VGカード紹介

【ヴァンガード】ベイルファル・リプレッサーの効果と使い方 深闇デッキの新たなアタッカー

今回紹介するのは「ベイルファル・リプレッサー」です。

竜神烈伝に収録されるダークイレギュラーズ、アタッカー枠となるユニットです。

パワーアップとガード制限で強烈な攻撃を行うことができます。

 

 

効果

ベイルファル・リプレッサー

グレード2 パワー9000 ダークイレギュラーズ デーモン

【自】【R】GB2深闇(このターン中、あなたのソウルにカードが置かれているなら有効):このユニットがアタックした時、あなたのソウルが8枚以上なら、そのバトル中、このユニットのパワー+10000し、相手は自分の手札からグレード0のカードをガーディアンサークルにコールできない。

 

 

パワーアップ&ガード制限

アタック時、ソウルが8枚以上なら、パワー+10000とガード制限が得られます。

「ドッペル・ヴァンピーア」とかなりよく似た効果を持っています。

 

「ドッペル・ヴァンピーア」と比べると、パワーアップ効果の発動条件がちょっと厳しくなった代わりにパワーの上がる量が増えており、ガード制限効果の条件も緩くなっています。

パワーアップの発動条件が厳しくなったと言ってもソウル2枚分であり、そこまで重くはありません。

全体的にはかなり使いやすくなっています。

 

効果を発動すると単体パワー19000で攻撃でき、この攻撃はグレード0で手札からガードできません。

古くは「サイレント・トム」からあるグレード0のガード制限ですが、ガードする相手にかなりの消費を強いることができます。

パワー16000ラインの攻撃と言えば大体10000シールドのトリガー1枚で防がれるものですが、グレード0がコールできない以上、相手はそれ以外のグレードのカードで守るしかありません。

そうなると相手はほぼ5000シールドしか残らなくなります。グレード1以上でシールド値10000以上のものもありますが採用されていることは稀ですから。

結果的に、攻撃を防ぐには2枚以上使わなければならなくなります。本来1枚でガードされるところを2枚使わせることができるのはとても強力です。

 

シールド値15000以上あるGガーディアンを使われると手札消費1枚で守られてしまいますが、貴重なGガーディアンを使わせることができたと考えることができます。

ダークイレギュラーズのフィニッシャーには相手に手札からのグレード1以上のガードを封じる「忌まわしき者 ジル・ド・レイ」がいます。

「忌まわしき者 ジル・ド・レイ」の攻撃を防ぐには大体Gガーディアンが使われることになるので、あらかじめ使わせるように迫ることのできる「ベイルファル・リプレッサー」との相性が良いです。

 

 

効果の使い勝手

効果自体は強力な「ベイルファル・リプレッサー」ですが、その使いやすさについても考えてみたいと思います。

 

まずはGB2という部分。

ダークイレギュラーズには「悲哀の斬撃 ルジェイラス」や「魂を狩る者 バラム」など、起動効果でGB2を達成できるものが多いです。

よくアタック時にGB2が達成できるようになるものがありますが、そうしたものだとヴァンガードの攻撃後にしかGB2効果を使えなくなるためちょっと使いづらいです。

しかし、ダークイレギュラーズでは大体バトルフェイズに入る前にGB2を達成できるため、「ベイルファル・リプレッサー」の攻撃順には影響ありません。

スタンド軸ならヴァンガードより先に攻撃しても良いですし、クリティカル軸ならヴァンガードの攻撃後にしたいでしょう。

攻撃順にあまり関係なく条件を満たせるのは便利なところです。

 

 

次に、ソウル8枚以上という部分。

深闇デッキで初回超越時にソウル8枚以上を達成するというのはどのようなことか考えてみます。

ヴァンガードには「夜明けへと進む者 シャルハロート」を使うとします。超越時に2枚ソウルチャージし、1枚ソウルから回収するのでソウルが1枚増えます。

 

まず「夜明けへと進む者 シャルハロート」のライド時にはソウルは2枚あります。グレード1と2のライド分です。

初回超越。「悲哀の斬撃 ルジェイラス」か「魂を狩る者 バラム」へ超越。

夜明けへと進む者 シャルハロート」の超越スキルでソウルが1枚増えます。これでソウル3枚。

Gユニットの効果では、どちらの効果を使おうともソウルは少なくとも2枚増えます。ソウルが5枚に。

ソウル8枚にはあと3枚必要です。

この3枚という数字はそんなに難しくありません。ファーストヴァンガードが「ヴェアフレーダー・オルドナンツ」なら即座に達成できます。

他のファーストヴァンガードでも1~2枚はためられますし、ソウルをためられるリアガードを引けばさらに楽になります。

要は、初回超越時点でソウル8枚ためるのはそんなに難しくないということです。

 

改めて考えると、「ベイルファル・リプレッサー」の効果の発動条件はそこまで厳しくないことが分かります。

初回超越時点からパワー19000のガード制限攻撃ができるというのはかなりの強みになります。

 

 

魂を狩る者 バラムとの相性

ガード制限は重ねることで威力を増します。

魂を狩る者 バラム」のGB3には、相手にグレード1のカードを手札からガードできなくさせる効果があります。

 

魂を狩る者 バラム」と「ベイルファル・リプレッサー」の効果を合わせると、相手はこの攻撃をグレード0と1でガードできなくなります。

そうなるとまともなガードはほぼ不可能で、相手に高い確率でGガーディアンを使わせられます。

ブーストを付ければGガーディアン以外でのガードはほぼ不可能と言ってもよく、「ヴェアティーゲル・プリュンダーラー」などの高パワーでブーストができるユニットと合わせるとより強力になります。

グレード2のアタッカー枠としては申し分ない働きをしてくれるでしょう。

 

 

まとめ

「ベイルファル・リプレッサー」についてまとめました。

かなり簡単な条件で強力な攻撃ができ、とてもおすすめです。

スタンドトリガーで何度も攻撃させるもよし、クリティカルトリガーでダメージを詰めていくのもよしとかなり使いやすいアタッカーです。

ヴァンガードでソウルチャージできるユニットが増えたこともあり、このような「ソウルがあれば強い」ユニットの評価は上がっています。

このカードの登場で、ダークイレギュラーズの攻撃はまた一つ強くなるでしょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA