VGカード紹介

Dスタンが本格的に始まるよ 「五大世紀の黎明」の収録カードまとめ【ヴァンガード】

おはようございます。しんぺいです。

4月17日(土)、ブースターパック「五大世紀の黎明」の発売日ですね。

Dスタンになってから初めてのパックということで、かなりの期待感をもって迎えられてるかと思います。僕もめっちゃ楽しみにしてた。

 

初のブースターとなるといよいよDスタンダードが本格的に始まったって感じがしますね。

「スタートデッキを強化するぜ」とか「あの新軸組みたいなあ」とか色んな楽しみがあるでしょう。僕はゾルガ軸が組みたいよ。

 

一方でいきなり10のデッキが組めるということで、なかなかのボリューム。あんまり情報追いかけてないしなあって人にはちょっと重たいかもしれません。

というわけで今回は「五大世紀の黎明」の収録カードをざっくり振り返っていこうかと思います。

ポイントだけざざっと紹介していく。気になるところは別記事のリンクも貼っておきますので、じっくり読んでいただければと思います。

 

それでは始めていきましょう。

 

全部で10の軸が組める

ドラゴンエンパイア

ドラゴンエンパイアには、スタートデッキからの強化となるオーバードレス軸と、新規軸である「砂塵の重砲 ユージン」軸の2つが収録されています。

 

オーバードレス軸は、ヴェルリーナが2種増えたことでよりオーバードレスしやすくなっていますね。手札消費をカバーできる「ヴェルリーナ・アルクス」がえらいと思います。

 

「砂塵の重砲 ユージン」軸は除去を中心とした古き良きかげろうっぽいデッキ。赤のクランらしく、相手のカードをしっかり除去して戦っていきます。

 

どっちもあまりややこしい動きはしないので、広くおすすめできるデッキになってますね。僕は「砂塵の重砲 ユージン」の動きが結構好きです。なんというか、かなり堅実っぽい。そういうの良いよね。

 

各デッキについてはこちらもどうぞ。

 

ケテルサンクチュアリ

ケテルサンクチュアリにはスタートデッキからの強化となる「頂の天帝 バスティオン」軸と、新規軸の「六角宝珠の女魔術師」軸が収録されています。

 

バスティオン軸の強化がかなり良い感じですね。除去、ガード値、ドローと一通りできるのでかなり万能感ある。グレード3を大量採用することを強いられるがゆえの強さか。

 

「六角宝珠の女魔術師」はかなりオラクルシンクタンクっぽさがある山札操作デッキ。デッキの上を仕込んでトリガーを引きに行くのが楽しい。

ヴァンガードってトリガー引いてナンボなんで、一番ヴァンガードらしいデッキなのかもしれません。超トリガーを積極的に引きに行けるのがかなり楽しそう。

 

どっちも一癖あるデッキですが、面白そうなギミックが詰め込まれてる。どっちの軸も超トリガーとの相性が良いのが特に好きなポイントです。Dスタンらしく戦えるかも。

 

各デッキについてはこちらをどうぞ。

 

ダークステイツ

ダークステイツにはスタートデッキからの強化である一気呵成軸と、新規軸である「重力の支配者 バロウマグネス」軸が収録されています。

 

一気呵成は優秀なリアガードが増えて爆発力が増しました。パワーが上がるユニットが増えたので、止まらない5回攻撃を繰り出しやすくなっていますね。

 

「重力の支配者 バロウマグネス」軸はダークイレギュラーズを思い出すソウルチャージデッキ。ひたすらソウルを貯めて、バロウマグネスの連続攻撃を決めていきましょう。

 

どっちのデッキも準備に時間がかかる代わりに、非常に高い攻撃力を持っています。攻めの強いデッキが好きな人に。

 

各デッキについてはこちらをどうぞ。

 

ストイケイア

ストイケイアからは、スタートデッキからの強化である「樹角獣王 マグノリア」軸と、新規軸である「怪雨の降霊術師 ゾルガ」軸が収録されています。

 

マグノリア軸は展開力が増して攻めやすくなっていますね。しっかりリアガードを出して6回攻撃を決めていきたい。あと超トリガーを引いた「樹角獣 ギュノスラ」が夢を見せてくれる。

 

「怪雨の降霊術師 ゾルガ」軸はオーダーの効果を合体させる「魔合成」で戦うデッキ。ユニットの展開とパワーアップが得意です。

ちなみに今回のパックで僕がお目当てとする軸でもあります。イラストがめっちゃ好き。禍々しくてカッコいい。

 

各デッキについてはこちらをどうぞ。

 

ブラントゲート

ブラントゲートには、スタートデッキからの強化である「極光戦姫 セラス・ホワイト」軸と、新規軸である「枢機の神 オルフィスト」軸が収録されています。

 

極光戦姫は監獄に収容できるユニットがさらに増えて戦いやすくなりました。相手のリアガードを根こそぎ収容していきましょう。

 

「枢機の神 オルフィスト」は新ギミック「世界」で戦っていきます。世界を夜に変え、影の戦士を呼んで戦うっていうスタイルがめちゃくちゃオシャレ。高パワートークンをガンガン呼べるのが良いですね。

 

各デッキについてはこちらをどうぞ。

 

完全ガード・改

各国家に完全ガードが収録されます。レアリティRでの収録がとても嬉しい。集めやすくてなによりです。

 

効果は「自分の手札が1枚なら手札を捨てなくていい」というもの。通常は手札を1枚捨てて完全ガード効果を使うわけですが、手札1枚なら捨てなくてよくなる。シンプルに強いので、とりあえず入れ替えておいていいでしょう。

 

新完全ガードについての感想はこちら。

 

本格始動する超トリガー

スタートデッキでは全国家共通の超トリガーが収録されていましたが、ブースターからは国家専用の超トリガーが出ました。

 

ドライブチェックで引いた超トリガーは追加効果を使える。各国家で個性的な追加効果が出ていますね。

個人的にはストイケイアの超トリガーがめっちゃ好き。とりあえずトリガー効果を詰め込みました感。

 

1箱に1枚は超トリガーが入ってるの親切さありますね。まあデッキに1枚のカードですし、1箱に1枚の割合で入ってるなら、そんなに高騰しまくることもないはず。無いよね??

 

超トリガーの感想は以下をどうぞ。

 

まとめ

「五大世紀の黎明」についてのまとめでした。

皆はどのデッキ組みますか?? 僕は「怪雨の降霊術師 ゾルガ」軸を組みます。イラストがめちゃくちゃ好き。

わりとパワーバランス取れてそうな雰囲気があってどのデッキ使っても面白そうなので、お気に入りのデッキを探してみてはいかがでしょうか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA