VGカード紹介

珍しくデメリット気にならない系アタッカー ストームライド・ゴーストシップについて【ヴァンガード】

おはようございます。しんぺいです。

今回は「ストームライド・ゴーストシップ」について。

「My Glorious Justice」に収録されるグランブルーのRRですね。

単騎で高パワーを出せるデメリットアタッカーということで、グランブルーデッキのアタッカーとして要注目です。

 

ストームライド・ゴーストシップの効果

ストームライド・ゴーストシップ

グレード2 パワー9000 シールド5000

グランブルー スケルトン

【永】:このカードはノーマルコールできない(ガーディアンサークルにもできない)

【自】【R】:アタックした時、そのバトル中、このユニットのパワー+15000。そのバトル終了時、1枚引き、このユニットを退却させる。

 

単騎24000のデメリットアタッカー

単騎24000の良さ

特にコストも条件も無くアタック時パワー24000!

これってマジで革命的だと思うんです。

 

というのもグランブルーって基本的に「ルイン・シェイド」か「不死竜スカルドラゴン」絡ませなければリアガードのパワーめっちゃ弱かったんですよね。

「ルイン・シェイド」は「伊達男ロマリオ」でブーストして最大パワー29000、「不死竜スカルドラゴン」はアタックすると退却。

という感じで、一癖あるものばかり。

 

フォースクランが安定してパワー33000とか出してるのを見ると羨ましいなあって思ってました。

ちょっと話それるけどネオネクタールのフォースⅡやばくないですか?フォースⅠ使って無いくせに平気でパワー30000とか言ってくるんですが。

 

そんなフォースクランと比べるとグランブルーのパワーラインは癖強いですね。

「ルイン・シェイド」は退却しない分まだ出しやすいですが、それでもドロップ10枚にならないとパワー上がらない上に後半はデッキ切れが気になります。

 

ということを考えると、特に何の条件も無く単騎で24000出せる「ストームライド・ゴーストシップ」はかなり優秀。

適当な8000ブーストでもパワー32000、「伊達男ロマリオ」なら最大パワー36000と、出せるパワーラインが一段階上がります。

 

アタックすると退却してしまいますが、1枚引いてるのでアドバンテージ的には問題なし。ここが「不死竜スカルドラゴン」との差でもありますね。

むしろ相手の除去から逃げられると考えましょう。

退却はともかく、バインドから逃げられるのはかなりポイント高いです。

 

ノーマルコールできないけど・・・?

優秀なアタッカーですがデメリットがあって、ノーマルコールできません。

手札から一切出せなくて、ガーディアンにも使えません。

 

そうなると守護者のコストで捨てるくらいしか無くて、その役割も同じくノーマルコールできない「不死竜スカルドラゴン」に譲りたいから、このデメリット結構重いんじゃない?とか思っていました。

 

でも「グリード・シェイド」の登場で話は変わっていますね。

君を待っていたんだ グリード・シェイドについて【ヴァンガード】今回は「グリード・シェイド」について。「My Glorious Justice」に収録されるグランブルーのRRRですね。グレード2帯の採用ユニットに困っていたので、めっちゃありがたいです。グランブルーデッキに無理なく採用できますね。...

 

「グリード・シェイド」は登場時に、手札を捨てることでドロップゾーンのカードを回収できます。

手札を捨てるコストを持つカードがあるのは非常に大きくて、これでノーマルコールできないユニットもガンガン捨てていけますね。

 

ドロップにさえ送ってしまえば、あとはグランブルーお得意の復活があります。

「氷獄の死霊術師コキュートス」もドロップからの復活が得意なので、「ストームライド・ゴーストシップ」をリアガードに呼び出すのは簡単です。

めっちゃ堅実に強い効果 氷獄の死霊術師コキュートスについて【ヴァンガード】今回は「氷獄の死霊術師コキュートス」について。 「My Glorious Justice」に収録されるグランブルーのVRですね。 ドロップからの復活コールに、ドロップ枚数による自己強化とかなりグランブルーらしい効果となっています。 それでは効果を見ていきましょう。...

 

デメリットもあんまり気にならないようになっているので、割と使いやすいアタッカーじゃないかなって感じです。

 

プロテクトⅡとの相性悪すぎ問題

こいつ、アタックすると退却するので、相手ターンに場に残らないんですよね・・・。

なのでインターセプトでシールドが上がるプロテクトⅡとの相性はあんまり良くありません。

 

まあ、とは言えそれは防御面の話で、攻撃面では単純にパワー+5000されるのは嬉しいですね。

単騎29000と、トリガー1枚分のシールドを超えてくるので攻撃面での相性はかなり良いです。

 

同じく高パワーを出せる「ルイン・シェイド」らと違って、下準備がいらないのでお手軽高パワーとして活躍できます。

やっぱりこいつはどこまでいってもアタッカーとしての運用なんですね。

 

まとめ

「ストームライド・ゴーストシップ」についてまとめました。

デメリットこそあるものの、グランブルーデッキでは気にならないものばかり。

ドロップから呼び出す手段は安定してあるので、何度も使い回して高パワーで圧をかけていきましょう。

かなり良い感じのユニットなんじゃないかなって思っています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA