救世主。

 

ちなみにソウルはソウルで「黒の賢者 カロン」なりで使っていくのですが、カウンターブラストよりは競合しない感じ。なので「黒翼のソードブレイカー」を使うよりは積極的にドローを狙っていけるかと思います。

 

コストの払い方について

コストを変更する条件は、自分と相手のヴァンガードのグレードが同じであること。

それってどういう場合が考えられるかというと、

  • 自分が後攻
  • お互いがグレード3になってから

これらの場合はコスト変更ができるようになります。相手がグレード4使って来たりライド事故したりしない限りは。

 

そして地味に良いのが、コストの変更は任意ってところですね。

ソウルはソウルで使っていくので、足りなさそうな場合はカウンターブラストのままにしとくってことも選べます。

まあだいたいはソウルブラストで払うことになるとは思いますが、一応。

 

ネヴァンに役割を与えられるパワー5000

「アビサル・オウル」の良いところはパワー5000ってところですね。「髑髏の魔女 ネヴァン」で呼んでくることができます。

 

ルアードデッキでの「髑髏の魔女 ネヴァン」って「結氷の魔女 ベンデ」を使ったスペリオルライドのギミックを使用しない場合はあんま呼びたいやつがいなかった。

適当に別の「髑髏の魔女 ネヴァン」を呼んで退却コストにするくらいですね。「覚醒を待つ竜 ルアード」がお得にリアガードを変換できるのでそれでも別に良かったんですが。

覚醒を待つ竜 ルアード

グレード3 パワー13000 ギフトアイコン:フォース

シャドウパラディン エルフ

【起】【V】【ターン1回】:コスト【グレード1のリアガードを2枚退却させる】ことで、1枚引き、相手のリアガードを1枚選び、退却させる。

【起】【V】【ターン1回】:この能力のコストはあなたのドロップゾーンのグレード1のカード1枚につき、カウンターブラスト1減る。コスト【カウンターブラスト3】することで、あなたのドロップゾーンからノーマルユニットを2枚山札に戻し、山札から「天空に舞う竜 ルアード」を1枚まで探し、スタンドでライドし、山札をシャッフルする。このターン終了時、あなたのソウルから「覚醒を待つ竜 ルアード」を1枚レストでライドする。

しかし「アビサル・オウル」が来るとなればこの動きも一段階強くなります。

適当に呼ぶはずだった「髑髏の魔女 ネヴァン」の代わりに「アビサル・オウル」を呼んでくることで、ドローしながら「覚醒を待つ竜 ルアード」の効果に繋げることができるように。

 

明確に「髑髏の魔女 ネヴァン」で呼びたいカードができたという感じで、ルアードデッキでの「髑髏の魔女 ネヴァン」の重要さが増したカードと言えるでしょう。

「髑髏の魔女 ネヴァン」で雑にリアガードを増やして「覚醒を待つ竜 ルアード」で手札と退却に換えるだけでも強かったのに、ついでのように「アビサル・オウル」でドローできてしまうのが強い。

 

コスト変更は基本的に後攻であれば序盤から使っていける感じなので、後攻の時の動きが強くなったと言えるかもしれません。

いうて先攻は先攻でグレード2の相手をルアードで殴り倒せるところが充分強かったので、後攻の時の動きが補強されたのはありがたいところです。

 

しかし今回のシャドウパラディンはマジでネヴァンに頼ってるな・・・。再録はブランウェンじゃなくてネヴァンの方が良かったのでは??と思ったり思わなかったり。

ルアードデッキに「髑髏の魔女 ネヴァン」を入れる必要がはっきり出てきました。パワーカードをしっかり使えるようになったので一段と強くなりそうですね。

 

まとめ

「アビサル・オウル」についてでした。

元々「髑髏の魔女 ネヴァン」を入れられるようなデッキですし、「アビサル・オウル」もすんなり入りますね。簡単なドロー手段として使えますし、シンプルに便利そう。

後攻であれば序盤からしっかりドローしていけるので、より隙が無くなってきた感じがします。

しかし言ってる間に来週か・・・。どうなることでしょうか。

いやでも最近はどのデッキもまあ強いから逆に楽しみではあるんですが。ルアードは強いですが、他のデッキもまあ強いんで良い感じに戦えることを期待しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA