VGカード紹介

レギオンメイト編のカードリメイクとしてかなり完成されてきてる幻惑の魔女 フィアナ【ヴァンガード】

おはようございます。しんぺいです。

週ヴァンでクランセレクションプラスのカードが公開されましたね。

「幻惑の魔女 フィアナ」。レギオンメイト編のカードも結構リメイクされてきてます。

ヴァンガードって割と順調にインフレしていってるから後に出たカードの方が強いことが多いんですが、今回のリメイクはレギオンメイト編のカード的にはかなり良い感じなんじゃないかと思います。リメイクの完成度もだんだん上がってるなあ。

それでは効果を見ていきましょう。

 

幻惑の魔女 フィアナの効果

幻惑の魔女 フィアナ

グレード3 パワー13000 ギフトアイコン:フォース

シャドウパラディン エルフ

【起】【V】【ターン1回】:コスト【カウンターブラスト1、リアガードを2枚退却させる】ことで、あなたの、手札か山札から「現の魔女 ファム」を1枚まで探し、前列のRにコールし、山札から探したら、山札をシャッフルする。そのターン中、そのコールされたユニットのいるサークルはVになる。

【永】【V】:あなたのターン中、グレード0の相手のリアガード1枚につき、あなたのヴァンガードすべてのパワー5000。

 

だんだん高度になる双闘

デッキから相方を呼んでくる効果。レギオンメイト編のカードにありがちなやつですね。

1体呼ぶだけの割にコストが重いですが、呼んできたやつをVにできるオマケが付いてます。

 

ヴァンガードに2枚のカードで攻撃するのが双闘でしたが、スタンダード仕様ということでヴァンガードサークルが2枚になってます。今までは相方をRに呼ぶだけだったことを思うと、一番双闘を再現してるっぽい。

 

これありならもっと初めからそうして欲しかった・・・っていうのは野暮ですね。個人的にはレギオンメイト編のカードと言うと「鋼闘機 シンバスター」「鋼闘機 ウルバスター」を使ってるんで余計にそう思ってしまうんですが。

後に出るほど効果が良いのは遅れて登場するカードの特権と言えましょう。

 

「現の魔女 ファム」も公開されていますね。

現の魔女 ファム

グレード2 パワー10000 シールド5000

シャドウパラディン エルフ

【起】【V】【ターン1回】:コスト【ソウルブラスト1】することで、相手は自分のドロップゾーンからグレード0のユニットカードを2枚選び、グレード1以上のいるRにコールする。1枚もコールしなかったら、そのターン中、このユニットのドライブ+1。

魔女的な相手リアガードの弱体化はこっちでやる方針。グレード2なのに謎のV限定効果なので、ファムが公開された時点でフィアナがVサークル増やす効果を持ってるのは分かりやすかった気がします。

 

ソウルブラスト1で2体弱体化。グレード0を呼べないのならドライブが上がります。フィアナと合わせてツインドライブが2回と強力。ファムのライド時や、フィアナ初回ライドくらいならグレード0が無いことも考えられそう。

 

問題なのは1枚しか相手がグレード0を呼べない場合か。弱体化はできるものの1体止まりですし、ドライブ増加も無しとかなり中途半端。

まあグレード0を呼べば呼ぶだけフィアナの効果でパワーが上がっていくんでとりあえず使っていっていい効果でしょう。

 

「幻惑の魔女 フィアナ」から「現の魔女 ファム」を呼ぶことで、とりあえずドライブチェックが3回になります。

2体のVが攻撃してくるのは「孤高の騎士 ガンスロッド」以来かな。本来リアガードのアタックでもドライブチェックができるっていうのが良いですね。ほぼほぼVスタンドみたいな扱い。

 

パワーはフィアナで充分に確保できそうなのに加え、フォースギフトもあるから足りないことはなさそう。魔女ギミックが必要最低限の枠で再現されてるのも上手いですね。

 

残る魔女はなんかオマケっぽい?

冷血の魔女 ルーバ

グレード1 パワー8000 シールド10000

シャドウパラディン エルフ

【自】【R】この能力のコストはグレード0の相手のリアガード1枚につき、カウンターブラスト1減る。登場時、コスト【カウンターブラスト2、ドロップゾーンからグレード2以上のノーマルユニットを1枚山札の下に置く】ことで、1枚引く。

登場時1ドロー付きの魔女。ドロップに落ちたファムを戻しつつ、手札も補充してくれます。コスト的にはほぼカウンターブラスト無しと見て良いでしょう。魔女デッキが動き始めるとグレード0のリアガードが相手にいるでしょうし。

 

いると便利だけど、必ずしも必須ではない感じがちょうどいい。

 

魔女デッキなんだから魔女名称で固めたくあるんだけど、それはそれとして魔女カード指定が無いのが良い。魔女で固めないとデッキにならないではデッキ作りにくいし。あんまり数いないしね。

 

「髑髏の魔女 ネヴァン」みたいな魔女名称持っててなおかつ強いカードはぜひとも入れときたい。

「幻惑の魔女 フィアナ」のコスト稼ぎにちょうどいい。さすが再録されるだけあります。「冷血の魔女 ルーバ」で戻せないのはご愛嬌。

 

なんというか、「幻惑の魔女 フィアナ」と「現の魔女 ファム」だけでしっかりとデッキの方向性を示してくれてて、あとはやんわりと相性が良い感じなのが枠の少ないクランセレクションプラス的にはちょうど良い感じだと思います。

 

まとめ

「幻惑の魔女 フィアナ」についてでした。

魔女的な動きが必要最低限の枠で再現されてて良い感じ。少ないカードでもデッキとしての顔が立つようになってるのはクランセレクションプラスを活かしてるって感じがします。

魔女デッキ、わりと良い感じだと思うんですが、ブラスター、ルアードに続くシャドウパラディンの顔となれるのか。気になるところです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA